FC2ブログ

手コキ足コキのカテゴリ記事一覧

CFNMと露出とCMNF

CFNMとは、「Clothed Female, Naked Male」の頭文字をあつめたもので、和訳すると「着衣の女性と裸の男性」となりフルチン(フリチン)露出狂が好きなシチュエーションです。CMNFとは、「Clothed Male, Naked Female」の頭文字をあつめたもので、和訳すると「着衣の男性と裸の女性」となり露出症女性が好きなシチュエーションです。

カテゴリ:手コキ足コキ

  • 2015/12/27手コキ足コキ

    「女子校生美脚ルーズソックス責め」を紹介します。2008年の作品なので、7年も前の作品なのですね。ルーズソックス全盛期の頃が、もうそんなにも前なんですな。7年前とはいえ、出演している女の子に、古臭さは感じないので安心して下さい。この子は特にカワイイ。ホントの女子校生みたいです。足裏フェチの期待にもこたえています。踏みつけつつ、匂い嗅ぎのプレー。色々なフェチ要素満載です。個人的にはあまり好きではありませ...

    記事を読む

  • 2015/12/23手コキ足コキ

    足コキの映像(AV)を探し求めていた遥かむかし・・・・インディーズビデオが躍進しはじめていた頃、それと出会いました。メーカー「シャトルジャパン」知る人ぞ知るメーカーではないでしょうか?そう、作品数こそ多いものの、レンタルビデオやビデオ鑑賞店にほとんどおかれること無く、もっぱらセル(販売)のみに力を入れていたメーカーです。いちはやく、「脚こき」に特化した作品をリリースし、シリーズを何度も更改しながら、...

    記事を読む

  • 2015/12/18手コキ足コキ

    皆さん、足コキは好きですか?もちろん、私は手コキ・足コキが大好きです。どうしてこんなにも、足コキが好きなのだろう?よ~く考えてみると、実に不思議であります。そもそも、性器を足であつかうということがふつうではないですよね。男女を逆転してかんがえてみれば、その異様さが分かります。「足でクリをコスって・・・・」「足の親指をいれて!」と女の子にいわれたら、???となりますわな。「何がいいの?」「っていうか...

    記事を読む

「女子校生美脚ルーズソックス責め」ルーズソックス足コキ作品の傑作

「女子校生美脚ルーズソックス責め」を紹介します。

15122713.jpg

2008年の作品なので、7年も前の作品なのですね。
ルーズソックス全盛期の頃が、もうそんなにも前なんですな。

7年前とはいえ、出演している女の子に、古臭さは感じないので安心して下さい。

15122701.jpg

この子は特にカワイイ。ホントの女子校生みたいです。

15122702.jpg

足裏フェチの期待にもこたえています。

15122703.jpg

踏みつけつつ、匂い嗅ぎのプレー。色々なフェチ要素満載です。

15122704.jpg

個人的にはあまり好きではありませんが、ソックス足を口に突っ込むプレーもあり。
マニアには絶賛されています。

15122705.jpg

色々な体勢でチンポを足責めします。飽きさせません。

15122706.jpg

もちろん、王道の両足コキ、片足コキもあります。
私はこの子の片足コキにハマりました。

15122707.jpg

別の子では、前の子以上にしっかりとソックスが汚れています。
この点も、マニア絶賛です。私も絶賛です。

15122708.jpg

座ったままの足責め。

15122709.jpg

いかにルーズソックスフェチ作品か、をあらわした一シーン。
ルーズソックスに、男が自分でシゴイて発射しています。素晴らしいです。

15122710.jpg

色々な制服を楽しめるのもいいですね。

15122711.jpg

最後の方は、女の子もある程度脱いでしまいます。
これは、そういうのが好きな人向けに、しかたありません。
それまでCFNMとしても楽しめましたが、ここで崩れてしまいます。
でも、ジャンルがCFNMではないので、当然、文句を言えません。

15122712.jpg

この徹底した、ルーズソックスとの絡みは、あらゆるマニアにこたえた作品ではないでしょうか?
ルーズソックスのブームが去った今、もうこのような作品は期待できないでしょう。

ルーズソックスには、その子のぬくもり、匂いがホカホカに充満しているイメージがわきます。

今は、女子校生のソックスには女子力をあまり感じませんね。
頑張って制服のスカートを超ミニにしていても、どうせ黒パンだし。
なんかまた、そそるブームをつくってほしいですね、女子校生に。

ルーズソックス好きなら、絶対オススメの作品。
でも、好きなひとは、もう見てるだろうな。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

カテゴリ
タグ

足コキ作品の思い出~シャトルジャパンの脚こきシリーズ

足コキの映像(AV)を探し求めていた遥かむかし・・・・
インディーズビデオが躍進しはじめていた頃、それと出会いました。

メーカー「シャトルジャパン」
知る人ぞ知るメーカーではないでしょうか?
そう、作品数こそ多いものの、レンタルビデオやビデオ鑑賞店にほとんどおかれること無く、もっぱらセル(販売)のみに力を入れていたメーカーです。

いちはやく、「脚こき」に特化した作品をリリースし、シリーズを何度も更改しながら、かず多くの作品を世に出しました。
また、じつは「脚こき」よりも、「ぶっかけ」のほうが有名だったりします。
「ブルセラ」の流行にのったり、「コスプレ」(アニメ系など)の流行にのったりで、その当時の流行の先端をいくメーカーのひとつでした。

なかでも、「脚こき」は珍しい着眼点でした。他に類を見ないジャンル・フェチで、私がその作品に最初にまのあたりにしたときは強い衝撃を受けました。

初めてセルビデオ店で見たそのジャケットは、こんな感じです。

15122301.jpg

「スーパーレッグスピレッツ2」という作品。
左半分が表、右半分が裏。たったこれだけのジャケット写真。
右の写真の、大事な部分にシールが貼ってあるあたりが懐かしい。
当時はこんな、「剥がすのは買ってからのお楽しみ!」的なせこい手法がけっこうありましたな。

VHSで5,800円位だったとおもう。
今では考えらえないほど、強気なジャケット写真。
でも、当時はこれでも買ったんだよな・・・・「脚こき」見たくて。

はっきりとは覚えてないけど、たしか、その販売コーナーに、メーカー作成の紹介文が、写真付きで貼られていたような。
それを見て、騙され覚悟で、思い切って買ったんだよなあ。

15122303.jpg

内容は、どれも似たような感じで、一発目は脚にぶっかけ。

15122304.jpg

二発目がパンスト足コキ。

三発目がSEX。

ちゃんとあった、脚こきが。
しかも、インディーズビデオだから、モザも良心的。
一気にはまってしまいました。

で、次がこれ。

15122302.jpg

「スーパーレッグスピレッツ3」ですな。
このシリーズの良いところは、かならずパンスト足コキでヌキがあること。

これもよかったのですが、一作品が5,800円というのが重くのしかかります。
だいたい45分くらいで、ヌキは3発位ありましたが、その内の一発がパンスト足コキでした。

シリーズはつづくし、そりゃあもう、次々買って見たかったですよ、ホント。
でも全部買ってたら破産しちゃうよ、5,800円だもん。
しかもシリーズ化がはんぱない。

この「スーパーレッグスピレッツ」というシリーズでも1~20まであった。
さらにそのあと・・・・
「スーパーレッグパラノイア」が1~20。
「スーパーレッグミストレス」が1~20。
「スーパーレッグデザイアー」が1~20。
「NATURAL LEG」が1~20。
「LEG GROOVE」が1~20。
「Leg Job」が1~10。
「美脚ヌード」が1~5。
・・・・「足フェチ」「脚こき」作品のシリーズものとしてこんなにも続いているものが、ほかにあるだろうか?

ここまでつづいたのは、やっぱり私みたいな憐れなファンが、相当数いたのでしょう。

当時、何作品か買いましたが、どうしても金がかかりすぎる。
かずあるレンタルビデオ店で、ひっそりと扱っている店がないかと、行動範囲を広めて探し回ったもんです。

そして、やっとみつけました、取り扱っているレンタルビデオ店を。
家から、まあまあ離れた店でしたが、数本置いてあって、続々入荷する可能性を秘めていました。

即刻入会して、まとめ借り。
安さが違いますから。

でも、入荷はつづきませんでした。
モデルを変えるだけで、内容はほぼいっしょでしたから、飽きられたのかもしれません。
実際、私も、もう少し変化をつけてほしいとおもいました。

パンスト足コキのヌキを、2種類のパンストにしたシリーズもありました。
2発に増えたのは良かったのですが、全裸にパンストだったりするのが少々不満でした。

15122305.jpg

15122306.jpg

新しいパンストを穿くシーンがあったりもします。

私は、パンストの感触が凄くいい!というわけではなかったのです。
むしろ、パンストによっては、チンポへの摩擦がきつくて痛いくらいの場合もあります。

なにが萌えるかというと、「キチンとした服装」をイメージさせるのがパンスト。
やっぱり着衣の女性を連想させてほしいところです。ここでもCFNMがベストです。

また、パンストのぬくもり感も大事です。
その人のぬくもり、匂い、臭さがしみついたパンストをイメージしたいのに、わざわざ新品のパンストを袋から出して穿くってのは残念なシーンでした。

いまも、シャトルジャパンの動画を独占でPPVで販売しているサイトがあるようです。
でも、なんせVHS全盛期プラスDVDに変わりかけの頃の作品ですからね。画質に難ありでしょう。
内容も、いまとなっては陳腐化してしまった感があります。

じつは、「ザーメン道!!」という海外発の動画サイトで、シャトルジャパンの作品の一部が見れます。
「あのお堅いメーカーが、とうとう無修正で公開してきたか・・・・」と、古臭さを感じながらも、感慨深いものもあり入会しちゃいました。
無修正が見れたショックもありましたが、もうひとつショックなことがありました。
それは、「脚こき」作品で、先をちょん切ったコンドームを装着していたということ。
つまり、やっぱりパンストとの摩擦は耐え難かったということですね。
発射が分からないといけないので、先っちょは切ってあるんですね。

一見、なめらかでやわらかそうなパンストの脚・・・・現実の苦労を、無修正で知ってしまいました。

今回、ちょっと「知る人ぞ知る」という話題になっちゃってすみません。
でも、知っているひとは、「そう!そう!」という強い共感を得られたとおもうんですけどね。
カテゴリ
タグ

足コキは好きですか?

皆さん、足コキは好きですか?
もちろん、私は手コキ・足コキが大好きです。
どうしてこんなにも、足コキが好きなのだろう?
よ~く考えてみると、実に不思議であります。

15121807.jpg

そもそも、性器を足であつかうということがふつうではないですよね。
男女を逆転してかんがえてみれば、その異様さが分かります。

「足でクリをコスって・・・・」「足の親指をいれて!」
と女の子にいわれたら、???となりますわな。
「何がいいの?」「っていうか、難しいんですけど」みたいな。

「汚そうなのがいいの・・・・」「匂いそうなのがいいの・・・・」
と言われてもピンとこない。
まず思うのは、「変態?」「これは・・・・フェチなのか?」
いまひとつ理解できないまま、そうしてやると手でやってやるより、舌でやってやるより悶えたら複雑な心境だよな。

「足コキして!」と頼むと、まあだいたい、不思議そうな顔します。
「これでいいの?」となる。
「痛くないの?」「気持ちいいの?」
やがて足コキする苦しい体勢に、つらそうな表情にかわっていきます。

なぜ、足コキにはまるのか?
私なりに考えてみました。

性に目覚める十代の頃、女の子にチンポをさわられたいとおもいます。

15121801.jpg

チンポをさわらせる、さわられる、というのはなんとなく現実的にありえそうです。
おふざけにしても、いじめにしても、「手で」というのはありそうです。

でも「足で」というのは、どんなにいきすぎた、おふざけ・いじめであっても、まずありえないでしょう。
チン蹴りというのはあるかもしれないですけどね・・・・。
「足コキ」は絶対といっていいほど、そんなことはされないでしょう。

15121802.jpg

まあ、彼女をつくって、「こうやってコスって!」ってお願いすれば実現しますが、敷居が高いでしょう。
大人になっても、なかなか言えないよ。

普通の学園生活で、「こいつ、足でコスられて大きくしてるよ、笑える~」ってな展開は、妄想・夢の中の世界です。
それを映像化して見られるのが、AVなんですよね。

15121803.jpg

女子校生というジャンルが人気になる理由は、十代の象徴である制服が萌えるというのがあります。
となると、足コキで何を穿いていると萌えるか?は、スクールソックスとなります。
ただ、スクールソックスもブームがあり、時代時代でスタイルが変わっていきました。
現在は、紺のハイソックス、または、黒や白のソックスを普通に穿くスタイルが多いですかね。
かつての、三つ折りソックスやルーズソックスのように、これぞ女子、というインパクトの強いスタイルは消えてる傾向にある気がします。

スクールソックスで足コキ。
十代当時、まずありえなかった妄想です。
だからこそ、AVで次々と作られたのでしょう。

15121804.jpg

で、なぜ足コキがいいのか?
足であつかわれるというのは、ふつうに考えれば屈辱的です。
まあ、簡単に言えば、Mプレーのひとつと言えるのではないでしょうか?
足でコスられてるだけで射精してしまえば、その趣向から「変態」とみられるし、「こんなのでイっちゃうの?」という馬鹿にされるのがいいのかもしれません。

そういう思考もありますが、私はこう考えます。
チンポに、足のぬくもりを感じます。また、女の子も、チンポのぬくもりを感じます。
大きく、硬くなっていくチンポの感触は、足でも分かります。
足でコスっているだけで興奮し、勃起し、熱さがハンパじゃないのが伝わります。
そこにいやらしさを感じます。
・・・・なので、「靴で」いわゆる「シュージョブ」は、私には合いません。
想像ですが、痛いだけでしぼみそうです・・・・。好きなひと、けっこういるみたいですけどね。

15121805.jpg

さて、何を穿いているか?が非常に重要であります。
素足という選択肢も当然あります。

私は、上記の通り、十代の象徴で憧れたスクールソックスが萌えます。
また、大人になったからといって足コキが普通の性行為に含まれるか?というとそんなことはありません。
大人になっても、常識的には足コキは現実的ではなく、妄想の世界のままです。
だとすると、かしこまった印象のストッキングにも萌えます。

ソックスにしても、ストッキングにしても、穿いていることによって着衣のイメージにつながります。
より、日常的イメージをもてるとも言えます。

セーラー服を着ているのに裸足で足コキをしても、日常のイメージがちょっと崩れてしまう気がするのです。
その人のぬくもりと匂いのついたソックス、ストッキングだからこそ魅力的なのではないでしょうか?

15121806.jpg

なにを穿いているか?のほかに、もうひとつ重要なのが足コキのしかた。
「片足コキ」なのか「両足挟みコキ」なのか。
足コキシーンでは、基本的にはどちらも混ぜてきますが、問題なのはどちらのスタイルでフィニッシュなのか?

私が見てきたAVでは、どちらかというと「両足挟みコキ」が多いようです。
やっぱりオマンコみたいに、包まれたいのかもしれませんね。

でも私は、「片足コキ」派です。
チンポの裏側を直接コスられるからです。イカされてる感があるからです。
踏んづけている感じもいい味となります。
両足コキは、体勢がつらそうですからね。
女の子の、ただ疲れて嫌そうな顔を見ると、気分が冷めかねません。

この記事でも、両スタイルの画像を貼ってきました。
皆さんはどちらでイキたいですか?

ちなみに、自己作品次回作では、「片足コキ」で発射です。
裏スジコキに期待して下さい!
カテゴリ
タグ
Copyright © CFNMと露出とCMNF All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます