FC2ブログ

「Public Disgrace」CMNFの最強サイトか?

「PublicDisgrace」CMNFの最強サイトではないか?と思う海外有料サイトを紹介する。

15103101.jpg

サイト名に「public」とあるように、公共の場。で、「Disgrace」恥辱する。
オレがこのサイトにたどりついたのは、野外露出サイトをさがしていてだ。
良さそうなのが見つかったとおもったら、SM色が濃いんだわ、このサイト。

15103102.jpg

「public」ってのは、公共の場。よく考えたら「野外」ってのとちょっとちがう。
だから「食堂」とか「コインランドリー」とか「飲み屋」とか「地下のショー劇場」なども「public」なのだ。
というわけで、サイト名に嘘はないが、じつは室内が多かったりする。
でも、ギャラリーは十分いるけどな。

15103106.jpg

その数少ない野外露出の回は、けっこう過激だ。
「NIP Activity」も過激だったが、質が違う。
簡単に言えば、「NIP Activity」はソフトコア、イメージ撮影みたい。
「PublicDisgrace」はハードコア、バリバリにフェラチオとかSEXとかの男女のカラミがある。

だがなにより、このサイトの一番のテーマは「M女」。SMなのだ。
紳士でありジェントルマンであるオレが苦手な、SMなのだ。
オレ的に、ちょっとちがうんだよなーとおもってしまうのが、その部分なのだ。

15103103.jpg

口にボールを噛ませ、ロープで縛ってさらす!
確かにすごい。

15103104.jpg

ギャラリーの数もかなりのものだ。

15103105.jpg

道行くひとは、携帯で写真を撮ってたりする。
そりゃあ、そうだよな。異常だろ、これ。
女の裸を撮りたいってのより、なんかヤバそうだから写真撮っとけみたいな感じだろ。

よく捕まらないなあ、と思うよ。ホント。
SM行為が過激なのは、双方の理解の上での行為だから、事件にならないのだろう。

日本のSMでも聞いたことがあるけど、お互いの信頼の上に成り立つ高度に性的な行為らしい。
プレーが終わると、お互い笑顔で余韻を楽しむという。

M男社長が、女王様にさんざんいじめられてバカにされて痛めつけられたとしても、プレーが終わると、社長がタバコを手に取るやいなや、元女王様は正座してそれに火をつけるらしい。
いじめらっれ子から高貴なヒューマンに戻る、スイッチが存在するのだ。
SMクラブなら、「また来るから頼むよ、君!」「はい、またよろしくお願いします(お辞儀)」なんつって見送る。

靴を舐めさせられたり、鞭を打たれたり、陰毛に火をつけられたり。
チンポとかアナルとかを嬲られたり、ビンタされたり、人格を崩壊されたり、金を取られるのに射精がなかったりしても事件にはならない。
プレーと犯罪性は別ってこったな。

15103107.jpg

じっさい、このサイトも、どの回にもモデルのインタビューがあり、理解の上でのプレーであることを示している。
だから、モデルから訴えられることはないのだろう。
に、してもだ、公然猥褻罪ってのがないのかね、この国には。

15103109.jpg

オレとしては野外露出作品として楽しみたい。
だが、あまりにもSM色が強い。
ふつうの格好で歩かせてほしいが、だいたい何かしらのSMテイストの格好をさせられている。

15103108.jpg

バスの中でSEXをしたり、食堂でSEXしたりなど、プレー内容は過激だ。
最近は野外露出としては、ちょっとパワーダウンしてるのかなという印象だがな。

15103110.jpg

オレは、入退会を何度か繰り返して今も更新をチェックしている。
すごいのは確かだが、オレの好みと若干ズレが生じているのが否めない。
でも、好きな人にはたまらないだろう。

現在も週一回のペースで更新が続いていて、会費は月額$29.95。
初めての入会なら、過去作品を含めて320以上もの作品をダウンロードできる。

画質も高画質で、全体的に丁寧に作られたサイトだ。
野外露出、CMNFが好きなら、絶対おススメサイトのひとつだ。

姉妹サイトに男の露出ものがある。
よしゃ!とおもったが、よく見たらゲイサイト。
ギャラリーが男だけだったら面白くねえ。なんでゲイサイトなんだよ、クソ!

「Public Disgrace」も男の野外露出(SEXシーンは除く)は無く、女だけ。
まったく、野外露出といえば女ばかりで、芸がないねえなんておもっていたらあったよ、ゲイが。



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

「家に来た女子にセンズリ露出「CFNM」してみた。生保レディー編」自己作品第二弾

「家に来た女子にセンズリ露出「CFNM」してみた。生保レディー編」自己作品第二弾の紹介。

15102501.jpg
偶然を装って露出してやろうと思い、契約締結直前の生保レディーを家に呼ぶ事にした。玄関から、入浴前を装って腰タオル一枚でお出迎え。チン○をチラ見せし、契約もちらつかせて、まずは家の部屋の掃除のサービスを要求してみた。すると快諾してくれたので、タオル一枚のまま何度もチン見せしながら掃除の説明をする。そうして掃除をしてもらっている間にシャワーを浴び終えると、今度はタオルもつけず全裸で掃除チェック。契約最終段階で、調子に乗って彼女の前でセンズリして勃起チン○を見せつけて、足コキまで要求!彼女の足の匂いを嗅ぎながらの変態センズリ、目の前での大胆センズリで、射精まで見せつける!

今度のターゲットは生保レディー。キチンとした格好で美人がやってきた。

オレが子供のころ、家にいろんなセールスが来たもんだ。
だいたいチラシをわたされて、かんたんな説明をして、お父さんお母さんによろしく、なんつって。
玄関をあけるたびにウンザリした。
けど、すでにエロモードが開花していたオレは、ある時おもった。
風呂に入っていたふりして、タオル一枚で対応したらどういう反応をするだろう?
単純だった子供時代のオレでも、いきなり全裸はキケンだとおもった。けど一応タオルをまいていたらどうか?
こっちの都合も考えないで、勝手にやってくるむこうが悪い。
うまくいったらタオルが取れちゃったふりして、チンポを見せてやろうか?なんて妄想したもんだ。
じつは家には、風呂がなかったけどな

当時、ためしてみる価値はあったよな。
子供だったから、冗談ですんだかもしれない。
ついでにセールスも撃退できたかもしれない。
いや、セールスよ、もっと来い!と願ったかもしれない。
・・・・もっともその後、犯罪者の道を歩んだかもしれないがな。

さて、そんな妄想を実践したのがコレだ。
玄関からこの格好。

15102502.jpg

生保の契約にきたから、かんたんには引きかえせない。
ちょっとおどろくけど、はなしをまとめたい!ってとこにつけこむわけだ。
子供レベルの悪知恵から、大人レベルの悪知恵に進化してるわけだ。

15102503.jpg

大人レベルの悪知恵はさすがだ。
タオルをまいていながら、じつは見えてる。
アウトかセーフかといえばアウトだが、色で表現すればグレー。
見せ方も犯罪性もギリギリのラインだ。

15102504.jpg

で、当然、部屋に入っての話し合いになる。
で、当然?服はおろか、パンツすら穿かない。穿くはずがない!
こうして、チンポを見せるタイミングをつくっていくのだ、フフフ。

ここで、あっさり契約したらゲームオーバーだ。バッドエンディングだ。
選択肢をまちがっちゃあいけない。
契約前は、たとえ心の中で決まっていても、ごねるのが大人のやり方だ。
で、まずは時間かせぎに、引き受けやすい部屋の掃除をたのむ。
まあ、引き受けるわな、この程度なら。

15102505.jpg

住人の入浴中に部屋掃除をしてもらうってことで、仕事ぶりをチェックするために友人がカメラを持って登場。
掃除をしてるところを録画する。
レディーにしてみれば、「え?そこまで?」みたいな感じだろうが、「分かりました」といわざるをえない。
しかしこの友人・・・・

15102507.jpg

このあと、いい働きっぷりをみせる!
こんなショットも撮ったりする。

15102506.jpg

住人が、わざと椅子に乗っかって掃除の説明をしてるシーン。
いい角度だ。
っていうか、掃除が始まる前から撮ってたりする。

掃除の説明をしながら、自然に見えちゃってるチンポ。

15102532.jpg

住人は、説明を終えると、浴室へ消える。
その間に、掃除。
それを撮る友人。
友人の録画にはなぜかこんなシーンが。

15102508.jpg

締まった足首がそそる。
さらに・・・・

15102509.jpg

顔アップ。どこ撮ってんだ、友人。
でもこれでいいのだ。

15102510.jpg

住人の説明とおり、椅子に乗っかって掃除をするレディー。
そこでも友人は、ハズさない。

15102511.jpg

きれいな足と極薄のパンストをさらに接写。

15102512.jpg

遠慮なく下から。
・・・・プロだろ、友人。

椅子を使っての掃除がおわったら、こんどは床の間のふき掃除。

15102516.jpg

近づきすぎだろ、友人。
でもレディーは不審におもわず、掃除に一生懸命だ。

ときは初夏の陽気で、外から室内に入ってすぐ掃除。
うっすら汗をかいている。このあと、たまらずブラウスのボタンをひとつ外す。
ここまで近いと、いい香りがする。
リンスだろうか、香水だろうか?デパートの化粧品売り場の香りがする。

15102513.jpg

かわいらしい、女の子すわり。
パンプス履いて外回りのセールスレディーのパンスト足裏。
どんなにきれいに見えたって、ニオうだろ、ふつう。

15102514.jpg

ここで足の匂いを嗅いだからといって犯罪にはならないだろう。
けど、なかなかそれができない。

掃除が終わってまもなく、住人がシャワーを終えてもどってくる。

15102517.jpg

フルチンワールド、スタート。

15102518.jpg

目のやり場にこまって、終始伏し目がちのレディー。
美人の前でのフルチンは、たまらない。

15102519.jpg

掃除がちゃんとやれているかをチェックするってことで、いっしょに寄り添ってチェック。
あとでビデオを見ろよ、という突っ込みなんぞ、今のレディーには思いつかない。
だって、必要以上に寄り添ってきて、チンポを押し付けてくるんだもん。

15102520.jpg

電車でこれやったら、やっぱり即ゲームオーバーだ。
っていうか、この状況もかなりヤバいよな。超ダークグレーゾーンだ。
レディーに訴えられなければセーフという、紙一重の行為だ。

15102521.jpg

フルチンワールド全開の住人。
もはや、この家の住人であるだけでなく、フルチンワールドの住人と化している。
いつのまにか、この世界(フルチンワールド)に踏み込んでしまったレディーは、戸惑いをかくせない。

調子にのりすぎってのは、いつの世も失敗をまねく。
犬の調教だって、訓練ばかりじゃなくて間にエサをあたえないと爆発する。

というわけで、もう一度契約をほのめかす。

15102522.jpg

ひくにひけない状況で、ダメ押しの勃起チンポ見せつけ。
それを見れば、大人の女ならどうすればいいか想像できる。
最悪の想像もよぎるが、まずは「足で」と言われる。
しかも、その前に足の匂いをチェックしたいという。

15102523.jpg

最悪の想像を考えれば、この程度、レディーにとっては屁でもない。
しかも、匂いを嗅ぎながらセンズリしてるよ、このひと。

15102524.jpg

やっぱりそこか、嗅ぐのは。
クサいとダメなのか、クサくないとダメなのか、わからないまま合格になって足コキへ。
どんな匂いなのか、教えてくれよ。
プロの友人でも、そこまでは映像では伝えられない。

15102525.jpg

ただ、プロである友人は、不信感をいだかせいまま映像を撮り続けている。
友人のカメラがこれ↓。本来の目的である掃除のシーンって、ほとんどないだろ。

15102526.jpg

足コキを撮っていた友人。ずっとガマンしてたけど、とうとう参戦。
オレだって勃起チンポ見せたい!ってなって、こうなる。

15102527.jpg

カメラを置いて、二人並んでセンズリ。
友人も好きものだ。足コキとかされてないのに、ちょっと自分でシゴいたらピンコ立ち。

15102528.jpg

レディーもだんだん、フルチンワールドの世界が分かってきた。
おもったよりキケンではないのかもしれない。
ここの住人は、そんなに悪い人たちではないのかもしれない。
むしろ、かわいらしいではないか。たいしたことしてないのに、こんなに勃起しちゃって。
住めば都・・・・かな、なんて。
楽しいかもしれない。

15102529.jpg

どうやらここの住人は、危害をくわえてこないようだ。
いっそ、どうなるか見届けましょう。

15102530.jpg

友人はカメラマンとして復活↑。
両手の手コキを撮る。

レディーは手コキをしてあげる。
が、住人は、センズリで果てるのを見せつけたいようだ。
レディーの目の前で、自分でシゴいて射精を見せつける。

ドピュッ、ボタボタッ、っと大量の精液。
その量で、満足感がうかがえる。


レディーの不安は、はるか遠くに消えていた。
終わってみれば、不安どころか案外楽しめた。
契約も取れたし、男も満足している。
お互い、緊張事が無事おわったような、なにかすがすがしい気分に満たされた。
こういうのを、英語でウインウインというんだ。覚えとけ。

見送りもまだ、フルチンワールドのままだ。

15102531.jpg

境界線まで、興奮冷めやらぬチンポ、しぼみきってないチンポでお見送りだ。
レディーの顔にも笑みがこぼれる。
玄関を出たレディーは、現実に戻ってまぶしい太陽を見上げるだろう。
ファンタジー映画を見た後と同じ余韻が、残っているにちがいない。


さて、この作品。

店頭でDVDを買うなら
「ラムタラ」
公式サイトはこちら
大きい店なので、見つけられない場合は店員に品番「AVC-02」と書いたメモを渡して探してもらおう。

ネット通販でDVDを買うなら
「EIC-AV」
こちら からどうぞ。

ネット動画配信なら
「JADE」

トップ画面の検索機能で、「センズリ露出」で探すとすぐ見つかる。

「DUGA」

サンプル動画再生中でも、画面をクリックするとDUGAに行きます。


「ソクミル」
こちらから
トップ画面の検索機能で、「センズリ露出」で探すとすぐ見つかる。


「Gcolle」
【前編】
家に来た生保レディにセンズリ露出(CFNM)前編

【後編】
家に来た生保レディにセンズリ露出(CFNM)後編

「NIP Activity」芸術的CMNFサイト

「NIP Activity」を紹介する。
野外露出ものなんだけど、芸術的なみかたをすればCMNFなんじゃねえか?

15102401.jpg

オレが海外の野外露出ものを発見したときは、この前身のサイトだった。
いや、くわしくは分からんが、作品スタイルが同じ感じなんで、そうだったんだろうとおもう。

当時は、違うサイト名だったが、内容はほぼいっしょ。
これを見たときは、ダブルショックだった。

内容のあまりの凄さ、大胆さ、撮影のうまさに、ショックを受けた。
そして、日本の野外露出ものに費やした金、労力、そしてまだやまなかった無駄な期待、すべてが砕け散ったようなショックだった。
いままでなんだったんだ、クソ。
夢にまでみた映像が、ここにあったじゃねえか!

15102402.jpg

コートをさっと脱いで、さっと撮影して、さっと逃げる・・・・くだらねえ。
ちまちまと、そんなオカズにもならねえ映像ばかりを売りやがって。
ここではそんなものは無縁だ。確実に、なにかを着てる時間より全裸の時間のほうが長い。
とにかく全裸で歩き回る。ひとがちょっぴりいようと、大勢いようと関係ねえ。
いや、わざと大勢の中を歩いてるんじゃねえか?

15102403.jpg

ときには、ベンチにすわってくつろいだり。
寄ってきた歩行者と抱きあったり、写真を撮らせてあげたりとサービス満点。
よく捕まらないもんだ。

15102404.jpg

ほとんどパイパン。
肌のいろ、髪のいろ、体形はいろいろ。体形はスレンダーが多いかな。
それはオレとしては歓迎なんだが、ちょっとだけ残念なのが、タトゥーがあるモデルが多いこと。
「タトゥーはファッション」なんていうが、ほんとうかもしれない。
タトゥーで全裸の良さが損なわれる可能性って、あるとおもうわ。

15102405.jpg

ときにはふたりだったりする。

サイト上ではオープンが2007年からとなっている。
現在もバリバリに更新中。分割ファイル数は420以上、モデルは100人以上だ。
ここの写真では画質がイマイチだが、実際の映像は画像も動画も文句無しの高画質。
カメラを複数使ったり、手ぶれを最小限におさえた撮影で、見ていてもノンストレス。
このクオリティの高い内容で、会費はひと月$29.95だ。
水着みたいな下着で、町中をフラフラ歩きまわるだけの日本の野外露出。
そこに費やしたオレのケタ違いの金は、消費者センターにお願いしても、もどるまい。

15102406.jpg

完全無欠にみえる、このサイト。これでも不満はつきなかったりする。
と言っても個人的な意見だけどな。

まず、モデルは歩いたり、座ったりするだけで、エロ行為は一切おこなわない。
エッチポーズすらとらない。大股をひらくなど、とんでもない。四つん這いさえ、ほとんどない。
そうすると、ヌキどころが??になる。エロというより芸術か?

二つ目に、サイト開始から約8年、モデルも100を超える。
しかし、男のモデルはひとりとして出てこない。
恋人として、ペアで歩いてもいいとおもうがな。
モデルが変わるだけで、毎回内容はほとんど変わらない。
意外と飽きるのが早いかもしれない。

それでも、一見の価値はあるサイトだとおもう。
他ではここまでのものはない。
DRM(コピーガード)もないので、とりあえず会員になって、ダウンロードしまくって(リミット無し)、ひと月で退会するのが手だな。
大好きだったら継続すればいい。

全裸以外の見せ方を増やせば、面白いとおもうがな。こだわりが強いんだろうな。

「Lady Voyeurs」海外版センズリ鑑賞

「Lady Voyeurs」海外CFNM有料サイトを紹介しよう。
簡単に言うと、海外版センズリ鑑賞モノだ。

15102001.jpg

オレは、10年以上前から海外のCFNMサイトを見てきている。
生まれては消えるCFNMサイトの中で、「Lady Voyeurs」だけは特殊だ。

というのは、日本の「センズリ鑑賞モノ」をマネたものじゃないの?ってくらい似ている。
過激で大ざっぱで大味なつくりの海外作品に、
「女が着衣のまま」「1対1で女がセンズリ鑑賞」「スキンシップのないまま自慰発射」は前代未聞。

一編の時間は15分弱くらい。
奥に女がいて、やや手前に男がいる。
なんやかんや話をしながら、男は脱いでいき、全裸になる。
女は驚きながらも、楽しげにチンポを見る。
男がセンズリして勃起させると、女も挑発してパンツを見せたりする。
やがて男は立ったまま射精して見せる。

15102003.jpg

じつは、M男がS女にセンズリを強要されて自慰発射する作品は、これまでも存在していた。
でもそれはSM的要素の強いM男作品であり、「センズリ鑑賞モノ」とはちょっとちがうのだ。
日本の「センズリ鑑賞モノ」はSでもMでもないものが大半だ。

SM的要素の強いM男作品の一例がこれ。
「CFNM TALES」より3枚。

15102006.jpg

15102007.jpg

15102008.jpg

センズリシーンそのものではないが、言わんとしていることは伝わるだろ?
「Lady Voyeurs」が日本の「センズリ鑑賞モノ」にちかいってこと。

とうとう、海外で「センズリ鑑賞モノ」をつくってくれたか!とオレはうれしかったね。
まだまだ作りが、ヘタクソなところがあるがな。

15102002.jpg

コスプレの要素をいれようとすると、まずはチアリーダーに走っちゃうあたりが海外らしい。
日本人には、いまいち萌え要素がよわい。

それからターゲットとなる女たち。

15102004.jpg

わるくないんだがな。なんだろうね、うまく言えねえけど、「美人でもないしかわいくもないって感じ」か?
見た目に萌え要素をもってない、とでもいえばいいか?
ちなみに上の写真のケツの黒い部分は、修正の黒塗りじゃなくて、パンツだぞ。

15102005.jpg

衣装も「努力してます」ってのは分かるんだがな・・・・オレが萌えるのはストッキングだけだったりする。
残念ながら、モデルと衣装に関しては大味なままだ
いや、日本のモデルも大味とかいう次元じゃないのがでているがな

こういう、地味に趣がある作品つくりってのは、モザイク育ちの日本の得意芸なのだろう。
パンチラ作品もそうじゃないかね。
モザイクの呪縛がある環境のなかで、試行錯誤、七転八倒、悪戦苦闘してきたからこそ、味のある作品となる。

だが、「Lady Voyeurs」が日本のそれと比べて、オレが優っているとおもう点がある。
もちろん、無修正という点だけじゃない。撮り方だ。
カメラを2台使う。
女は全身が映る。
この点は、やっぱりさすがだとおもった。日本の悪しき慣習まではまねていなかった。

ちなみに、「Lady Voyeurs」は先日紹介した「PURE CFNM」のボーナスサイトのひとつだ。
つまり、「PURE CFNM」に入会すれば「Lady Voyeurs」も楽しめる。
いいかえれば、「Lady Voyeurs」に入会すれば「PURE CFNM」も楽しめるとも言える。
これは、「ドラクエを買いたいならこのクソゲーも買わないと売らねえ」っていう抱き合わせ商法とはまったくちがう。
1サイト相当分の入会金で、ボーナスサイトとして5サイトすべてを楽しめちゃうってもんだ。

「Lady Voyeurs」は比較的新しいサイトのため、エピソード数は47。
現在週1話のペースで更新中で、オレとしては「PURE CFNM」よりも注目してたりする。

出演モデルにまつわる不満はもう言った。
ただ、もうひとつだけ言いたい。
毎回おなじとおもわれるセンズリ男優。
頼む、毎回とは言わないから数回ごとにでも変えてくれ。


「PURE CFNM」優秀な海外CFNM有料サイト

「PURE CFNM」を紹介しよう。

15101801.jpg

日本にもオリジナルの有料サイトがあるが、海外はスケールがちがう。
動画の保管量も多いし、安い。もちろん、無修正。
金のかけ方も違う。

で、CFNMのサイトも存在する。
かつてはCFNMサイトも、たけのこのように、リリースされた。
だが、新規はほとんどなくなり、クローズもつづいた。
現在、生き残っているのはわずかだ。

「生き残り」も更新が止まっている「半死」のものと、更新がつづいている「現役」のものとにわかれる。
「現役」はかぞえるくらいしか無い。
残念ながら、海外でもCFNMは衰退している感が否めないんだよな。

で、その内の優秀サイトのひとつである「PURE CFNM」に話を戻そう。

このサイトの特徴のひとつとして、基本的に女性が複数ででてくる点がある。
それだけでも、ぜいたくだ。
複数の女に見られたいという欲望は「充分わかっております」と言わんばかりだ。
また、設定(シチュエーション)も豊富。

15101802.jpg

スクールものを想定して、制服を着てるものもある。
まあ、制服を着てはいるが学生に見えない子がいるのは日本と同じだがな。

特徴の二つ目としては、最近更新されてる作品は、フェラやSEXによるフィニッシュが多いという点。
自慰発射はまれだ。
まれだが、たま~に自慰発射もあって、オレはその方が好きだ。個人的な好みだがな。
SEXしちゃうと、女もアソコをさらすことになるからちょっとCFNM的醍醐味がうすれてしまうんだよな、オレとしては。

その「たま~に」という中の最近の「オレの大ヒット」がこれ。

15101803.jpg

教室で、女子生徒二人と、生徒っぽくない男子生徒三人。
女子生徒の命令で、男子生徒たちが服をぬぎはじめる。
さらにセンズリまではじめる。

脱いだり、センズリしたりすると、そのたびに女子生徒2人はワーキャー、はしゃぐ。
そのリアクションと、興味津々、好奇心旺盛、探求心旺盛な態度は萌え萌え・・・・の萌え。
女二人はパンツを見せたりしながら、座ってシコっているひとりひとりのところへエロエロな視線で回って歩く。
そして、ひとりひとりの自慰発射を、二人で、はしゃぎながら見とどける。

まるでオレが考えたようなエピソードだ。
海外にもいたんだな、オレと同じようなストーリーを考えるヤツが。

15101804.jpg

このサイトの三つ目の特徴としては、エピソードが豊富である点。
各エピソードは7~20分くらいのバラつきがある。
短いようだが、観ると不満はない。ちょうどよいくらいだ。
更新が一週間に一話で続いているので、この長さもしかたないないだろう。
サラッと書いてるけど、一週間に一話、エピソードを考えて作品にするってスゲーことだろ。

むかし、AVメーカーの制作部に配属になったら、「一日に100の企画を考えさせる」という話を見た記憶がある。
その割には、世に出ているAVを見ると「ホントにそこまでやってんの?」ってくらい工夫も能も無い作品が溢れている気がするのは、オレだけか?

で、このサイトの企画力はホントに感心するよ。すべて当たりってわけじゃないけどな。

上の写真みたいに1対1でしっとりと見せるエピソードも、たまにある。
日本の「センズリ鑑賞モノ」に近いスタイルで、フェラや手コキ発射がほとんど。

パンツの中をのぞかれちゃう、ってのも好きなヤツいるんじゃないか?

15101806.jpg

学校だけじゃなくて会社のシチュエーションものもある。

15101808.jpg

服を強引に脱がされちゃう、とか、巻いていたタオルを取られちゃう、とかのニーズにもおこたえします。

15101809.jpg

で、好きなひとにはたまらないCFNMポーズ。

15101805.jpg

15101807_20151018061733ea6.jpg

全裸で、チンポを両手でなんとか隠してますってやつな。
こういうツボはしっかりおさえてある。よくみるシーンだ。

豊富なエピソードの中には、野外ものもある。
とは言ってもさすがに部外者をまきこんだ撮影はないけどな。
それでもやっぱり野外撮影は貴重だ。

15101810.jpg

これは全裸にコート一枚の、露出狂男のエピソードだ。

15101812.jpg

もっと作られてもいい、王道のエピソードだとおもうが、初期の頃に一度つくられてそれっきり。
もちろん、女は一般人ではなくキャストだが、一気に六人並べるあたりがぜいたくだ。

次のこれ。

15101811.jpg

こういうのを夢見たCFNMファンが絶対いるとおもうわ。
学校のかたすみに、なぜかロープでしばられた男子生徒。身動きがとれないことになっているらしい。
そこへ、生徒には見えがたい女子生徒たちがおおぜいあらわれて、この男子生徒を発見する。
身動きとれない男子生徒はパンツをおろされて、いやらしい女子生徒もどきに、たっぷりイタズラされちゃう。

はるか昔、中学生くらいに妄想したようなストーリーだよな。
こういう、若いころの妄想で忘れかけたようなシーンが、なにか忘れかけたエロを思い出させてくれる。

さて、この記事でこのサイトの特徴を三つ挙げた。
二つ目の特徴として、「最近更新されてる作品は、フェラやSEXによるフィニッシュが多いという点」を挙げたが、いいかえると、旧作は自慰発射もけっこうあったということになる。

オレは自慰発射が好き派だ。
全部そうあってくれとは言わないが、男の羞恥としては高レベルのひとつではないか?

このサイトも長くつづいているため、少しずつ変わっていったのだろう。
オレとしては残念だがな。
初期のころはこんなのがあった。

15101813.jpg

デッサンだか何かの研究だか分からんが、要はこのあと、男は立ったままセンズリして自慰発射して見せる。
次のこれ。

15101814.jpg

この場で男はパンツを脱いで、母娘?の前でセンズリする。

旧作は画質が劣ってしまうという難点が残念だ。
ちなみに新作は高画質だ。
DRMもなく、ダウンロードした動画は自分のものとなる。

このサイトは2007年からはじまり、現在も更新中。
CFNMというテーマ一本で、この継続は驚異的と言っていいだろ。
順調に更新をかさねて、今、エピソード数は512。
ふつうにスゲーだろ、これ。

しかもこのサイトに入会すると、ボーナスサイト(同時に見れるようになるサイト)がさらに4つも付いてくる。
4つのボーナスサイトもCFNMとまったく関係ないテーマではない。
しかも4つとも現役更新中で、5サイトトータルのエピソード数となると現在で829にもなる。

じゃ、入会金はいくらか?っていうと、たったの$29.95!!現在の日本円で3,800円ほどだ。
安い・・・・安すぎる!!

とは言っても、海外有料サイトに入会したことがない人には、敷居が高いとおもわれるだろう。

だが安心してくれ。
このサイトの決済会社「CC Bill」はオレがもっとも信用していて、入退会手続きが容易な会社だ。
具体的に入退会の画面でどうするのか?はここでは説明しないが、写真をいっぱい使ってスゲーていねいに解説している人がネット上に何人もいるので、そこを参考にしてくれ。


さて、最後に言っておく。
金をかけた撮影。多彩なアイデア。無修正。それでいて安い。
一見、太刀打ちできないほど完璧に見えるが、そうでもない。

日本には日本の良さがある。文化がある。
エピソードの内容、衣装、男女の反応・・・・やっぱり日本人のそれとは微妙にどこかちがう。
どんなに美人でも、外人より日本人の女がいいというのも根強くないか?
日本男児のムスコ達は、とびきりの美人の外国人に見られるより、ごく普通の女の日本人に見られた方が、反応が良いにちがいない・・・・とおもいたい。

センズリ鑑賞モノの歴史②

なぜか、CFNMという言葉はあまり使われなかった。
「センズリ鑑賞」をキーワードに、「初めての」とか「美熟女の」とかをくっつけて次々リリースされた。
実際、うけたんだろうな、シリーズ化されたものも少なくなかったから。

なかには、こんなふうに野外で撮ってみたり。

15101501.jpg

おもしろそうだけど、チンポが黒塗り修正って・・・・。
たのむから、こういうとこで悩ますなよ、おい!
買うかどうか、店で5分ジャケットを眺めて元の場所に戻し、一回りしてからまた5分眺めて迷う。
これを3回くりかえして、結局買った。
まあ、じつのところ、ほぼ買っちゃうんだけどな。
たしか、モザイクは可もなく不可もなくだったと記憶している。
内容も、それほど悪くなく、次がでたら買うつもりだった。

15101502.jpg

次から次にでてくる類似品。
いや、喜ばしいことだとはおもったよ。やがて、どストライクな作品にであえるチャンスが広がるからな。
でも、どうしたわけか、撮り方がみんな似てるんだよな。
女の上半身から顔アップをメインに、チンポが画面手前のほうにアップで映ってシコシコ。
画面の配置がお約束通りかのように、みごとにおなじって、どういうことよ?

そして結構早い段階から、熟女・人妻のセンズリ鑑賞モノはでてきた。
単純に、熟女・人妻に見せてたのしいか?と不思議でならない。
いま、この手の作品群をみても、ざっと三分の一くらいは熟女・人妻ではないだろうか?

15101505.jpg

だいたい、パッケージの表紙は最高傑作の写真をつかってくる。
慌てて、パッケージをよく見ないで買ったりしたら痛い目にあう。
本編をみると、がっかり感がはんぱない!
こういうのがまっているのだ。

15101506.jpg

さらに

15101507.jpg

ほいでもって

15101508.jpg

好きなひとには、たまらない?
いやー、AVって本来、こういう人出しちゃいけないんじゃないの?

15101503.jpg

容姿、体形、ファッション、これを見て買うだろうか?
ナンタラ倫理協会だとかに、ひっかからないのか、こういうの?

・・・・・・・・・・・・
あー、いや、ちょっと熱くなりすぎた。いいすぎたかな、オレ。

じっさい、売れなきゃ存続しないよな。
だれかが必要としてるわけだよな。

でも、あげくのはてには、これ。

15101504.jpg

ママにみられるって、そこまでやるか?そこまで求められてるか?
よく見ないで間違えて買っちゃったら、チンポじゃなくてハラが立つだろ。
そして、「ママ」という言葉に騙されてはいけない。
ここでも油断すると、思いもよらぬモデルを目撃することになる!!
写真見ておもうんだが、ここでの息子って何歳の設定なんだ?
もはやここまでくると、さすがにオレもキケンを感じた。
買う買わないを迷う次元ではない。

15101509.jpg

熟女・人妻ブームが止まらないが、近年は女も脱いじゃうってのが流行りだ。
女が最後まで脱がないってのは、いまやマレで、相互オナニーやフェラチオ、SEXまでいっちゃうパターンが多い。
かつての完全CFNM型は、崩壊してしまった。

15101510.jpg

ユーザーが求めた結果だろうか?
AVという体質(フェラやSEXを入れないと売れないという強迫観念)が、根強いせいだろうか?

ここに挙げたジャケットを見てもらっても分かるとおもうが、いつまでたっても人の配置が同じでワンパターン。
そこへ、どういうわけか熟女・人妻ブームでその手が増えてしまった。
また、結局女も脱いで、SEXにいきついちゃうという内容。
オレに言わせれば、シラケてしまう要素がすべてそろってしまった。

そんなこんなで、夢中になって、パチンコよりも優先して買いまくっていたセンズリ鑑賞モノは、すっかり購入しなくなってしまった。
もはや、オレが求めていたものに近づくどころか、遠ざかって、戻る気がしない。

なんとなく、センズリ鑑賞モノに陰りを感じるのは、オレだけだろうか?

センズリ鑑賞モノの歴史①

「センズリ鑑賞」とか「センズリ」という言葉が「ジャンル」または「キーワード」として扱われるようになってきている。
「CFNM」とは別扱いされるところもあるようだが、「センズリ鑑賞」はCFNMと言っていいとおもう。

センズリ鑑賞とは、着衣の女が、男が全裸になってセンズリするのを鑑賞するというもの。
本来、センズリ(オナニー)って、隠れてひとりでやるもんだ。
女とではなく、自分ひとりで自分の性器を刺激して果てる行為だ。
ふつうに考えると、恥ずかしい行為である。見られては困る行為である。
女が自分のオナニーの話をひた隠しにするのは、そういったプライドと羞恥からだ。

ところが、男の場合、だからこそ見せたいという欲求が生まれる。
なんで?と言われても困るが、これが性欲というものだろう。
ただ、AV界でもそこのところの理解がなかなかされてこなかった。
女が脱がないで、男のセンズリを映しているというのは、かんがえられなかったのだろう。

だが、とうとう世に出た。

15101401.jpg

これを販売店で見たときは即買いだったね。
もっとねえのか?ってさがしちゃったよ。
データを見ると、2005年の8月発売だったようだ。

衝撃だったね。さすがはセルビデオだと、今後のAVに期待が高まったよ。
当時、AV系の雑誌があって、メーカー別のリリース情報が載ってるんだ。
セルビデオなんて、そういうところからしか情報がなかったんだよな。
んで、発売予定が立っていると、いてもたってもいられなくてな。

次のシリーズはもっと気を狂わせたよ。

15101402.jpg

分かってんじゃん、ツボを。やっぱりJKだろ、基本。
つくられたもんであっても、制服着ててほしいのがAV好きってもんだ。

やっぱり「センズリ鑑賞モノ」は反響があったんだろうな。すぐさまシリーズ化された。
そして次々と、やり口をパクったもの、亜流がでるわでるわ。

15101403.jpg


気づけば「センズリ鑑賞モノ」としてジャンルができていた。
しっかり需要があったわけだ。

中にはこんなのもあったりする。

15101404.jpg

ソフトSとでもいうか、な。
嫌がる女に露出するやつ。

CFNMはSとかMとかでわりきれない世界、中性も含めて混在しているともいえるんじゃないか?
オレは、女の嫌がる顔を見て興奮するタイプではないので、S系はあまり好きではない。
「あまり」というのは、ごくまれに泣かせるほど興奮できる場合があるけどな、それはまた別のはなし。

この後、いろいろな「センズリ鑑賞モノ」がリリースされていくことになる。

つづく。


「Dancing bear」男のストリップ

「Dancing bear」という海外のCFNMサイトがある。
じつは、以前CFNMの種類を語ったときに、洩れてしまったスタイルだ。

15101201.jpg


簡単にいうと、男のストリップだ。
場所がストリップ劇場ではなく、舞台のある飲み屋みたいなところとかだったりする。
「男のストリップ」のサイトはいくつかあるが、「Dancing bear」は会社に赴いて開催したりするみたいで、その点はおもしろいかもしれない。

「かもしれない」というのは、じつは入会したことがない。
一度、さんざん迷ったあげく、えいや!と入会手続きまでいったのだが、つまづくところがあったのだ。
馴染みのある決済会社ならなんなく入会していただろうが、うまくいかなくて、「ならいいや」ってなってそれっきり。

サイトの内容も、オレの好みにストライクかどうか微妙だったんだよな。
ストライクか?と疑問だったんだが、まあ一応バットに力を込めたが、つまらんとこでつまづいたのでヤメた。

15101202.jpg


男優がノリノリで、フェラだのSEXだのを披露して盛り上がってる感じ。
大勢のほうがもりあがるとおもっていたが、こうしてみると大ざっぱに感じた。
多けりゃいいってもんじゃなく、味わいがほしいと気づいた。

これとか

15101203.jpg

これ

15101204.jpg

「Party Hardcore」という同類の「パーティもの」だが、これを見て、オレがいわんとしてることがつたわらないかなあ。

CFNM好きの語り合いの場を覗くと、こういうCFNMを望む声もよくきかれる。
日本になじみがないから、なおさらかもしれない。

ところで、男版にしても女版にしても、ストリップというと暗いステージが相場。
雰囲気作りといえばそうかもしれないが、これも悪しき慣習だとおもうがな。

ふつうに考えても、見やすい方がいいだろ。
ただでさえ、女性器なんて見づらいんだから暗くしたら見えなくね?
そもそもそんなムードの中より、ふつうの照明の中でヌードを見たいね、オレだったら。

ストリップといって、女が一枚一枚服を脱いでワクワクするのはいいとおもう。
だが、「いかにもそれ」という暗い照明の中でのストリップなんぞ見たいともおもわん。
いろいろな風俗を行ってみたが、ストリップとSMは行ってないわ。

ムードのある男性ストリップ劇場に惹かれるという人には、オレは期待にこたえられないかもしれない。
オレは、非日常ではなく日常の中の露出がおもしろいとおもっているからだ。

ちなみに、「Dancing bear」はそういう意味では、企業などに訪問して、そこでやっちゃうので凄いといえる。
だからこそ入会してみようかなとおもったが、なんか際どいコースでストライクじゃないんだよな・・・・。
ど真ん中じゃなくても、ギリギリストライクだったらねえ、オレもさあ。
え?くどい?ゴメン。

CMNFとはどんなものか?

CMNFとはどんなものなのか?
和訳はもういいとして、簡単にいうとCFNMの逆だな。

こんな感じ。

15101002.jpg

そんでさ、厳密にいうと「ほんとうはそうじゃない」って分かっているうえで、このブログ上ではこう決めておく

CFNMとは、「裸の男にたいして一人以上の着衣の女がいる状態」
CMNFとは、「裸の女にたいして一人以上の着衣の男がいる状態」


つまり、着衣の側は男女まざっていてもいいだろ、ってはなし。

たとえばこれ。

15101001.jpg

着衣の女がいるけど、このブログではCMNFの範囲にふくめるんで、あしからず。

で、CMNFってことばは、日本ではほとんどなじみがない。知られてない。
ところが「女の露出」ってかんがえると、じつはスゲー多くの作品がリリースされているのだ。

AVのジャンルの「野外露出」をさがせば、90%以上女の露出ものだ。
「露出狂といえば男だろ?」ってのが世間様の常識だとおもうんだが、AV界ではそうじゃない。
たぶん、男の裸じゃなくて女の裸を見たい、というのが前提なんだろう。

「女の露出狂」といえば新鮮だし興味もわく。
女がはずかしがったりして、M女プレー的な方法としてもハマったんだろ。

というわけで、CMNFというジャンルやキーワードが使われていないのが現状だけど、
じつは露出作品のほとんどがCMNFであって、作品の量も多く、好みのものをみつけやすいといえる。

いいかえると、CFNMの作品は多くなく、好みのものを探すのはまだまだ困難な状況といえる。
「露出狂」で探してもCMNFなんだもん。
「CFNM」で探すとヒット数が少ないし。
だからこそオレはCFNMに力をいれている。

いや、そもそも露出というものがすきなので、CMNFも好きではある。

15101003.jpg

こういうのもありだ。

ただ、まずはCFNMに力をそそぎたい。
きっと待ってるひとがいるはずなんだ。
なんで男の露出ものがないのか?と。
なんでもっといろんなシチュエーションでリリースされないのか?と。
だれもつくらねえの?と。

まあ、かつてのオレだ。
オレはオレのために身を投じることにした。

いや、「オレのため」だけじゃない。
まだ見ぬ同士や、この趣向に気づけていない紳士たちのためでもある。
ムシャクシャして明日にでも、電車で下半身露出しかねないというジェントルメン。
いつ通報・逮捕されてもおかしくない、通学路に潜伏しているモノホンの露出狂たち。

CFNMと露出とCMNF。
いま出回っている「至高の作品」に対して、「究極の作品」を追い求めていく。
(料理対決のパクリみたいとかいうなよ)
予算と頭脳の問題でヨチヨチ歩きだけど、待っていてくれ!

CFNMと露出、その醍醐味とは?

CFNMと露出とは密接な関係にあり、露出好きがCFNMという言葉を知らないばあいもありえるわな。
CFNMとはなにかを知ったとき、「露出好き」から「CFNM好き」に変わるヤツ、多いんじゃねえかな。

でCFNMとはなにか?前回もかる~くSM的にふれてみたが、今回はもっと深めてみよう。
といっても、オレのあたまでかんがえられる範囲内のことで、専門的に定義とかされてるわけじゃないけどな。
でもこれを読み終わったころには、「ああ、オレこのタイプかもしれねえ」とか、
「これはちょっとおもしろそうだ」とか、興味がわくんじゃないかな?

まず一番わかりやすいというか、まっさきにイメージしやすいのが変態露出狂

15100901.jpg

見せつけだな。
おどろかして、女がワーキャー言ったり、目のやり場に困ったりするのを見て嬉しくなっちゃうやつ。
じつのところ、女にしてみれば迷惑なだけだろうがな。
男の「ほら、どうだ?みたいんだろ?」とは、うらはらに女は「変なもん見せられた」って怒りたくなるパターンだな。
良し悪しはどうであれ、とにかく女がびっくりしていろんな反応をしてくれるからやり応えがあるんだろ。

なかよしグループの宴会とかで露出する分には、また女の反応もちがうだろうがな。
不特定多数の公共の場では、迷惑千万、そりゃあ犯罪にもなるわな。
オレもエロ度が上昇してくると、やってみたくなりかけることもないこともないけど・・・・、
やっぱりやれねえよ、これは。やってるヤツを端から見たいタイプなんだ、オレ。

むかし、職場の兄さんがしてくれた驚愕のはなし。
ある大きな駅構内のコンコース(通路が交差する場所や大通路)のかたすみで、
ある男が仁王立ちでチンポ出して自家発電してたのを見たって。
「まじっすか!?」なんてリアクションしたけど、ほんきで「それ見てみたかったっす」っていいそうだった。

露出狂でも「自家発電してる」のはあまり聞いたことないよなあ。スゲー。
オレがもしその場にいたら、どんなに重大な約束をひかえていようとも、迷わず足を止めて最後まで見届けていただろうな、その状況を。
その男を見て、まわりがどんな反応するのか、見てみたくないか?
こんなこと、仲間同士の宴会の罰ゲームとか、いじめとかでやれる次元じゃないからな、まず見れない光景だ。
発射までしたかどうかは聞けなかったけどな、たぶん発射(発車)しちゃったんじゃねえか?・・・・駅だけに。

身近に男が露出できちゃう、女が露出をくらっちゃう場面がこれだろ。

15100902.jpg

「トイレで用をたして何が悪い」
「見られたオレが、むしろ被害者だ」
で、見せちゃう。

以前、同僚とあるスナックへ行ったときのこと。
各階にスナックや飲み屋が入っているビルで、トイレが踊り場の共同だった。
しかもそのトイレ、男女まで共同だったんだ。

ジョッキ3杯飲んだオレは一発目のションベンにそのトイレいったら共同なんでちょっとびっくりした。
男子小用便器で用をたしてたら、すぐに女が入ってきて、「ごめんなさい」と一言オレに言って、大便用個室に入っていった。
これじゃあ、みられちゃうだろ、オイ。とおもったけど、手も洗わねえでヘアスタイルを整えながら、
「でもオレがあとジョッキ4杯飲んでいたら、わざと見せてたかもしれねえなあ」とおもった。
いや、実際、見せられちゃう女って、多いんじゃねえかこのシチュエーションは。

次は、M的妄想として、いじめられて露出させられるってパターン。

15100903.jpg

「早く脱げよ」
「チンポ隠してんじゃねえよ」
「こいつのチンポ、○○じゃん、笑える~」
「なんかこいつ、起ってきてるよ」
「見られて興奮してんの?」
「もっと大きくしろよ」
「ほら~イって出してみせろよ」
なんて言われて、「見ないで!」「恥ずかしい!」なんつって、しっかり勃起して発射までしちゃうっていうシチュエーション。
わりとこういうAVはリリースされている。

CFNMのシチュエーションでありがちなのが美術のヌードデッサン。
CFNM好きなら、一度は妄想するシチュエーションだ。

15100904.jpg

まあ、オレはやってみたいとはおもわないけどな。
だってぜったい一定の大きさを保てないと分かってるから。
時間中、大きくなったり小さくなったりをくりかえしたら、やっぱマズイだろ。
場が騒然としちゃうし、デッサンも大きさが変わったら書けねえだろ。

そのむかし、あるバラエティー番組での話。
引っ込み思案の男子大学生が、「女性との接触に勇気を持てるようになりたい」という悩みをうちあける。
すると番組が用意した解決法が「女子学生の前でヌードデッサンモデルをやる」だった。
なんの免疫もない好青年には、かなりの試練だろ、これ。

で、じっさい全裸になってヌードモデルをやりきる。
やりきった彼は「勇気をもてるようになりました」と、射精もしてないのに、ちょっぴりすがすがしい顔になってた。
後日談として、「勇気をもてるようになりましたが、脱ぐ快感を覚えちゃいました」という報告があって、
会場中が「危ない危ない」といって盛り上がっておわる。
彼は、CFNMの扉を開いてしまったのだ。

ここでちょっと特殊なCFNM。
ストリーキングってやつ。

15100907.jpg

公共の場を、全裸で走り抜けるってやつ。
一見露出狂っぽいけど、そうじゃないらしい。
ある思想を訴えるために、そうして主張するスタイルらしい。
町中の路上でこれをおこなうケースもあるらしい。

むかし、学生時代にやっぱり脱ぐのが好きな先輩がいてさ。
飲み屋で酔っぱらった帰り道、「よし、ストリーキングだ!」つって全裸歩行を始めちゃってさ。
露出はまちがってない、ていう、そのまんまの思想を主張してたんだろうな、たぶん。

さて、露出症の症状も進行していくとだんだんエスカレートしていく。
たとえばこれ。

15100906.jpg

服がない状況で、公共の場に放り出されてあたふたしたいってやつ。
服を着たいんだけど、その服が近くになくて困っている。
だけどなんか、そうなってみたいってやつ。みつかったらどうしようというスリルがいいんだろうな。

たま~に笑い話で聞くのが、ホテルのオートロックのはなし。
なんかのきっかけで全裸で部屋の外に出たら、オートロックがかかっちゃって廊下で困ったってやつな。
事故をよそおっているけど、たぶん、わざとだろそれ。
システムのせいにして、合法的に露出のスリルを味わっちゃダメだろ。

15100908.jpg

これもコントの写真だけどな。
荷物をもってるけど、パンツも脱いでこのシーンとなっている。
勝手に裸になって、でも見つかっちゃったらどうしようって、自分から追い込むパターン。
志村けんってけっこう、CFNMが好きなんだよな。

上のふたつの写真って、ちょっとドキっとしないか?
CFNMの撮り方として、バッチリなんだよな、雰囲気がよくでてる。
その臨場感から、下手なAVよりよっぽどCFNM的に興奮できた。
くどいようだけど、撮り方だよな。

むかしは、今じゃ考えられないほどチンポ露出とか、女の乳首露出とかテレビ放送された。
しかもゴールデンタイムにな。
男の芸人はすぐ脱ぐというイメージがあった。

ちょっと前に、あるテレビ番組で山田邦子が、「ひょうきん族」時代の思い出話をしたんだけど、
むかしの女芸人は大変だったと言っていた。
いまでいうとセクハラの嵐ってことだな。
楽屋とかで山田邦子がいると、男芸人共がわざとフルチンでウロウロするらしい。
さんまとか紳助とかが、そうしていたというから時代を感じるよな。
しょっちゅう見せつけられるから、チンポを見ればだれだか分かるぐらいだった、
と言っていた。なんかムラっとするはなしだ。

さて、山田邦子の話のように、部屋に女がいるから、わざとフルチン。
そのイメージ写真がこれだ。

15100910.jpg

何人かで食事をしながら歓談中だが、脱いじゃう。
ほんらい、服を着てなくちゃいけないとこで着ない快感。
なんでもない日常で、わざと全裸になってすごしてみたい、みたいな。

たまに聞くだろ、裸族ってやつ。
家では全裸ですごします、っていう芸能人、聞いたことないか?
普段全裸になれない、なっちゃいけないとおもうと、全裸になってみたくなるもんだ。

15100909.jpg

15100911.jpg

この写真はAVだからな、勃起してみせて、射精までしちゃう。

AVの良さは、勃起から射精までしちゃってもOKなとこだろ。
現実の「露出」は、なかなか「勃起から射精まで」ってわけにいかない。
また、CFNMといってもいろんなパターンがあるのが分かってくれたとおもう。
AVってのはさ、エロの妄想を映像化できるすばらしい世界だとおもってるよ。
テレビ番組でも、映画でもマネできない。AVでしか表現できないんだ。
オレの妄想、みんなの妄想を映像化していくのが、オレの使命だ。なんつって。

CFNMとは?どう抜けるのか?

CFNMとはなにか?和訳はもういいとして、どういうものなのか?
なにがいいのか?興奮できるのか?ぬきどころはどこか?

その良さを開花してない諸氏にとっては、なかなか理解できないのかもしれないな。
あるとき、乳首やアナルがじつは気持ちいいと気づくようなものだ。
日本男児ならちょっとしたキッカケでハマると確信してるね、オレは。
そもそも、理解するのにそんなに困難なジャンルじゃないだろ。

ほかのジャンルと比べてみっぺ?
まず露出な。

15100801.jpg

こんなふうにしてさらしちゃう。お!スゲーとおもう。
女の恥ずかしがってる顔がまたいい。
ここまで露出しちゃうか?という瞬間がぬきどころだろ。

15100802.jpg

やっちゃダメなとこで全裸オナニー。さりげなく男がのぞきこんでる。
女といっしょに、見てるほうも興奮度上昇だ。

ただ、海外のある野外露出歩行は、大衆をものともせずに全裸であるきまわるが、
エロポーズもしないし、ましてやオナニーなんぞしない。
歩いたり座ったりするだけ。

15100803.jpg

こうなると、最初の衝撃はすさまじいものがあったけど、ずーっと興奮度が一定。
かえってぬきどころがみつけづらくなるという現象が。ぜいたくな悩みだがな。

んで、次にパンチラ。
じつはオレがパンチラのよさを知ったのは、ここ数年前からで、意外と最近からだ。
下着を見れたとこで、しょせんオマン○には絶対かなわないだろ、ってずっとおもってた。
下着を魅せるシーンはまったく無関心で、早送り確定ゾーンだった。

でもオマン○ばかりをみてくると、逆に下着に興味がわくようになったんだな。
正直、オマン○は、ひとによる違いってたいしてないんだよな。
おまけに通常、ヘアがじゃましてみづらい。

その点、スカートから見えるパンツはわかりやすい。
女の顔や服装をみて、何色でどんな下着だろう?と想像してみる。
「白じゃねえ」ってがっかりしたりな。

15100804.jpg

冷静にかんがえると、ふだんの生活では常にまわりにスカートの女が大勢いて、
長いスカート、短いスカート、かわいらしいスカートといろいろありながら、
それでいて覗けない、見れないジレンマにさらされているわけだ。
女子高生の超ミニスカ、階段の下からちょっとかがんで覗けばパンツがみえるはず!
なんだけど、それができねえ。
意外とパンツって見えそうで見えねえんだよ。見れねえんだよ。
だからこんなふうにパンツを大胆に見せらると、場合によってはノーパンより興奮しねえか?

15100805.jpg

パンチラで興奮、そのよさは、時間がかかったけどオレもたどりついた。

で、次はM男プレー。

15100806.jpg

15100807.jpg

ペニバンでアナル責めとか。いやーアナルは分からんよ、食わず嫌いかもしれないがな。
ローソクとか鞭とかもなにがいいのかいまも分からん。
そもそもボンテージっていう衣装もなにがいいのか?
この非日常がいいのかね?
でもいくつかのハード系M男作品をみてみたが、そもそもその男優が興奮してねえもんな。
勃起は萎えるし、射精がないものもざらだ。だとしたらどこがぬきどころなんだ?
分からんな。

ハードMのなかのプレー、金蹴り。

15100808.jpg

これ、興奮するのか?

15100809.jpg

楽しいか?これ。
ブーツで蹴られたり、ひざ蹴りくらってんじゃん。
大丈夫?これ。
このプレーで興奮して勃起してるかどうかより、機能障害で起たなくなっちゃうんじゃね?
痛いのがいいといってもな・・・・。
まあ、オレも病院行ったとき、見るからにか弱くておどおどしてたナースに
「ちょっと痛いかもしれません」
なんつって腕に注射されたときは、ちょっと興奮しちゃったけどな。

痛い系のもう一種類。トランポリングっていって踏まれたがりのプレー。

15100810.jpg

男はどういう心境よ?
だいたい履物も履きっぱなしで、しかもハイヒールが多い。

15100811.jpg

大丈夫?これ。
ハイヒールって刺さんないのか?なんておもっちゃうよな。
こうして男は裸になることなく、ずっと全身踏まれっぱなし。
ふみふみマッサージじゃないんだからさー。そういう気持ちよさじゃないだろ。
いや、もしかしたら、ヒールで「興奮するツボ」を押してるのかもしれない。

・・・・で次。
緊縛(金爆じゃないぞ)

15100812.jpg

縛る世界。もはや芸術だな。
ってか、エロに崇高な芸術がいるか?これスゲー手間がかかってんじゃねえか?
縛れる者を「緊縛師」といって師匠級にあがめられているらしい。
たしかに職人芸だとはおもうがな。

15100813.jpg

これもさあ、完全に身動きとれねえじゃん。
っていうか、この状態じゃ服も脱がせなくね?
こっからどうすんの?どうしたいの?
まあ、裸の緊縛もあるけど、たいがいの作品は射精シーンはないらしい。
この世界は「そうじゃない」らしい。

よくわからないが、もしオレがこの状態にされたら1秒ももたない。
もし、鼻の頭が痒くなったらどうするよ?
足の指の、中指と薬指の間にボールペンを挟みこまれたらどうするよ?
取りたくても取れなくて、気が狂っちゃうだろ。
想像するだけでアウツだな。
「身動きできない状態でいたずらされちゃう」という性的興奮よりも、動物的本能で恐怖心しかわかねえとおもうがな・・・・。
縛られたいという女が結構いると聞くが、気がしれない。

15100814.jpg

ええっと、これはなにかというと・・・・クラッシュってやつ。
女がおもちゃとか食べ物とか、(おもちゃの)虫とかを踏むのを鑑賞するジャンルらしい。
これ、エロか?

15100815.jpg

ジャケットの写真に裸はない。
なんだろうね、クラッシュって。これで作品になるのか?
なんとか良さを探ろうとジャケットを隅々まで見てたら、とんでもないことが書いてあった。
価格が8190円
マジかよ、オイ!誤植だろ?

最後の世界はこれ。

15100816.jpg

「風船(バルーン)」っていうジャンル・・・・らしい。
女が風船とたわむれるのを鑑賞するらしい。
これは本編の一シーンだが、ずっとこの調子らしい。
ジャケットはこれ。

15100817.jpg

ちゃんとフェチ作品として売られているのだ。
なにがどうフェチで、どのようにどこが性的興奮をえられるのか、
きっと一生涯オレにはみつけられないだろう・・・・。

まあ、この作品はさすがに700円か・・・・ってあれ?7000円だよ、オイっ!
さいしょはまちがいとかジョークだとおもったが・・・・
どうやら誤植でもなければふざけてるわけでもないようだな、本気でこの値段らしい。
まあ値段のことを、とやかくいえる筋合いではないがな。

さて、CFNMの世界にもどってこよう。
CFNMは少なくとも裸がある。
作品にもよるが、射精シーンがあり、抜きどころも分かりやすい。
こうしてみれば、そんなに難しいジャンルではないだろ?

CFNMが惹かれる要素の一つ目は、「サプライズ」だ。
ひとを驚かせるのはなんとなく愉快なものだ。
子供のころ、目の前の友達を脈絡もなく後ろから「わっ!」といって驚かせたり。
後ろから、「ひざかっくん」をしたり。
最近ではプレゼントでサプライズが注目されているよな。

で、どんな男もたいていの女を驚かせることができる必殺技は「チンポ露出」だ。
よくもわるくも、まずはサプライズする。
そのあとのリアクションは女によってまちまち・・・・だからこそ興味深い。

二つ目は、男ってのは、ときには絶対ばれたくない秘密を、あえて暴露したくなる性質があるようだ。
カツラの男が、酔ったりストレスに押しつぶされたりすると、ハゲをさらしたくなる心理だな。
チンポもまた、子供のころから隠すものと教育されているし、
成長にしたがって、恥ずかしい短小包茎チンポとか、勃起するチンポとか、
イクと射精するとか、見られたら恥ずかしい時期を経過する。
はずかしいがゆえに、見せたくなるという時があるのだろう。

三つ目は、日本のモザイクとかの修正事情だ。
日本では正規のエロものは、本でも動画でもモザイクとかの「修正」をかけられている。
エロに目覚めた年ごろに「クソ!」とおもいながら、見えないストレスをずっと抱えていく。

いまいましいと何度もおもう。
隠されることにいやけをさす。
いっそ、ぱっと見せてくれと何度も願う。
オレだったら隠さずにぱっと見せられるのにとおもう。
隠される抑圧から、「オレだったらぱっと見せちゃう」が強まる・・・・と。

CFNMの楽しみかたは意外とひろく、ひとそれぞれだ。
たとえばこれ。

15100819.jpg

チンポの様子をじっくりみられて、興味津々にいじわるそうに観察している。
「出るとこみせて」なんて言われながら「恥ずかしい」とおもいながらも興奮しちゃってる。
M的パターンだな。

いっぽう、これ。

15100818.jpg

「ほら、見てみろよ」
「見たいんだろ」
みたいな、S的パターン。見せつけってやつだな。

このほかにも、こまかく言えばまだ多岐にわたるとおもわれる。

だた、オレが好きなCFNMは射精シーンがあること。
もしオレが作品をつくるならば、ここだけは外せないないし、外さない。
そこがぬきどころだろ、やっぱ。

「チンポを見たがる女たち」シリーズを語る③

シリーズ全体をとおして、「素人もの」ばかりになってしまったことは前にも書いた。
じっさい、振り返ってみるとこうだ。

シチュエーションもの、8作。
素人もの、29作。
(番外編をのぞく)

ユーザーの希望と制作側の希望が一致してしまった結果ともいえるかな。
素人の素のリアクションをもとめられた。
制作側も、構想がそのほうが楽だ。
シチュエーションものは、構想を練りに練らないといけない。
スタジオ代もバカにならん。

たしかに、素人ものはツボをおさえていると言えたが、すべて当たりではなかった。
すくなくともオレは、だけどな。
いろいろ、地方へロケに行ったりして金かけたり、
「浴衣編」とか「水着編」とか趣向を変えていたが、オレにとってはむしろそれは「はずれ」だった。
「水着」とか「浴衣」とか「常夏(レジャー)の服装」とかじゃなくて、もっと身近な格好にしろよ。

オレは、たとえアイデアが大変でも、金がかかっても、シチュエーションものをもっとだしてほしかった。

15100701.jpg

数すくないシチュエーションもの。修学旅行にひきつづき、また旅行に行っちゃったよ
金の使い方、間違ってねえか?

15100702.jpg

その筋の有名漫画家とのコラボ。さすがにアイデアはよかった。アイデアはな。
シリーズ中の評価も高いほうではないだろうか?

15100703.jpg

これはよかった!銭湯をかりきっての撮影。
シチュエーションと素人を融合した作品。
番台に素人女性を座らせて、客のおとこたち(役者)がチンポを思う存分見せつけるというもの。
脱衣所の床拭きなんかも女にやらせて、さらに全裸のおとこに近づかせたりする。
カメラも複数使用。
最後はおとこたちのセンズリ大会となる。

この作品で、まだまだこのシリーズもやるねえ、とおもえたが・・・・。

15100704.jpg

一作前のこの作品で、やっちゃあいけない女全員に目線モザイクをやっちゃう。
非難の嵐。当たり前だ。野外露出作品で、背景モザイクするより罪がおもい。

人気の素人ものにマンネリ感がただよううえに、目線モザイクなんぞやらかすからとうとう37作目で打ち切り。

151007105.jpg

ジャケットの写真をみればわかるとおもうが、あいかわらずのカメラワーク。
被写体を同じ大きさでしかとらえられない。
目線の入った子はモザイク処理。
全体的に、当初斬新とおもわれた作風と華やかさは、もはや感じられない。

大手メーカーが、全国的に「CFNM」をしらしめた革命的シリーズ。
もっと時代をリードしてよかっただろ。
どうして伝説と化して幕を閉じてしまったのか、惜しくてならない。

ときには、アイデアを提供しようかとか、本気でおもったときもあった。
だがやめた。
メーカーの掲示板をみれば、そんな内容はあふれている。
ごくまれに、アイデアが採用されることもあるが、おもったほどの映像化はされない。
なにか別のとこに問題があると思われた。

ほんとうに自分が「これだ」とおもう作品は、自分で作るしかないのだ。
このころからそうおもった。
業界の慣習にとらわれない、素直に素人のエロの発想だ。

最後にことわっておくが、このシリーズは好きだったし、よくやってくれたともおもっている。
ここでの語りでは批判的なことばが多かったが、「もう少しこうしてくれれば」という気持ちが強いがゆえだ。
実際、オレはすべて買って見た。
しかも、待ちきれなくて発売日前日には手に入れていた。

そこまで好きなCFNM。
これまでの絵を見てきてもなお、その良さが分からないだろうか?
今度あらためて、「良さ」を掘り下げて語ろうか。

「チンポを見たがる女たち」シリーズを語る②

第5作目はシチュエーションものだった。

15100602.jpg

「修学旅行」ときいて、どうなんだ?とおもった。
ジャケットの写真を見ると、ふろばで女が水着を着てる。
宿泊所のゆかたを着てる。
なんか違うんだよな、オレが求めているCFNMと。
もっと日常的がいいんだ、オレは。

シチュエーションものだけに、前作以前の作品のテーマとダブらないようにしたんだろうな。
これ以後もそのくるしい努力はつづけられ、かえって不満をつのらせた。
全然ダメじゃないんだけどな・・・・次回に期待だなって。

こんなシチュエーションものもあった。

15100603.jpg

これは日常的だろ。
女も多いし、野外もあるみたいだ。
男が立ってしごいて、発射してるようだ。

まあ、悪い意味で想像通りの内容だった。
ジャケットをよく見てみると、ブルマすがたばっか。制服が無え・・・・。
オレとしてはブルマ派じゃないんだよな。
でもコンセプトにしたがって、それに絞ったんだろう。
コスチューム、絞りすぎだろ。

いっぽうで、素人ものはこんな感じだった。

15100601.jpg

いまでいう、「センズリ鑑賞もの」に近い感じだな。
だいたい、二人以上の女たちの前で男が裸になってリアクションを楽しむといったもの。
男がエロ下着を披露して、別の下着に着替えて見せたりとか。
ツイスターゲームをやってみせたりとか。
最後はちゃんと発射してみせる。
だいたい、一本中に4組くらいがでてくる。

当時はこういう内容のAVが激レアだったから、とにかく新鮮だったし希少価値が高かった。
CFNM作品をつくってくれるのはありがたかったが、でも他に無かったから選べなかった。

当時、このシリーズにすこしずつ不満をつのらせていったのは、毎回なにかが足りないとおもっていたからだ。
なにか、というのは作品ごとにすこしずつ違いがある。
水着のCFNMはつまらねえとか。
体育着だけって、オイ!とか。
あと、素人ものは、似たり寄ったりの内容。同じカメラワークでフェチ要素なし。

まあ、それでもな、買い続けたけどな、オレは。



「チンポを見たがる女たち」シリーズを語る①

CFNMを語るとき、「チンポを見たがる女たち」シリーズをさけては通れないだろ。
このシリーズの1作目が出ると知ったときのトキメキったらなかった。
発売予定のジャケットを見て、早く見テー!ってジタバタしたもんだ。

15100101

ジャケットに映ってるのはおんなの裸じゃなくてチンポばっか。
それまでは考えらえないものが商品化されたわけだ。

で、このシリーズ、どうなったかっていうと37作までつづく。
なかなかの長さだ。

当時、メーカーホームページの書き込みコーナーがあって、
ユーザー同士のみならず、製作者までまじって大盛り上がり。
制作側も「まだまだネタはあります」みたいなこと言ってぞくぞくリリースされたのだった。

ただ、1作目はモザイクがキツかった。
同社のほかの作品からすると、比較的見づらいものだった。
あとあとの評価でも、1作目の内容は良かったがモザイクがざんねんと言われていた。

教室で、男子生徒を4人くらい裸でならべて、5人くらいの女子生徒がいすにすわってデッサンするというのが衝撃だった。
もちろん、書くだけじゃなくてチンポ嬲りもはじまる。

そして2作目。
15100501.jpg

(ジャケットがVHSじゃねえか?とかは、まずは置いとけ)
学校ときたら次は病院。
んで、3作目。

15100502.jpg

次は会社でOL編ね。まあ、王道というかオーソドックスというか、こうきた。

病院編はなあ・・・演出のために暗い照明のなかで撮られたのが不満だったのを覚えている。
AVでよくある演出だけど、夕方とか夜とかを演出するために暗いなかでの撮影とかあるじゃん。
オレに言わせればくだらねえ。ふつうの明るさで撮りゃあいいのに。
日常の舞台を用意したのに、非日常を演出して、かえってアダとなっていると思うがな。

あとOL編。
会社のセットなんだけど、日常の会社の雰囲気が足りなかった記憶がある。
あとカメラワークな。少ないキャストのせいか、アップ気味の絵ばかりで不満だった。

で4作目。
15100503.jpg

ここで「素人娘編」として、素人相手に男が露出してその反応を楽しむ手をつかった。
いまでいうと、センズリ鑑賞に近いスタイルだな。

ここで、書き込みコーナーで議論になる。
次回のリリースは、「シチュエーションものですか?素人ものですか?」なんてな。
素人ものが非常にウケがよかったわけだ。

たしかに、CFNMの醍醐味として、女の子の素のリアクションが大事ともいえる。
シチュエーションとして、日常の中のCFNMを見たいのか?
チンポを見たとき、勃起したとき、射精したときの女の子のリアクションを見たいのか?

結果的には、素人ものに軍配があがった。
この後は素人もののリリースが圧倒的にふえる。

オレはどっちも好き(他のユーザーも結局どっちとも好きだったのだろう)だから、内容にかかわず買い続けたけどな。

AVの野外露出の撮り方にはホント泣かされた

前回は、野外露出作品のないようの文句を言ってきたけど、今回は撮り方を訴えたい。

野外で露出なら、野外であること、露出であることが伝わってくる撮り方ってあるだろ。
たとえばこんなの。

15100401.jpg

15100402.jpg

どうよ、これ。
ずっとこんな距離感で撮りつづけられたらたまらんだろ。

15100409.jpg

こういう距離感でずっと歩行するってのも多かった。
せっかく全裸になってるのに、顔だけとか上半身だけとかってバカじゃね?ってイライラしてた。
もったいたいなよな、リスクおかして裸になってるのに。

オレがいいたいのは、撮り方おかしいだろってこと。
そりゃあ女もそとで裸になれば、不安になってカメラから離れられないとはおもうけどな。
はずかしがってる顔を撮りたいとしても、ずっとこれじゃあ意味が分からん。

当時は、内容が騙しみたいなものにひっかからないようにしなければならなかった。
そんで内容がよくても、撮り方がダメなものにひっかからないようしなければならなかった。
たいへんだよ、この二つをクリアすんの。
っていうか、ほとんど無かったよなクリアすんの。

しかも買ってみなきゃ分からないってんだから、起ちが悪い。

ふつうの性行為ってさ、金をつかったりして合法的にどうにかなるよな。
でも野外露出ってキケンだし、そういうのを見たいとおもっても、うまい具合に遭遇しないしな。
そういうのを見たいとおもったら、こんなんでも、AVに頼るしかなかったんだ。

なかには80点くらいの作品をシリーズ化していた作品もあった。

15100406.jpg

15100405.jpg

スゲー前の作品だけどな。
なにがいいって、まずほぼ全編、全身を手ぶれを最小にして撮っている。そんでカメラを2台使って別方向から撮るんだ。
この作品の内容は、服を脱ぎ捨ててしばらく露出歩行して、最後に放尿するってのを数か所で撮るんだ。
無駄な性行為シーンがないのもいさぎいい。

ただ、すごく残念だったのは、通行人があまりいなかったこと。
いや、ゼロばかりではなかったけど0~4人くらいでとにかく少なかった。
もっと見られてほしかった。

あと何より残念というかマジかよ、っておもったのが値段。
当時VHSだったんだが、60分くらいで1万円くらい。
レンタルはないし、値引きしてるショップもないしで、定価で買うしかなかった。

一体、いくらつかったんだオレ

それが今では、DUGAさんとかで安く見れちゃうんだからねえ。
画質が当時のままなんでアレだけど。

さらに別の作品だけど、やっぱりこれとかさ、

15100407.jpg

これ

15100408.jpg

この距離感、ギャラリーの量で歩行してるのを撮ってるのがいかにスゲーか。
アップ画像とくらべれば歴然だろ。

制作者も分かってるはずなんだよ。
だってジャケットはそういう絵なんだもん。
でも実際の動画はそうじゃないって、まったく理解できなかったな。

でもさ、ほんの少しでも撮影の仕方をかじってみるとなるほどなとおもったよ。
画面上のどの位置に被写体をとらえるか、とか。
どのくらいの大きさで被写体をとらえるのがわかりやすいか、とか。
伝えたい部分をどのくらいの大きさでとらえるか、とか。

AVは基本的に、女との密接な距離を大事してるんだろうな。
迫力も伝えたいからどうしてもアップばかりなる。

だからしっかり勉強したり、キャリアが長いカメラマン(または監督)ほど、
画面を被写体で埋めつくそうとするんだ。

オレは、撮影に関しては幼稚園レベルの素人だから、逆に新鮮なもんが撮れるんじゃね?とおもっている。
撮ろうとしてるのは、映画やテレビ番組じゃねえ。
AVだからこそ、常識をくつがえす手法が通用すると信じてる。

海外に目をむけて野外露出を探すと、さすがだね。
ちゃんとツボをおさえて作ってるサイトがあるよ。
ありえないほど遠くから撮ってみたり。
でっかい交差点の向こう側から全裸で歩いて来させたりとかさ。
それを2台のカメラで撮ってたり。

やっぱり海外のほうが一歩先をいってるかんじだよな。

無題3

オレもいつかはこんな作品を・・・とおもうけど今の日本じゃ1000%無理だな。

まずは、合法的に自分の手法でCFNMの作品をつくっていくよ。

AVの野外露出もの

オレが泣かされてきたAVのジャンル・・・・野外露出。
露出ものがCFNMやCMNFになるか?という厳密な話はおいといて。
露出というジャンルについて語ろうとおもう。

(野外)露出の歴史はけっこう長く、今から15年以上も前から始まったんじゃないかなあ。
セックスばかりのAVだった時代から、フェチや特殊な趣向に合わせた作品が爆発的に増えていた頃。

全裸にコートで、パパッと裸をさらしたり、無色透明の雨合羽を裸の上に着て外を歩きまわったり。
野外露出ものが世にでたときは、おお!と思ったものだ。

本来、公衆の場で野外露出していいのか?ってはなしだが、作品はリリースが続いた。
しかも当然、内容はより過激なものを求められていくよな。

でも当然、犯罪スレスレというか、グレーっぽいラインでの苦しい制作だったのだろう。
やがてジャケットだけ過激にして、内容は全然ダメという時代がきた。


たとえばこれ。

激露出10

一見、スゲーよな。
でも知ってる人は「フ、懐かしいねえ」なんておもうだろう。
全然ダメなシリーズのひとつだった。

あたかも、あらゆる場所を全裸で歩き回っているのか?と期待してしまう。
だって、合成と思えないし、完全に全裸だし、一か所じゃないし。
「超過激」とか「激露出」とか
「NON STOP EXPOSURE」なんて書いてある!

でも実際に買って見てみると、ひでーのなんの。
「NON STOP EXPOSURE」って意味分かって書いてんのかよ!って。

からくりはこうだ。
全編のほとんどは水着みたいな下着を来て、ずーっと散歩みたいに歩き回る。
食堂に入って食事したりする。
ひとに絶対みつからないような場所でようやく、裸になって男といちゃついたりフェラしたりセックスしたり。
車の中で同じく、裸になって男といちゃついたりフェラしたりセックスしたり。
そんなシーンが全編の95%くらいだ。

で、のこりの5%くらい、時間にして5分くらいがジャケット用の写真撮影。
ジャケットの95%くらいを占めている面白そうなシーンが、じつは本編では5%くらいって・・・
逆じゃね??

しかもこのシーンって、直前までコートを着てたり、車にいたりして、
「せ~の」で、パッとその場所へ行ってパッとコートを脱いで、パパッと写真を撮ってサッと車に帰る。
時間にして数十秒とか数分。これを何か所かで繰り返してジャケットが完成している。
マジックの種明かしみたいに、分かってしまうとくだらねえ。
なるほどそういうことかと。
マジックをうまく見せるほど、見せられたほうはコロッとひっかかる。

でもな、ジャケットのシーンって一応、合成とかのインチキでもなければ、本編に無いわけではないんだよ。
だから、その一瞬のシーンを楽しみに、つい買ってしまうんだ。
新作のパッケージを見ると、「これは前作より良さそうだ」って騙されちゃう。
繰り返し騙されつづけてしまう。
メーカーやシリーズを変えて、たくさんのこういった露出ものがリリースされた。
「今度こそは」と期待して買っちゃう

一体、いくらつかってんだよ、おれ。

でもそんななか、よくここまでやった!と5分くらいスタンディングオベーションをしたくほどの作品もでてきた。
まあ、ごく少数だったけど一線を越えかけた作品もリリースされたわけだ。

15100307.jpg

ようやく本物の野外露出の時代が来たか!
これからどんどんエスカレートしろ!と期待と股間を膨らましていたら・・・・

これ↓。

無題

15100306.jpg

なに、これ。
前代未聞の背景モザイク。
終わったな・・・・とおもった。これやっちゃあダメだろ。
野外露出というジャンルの終焉をかんじた。
なにかしらの圧力というか、規制がはられたんだろうな。

実際、このころを境に過激さは低下していき、ジャンルとしても衰えていった。
今も(野外)露出というジャンルはあるが、かつてのような過激さはみをひそめている。
おりしもプライバシーの侵害がうるさい時代となり、なんでもないテレビ番組でも背景モザイクが当たり前となった。

まあ、昔の生き残りの作品を、動画サイトから今も見れる作品があるので見てない人は見てみるといい。
伝説的な作品を、DUGAさんなどから見ることができる。

アダルト動画 DUGA -デュガ-

「この作品スゲー!」とおもっても、もう新作はリリースされないことを承知しておけ。




「家に来た女子にセンズリ露出「CFNM」してみた。 お嬢様女子校生編」自己作品第一弾

「家に来た女子にセンズリ露出「CFNM」してみた。 お嬢様女子校生編」
自己作品第一弾の紹介。

15101101.jpg

偶然を装って女子に露出してやろうと思い、自宅の部屋掃除としてアルバイト募集を掲示板に載せると、女子校生がヒット。入浴前を装い、腰タオル一枚で出迎えたら、来たのはおとなしそうなお嬢様女子校生!掃除の説明をしながら、わざと何度もチンコをチラ見せすると興味津々。シャワーを済ませたら今度は全裸で掃除チェックだ。すっかり引き込まれた女子校生に足コキを教えながら、センズリ、勃起、射精を見せつける!


まずはやっぱり女子校生だろ。
最近さ、熟女ブームだとかでAVも熟女がはやってるらしいけどさ、どうなのよ?
そりゃあ、セレブっていうか、なんか品があって美しいとかさ。
人妻とはおもえないっていうか、年齢より若く見えますね、みたいにかわいらしいとかさ。
そういうのは惹かれるとこあるけど、ただのおばさんってなあ。
ふつうっぽいおばさんほどいい、ってほんとかね?
オレもいい年齢だけど、まだそれがいいとは思えねえし、今後もないとおもうわ。

おまけにセンズリ鑑賞まで「熟女・人妻」のブームがきちゃってんだから、あきれちゃう。
いや、「美人」ならいいんだけどな、見てみるとそうはいかない。
そもそも熟女で美人でAV出る人って、相当限られてるだろ。そうそういないよ。
ふつうのおばさんが、センズリ鑑賞して夢中になってても、オレは入ってこなかったな。
露出狂の心理としては、ターゲットは若い子だとおもうんだけどな・・・・。

さて、本編は玄関からはじまる。
訪問者に対して、シャワーを浴びる直前だった住人はこう迎える。

15101102.jpg

服を着なおすのがめんどうだから、タオル一枚でお出迎え。
よくあるよな、こういうこと。
いってみれば、男版超ミニスカ状態なわけで、女の子もソワソワして目のやり場に困っちゃう。
とにかく、そういうタイミングだったんで、この格好のまま部屋へ。

15101103.jpg

女の子も一瞬ドキッとするけど、まあそのまま部屋にあがっちゃうわな。
んで、タオル一枚のまま掃除の説明する。

15101104.jpg

落ち着かない足の動きと、子供っぽい内股。
萌える。

そんで「こんなふうに掃除をしてくれ」みたいにして、じっさいに動き回って説明するんだけど。
なんせ、超ミニスカだからねえ、中が見えちゃうよな。

15101105.jpg

15101106.jpg

と言っても、見せパンなんか穿いてるハズがない。
見えちゃうのはもちろん、見せチンポだ。
たっぷりチラ見せを楽しむ。

説明がおわると、住人の男はシャワーを浴びにいく。
ただ、自分が見れないとこでちゃんと仕事をするかどうか不安だから、男の友人に動画撮影させてもらうことになる。
お嬢様女子校生といえども、信用してないわけだな。
この男が信用できるのは、すべてをさらけ出せる露出狂だけなのかもしれない。

15101119.jpg

もっともらしいことを言って掃除の動画撮影を開始。
でも実際には、必要以上に接近してこんなのを撮ってたりする。

15101107.jpg

清潔なイメージのお嬢様三つ折りソックスが、ちょっぴり汚れてる。

男がシャワーを終えると、なんとタオルなしの全裸で登場!
びっくりして恥ずかしげな女の子。
平静をよそおいながら、うっすら楽しそうな男。
フルチンのまま、掃除の出来をチェックする。
フルチンワールド開始だ。

15101108.jpg

フルチンワールド全開までくれば、しめたもんだ。
「勃起を見せてあげる」と言えば、逃げ出すどころかパンチラで応援してくれる。
男が遠慮なく、目の前でチンポをしごきはじめると、みるみるうちに完全勃起!早!

15101109.jpg

15101110.jpg

女の子もつられたのか、おもいっきりパンツ露出。
超勃起をまじまじと見てる。
・・・・っていうか、この勃起。

15101111.jpg

これじゃ分かりづらいけど、チンポの先端にキラリとひかる雫が、垂れそうなほど溜まってる。
そりゃ、まじまじと見ちゃうだろ、マジで。
男女が逆の立場だったらと考えてみなよ。
女の子が興奮したマン○を見せつけてきて、よくみたらビラビラに雫が溜まってたらどうよ。
スイッチ入っちゃうだろ?

もちろんすぐにでもチンポを握らせたいんだけど、「足でならいいでしょ?」的にまずは足でさわらせる。

15101112.jpg

踏んづけるようにチンポの硬さを確認。
するとこうなるよな。

15101113.jpg

なんのことはない。足コキを教えるために足からはいっただけじゃねえか。
なしくずし的に掃除だけじゃなくてプレーまで動画撮影していた彼。

15101114.jpg

とうぜん、こうなるわな。

15101115.jpg

センズリ鑑賞も、男が二人いればちょっと豪華だ。
見比べられるからな。

15101116.jpg

「どっちが硬い?」なんつって結局握らせちゃう。
二本とも、順番にモミモミ。
友人の方がデカいけど、硬さは果汁たっぷりガマン汁たっぷりの、住人の男の方が上だ。

ここまできたら、射精まで見せてやるのが男ってもんだ。
彼女から「見せて」なんて言わしちゃいけない。
言われるまえにやってあげるのを、英語で「レディーファースト」っていうんだ、知ってたか?
じっくり、近くで見やすいように見せてあげるのが紳士ってもんだ。

15101117.jpg

男の生理現象、射精。
快感が絶頂に達すると起こる現象、射精。
通常時のチンポから勃起、射精までの過程をみとどけて、満足気な女の子。
そりゃあ、楽しかったにちがいない。
もちろん、男も大満足。言葉をついやすまでもなく、射精が証明している。

射精後の女の子の見送りも、パンツなんか穿かない。
小さくなっていくチンポから、拭ききれなかった液体がにじみ出ちゃう。
おまけに、射精後の全裸は、本当の恥ずかしさが襲ってくる。
エロに酔っているときは、酒の泥酔に近いからな、醒めるとキツイ。
射精後の、そうしたチンポも見せきってこそ、プロというものだ。

15101118.jpg

すでに発売中のこの作品。

DVDの店頭購入なら、こちらのラムタラだ。
店舗が大きいので、探すのがたいへん。
品番「AVC-01」と書いたメモを店員に渡して探してもらおう。
すぐに探してくれる。

DVDの通信販売での購入ならこちらの、「EIC-AV」。
こちら からどうぞ。

ネット動画での購入ならこちら。
「JADE」

トップ画面検索機能で、品番「AVC-01」または「センズリ露出」で検索すれば、かんたんに見つかる。


「DUGA」

サンプル動画再生中でも、画面をクリックするとDUGAに行きます。


「ソクミル」
こちらからどうぞ。
トップ画面検索機能で、「センズリ露出」で検索すれば、かんたんに見つかる。


「Gcolle」
それぞれの画像をクリックすると、Gcolleのページへ行きます。

前編
家に来た純情女子にセンズリ露出(CFNM)前編

後編
家に来た純情女子にセンズリ露出(CFNM)後編