FC2ブログ

「羞恥病棟 小ばかにされる男たち」病院が舞台のCFNM作品

「羞恥病棟 小ばかにされる男たち」を紹介します。
16022801.jpg

CFNMはおてのもの・・・・のアロマ企画作品。
ジャケットにCFNMの文字がありませんが、CFNM作品と言っていいのではないでしょうか?

病院を舞台に、まずは患者をはずかしめる羞恥プレイ。
女医だけではなく、ナースも遠慮なく見て小ばかにします。
ふつうだったら怒るところですが、ここは妄想の世界です。
16022802.jpg

ナースが増えるのもイイところです。
16022803.jpg

センズリは絶対にほしいシーンですが、やっぱり触るのもイイものです。
16022804.jpg

そして、男性医師の強制オナニー。
男二人を並べて、三人のナースがオナニー観察。
小ばかにする感じがイイのですが、もっと離れて撮ってほしい・・・・。
16022805.jpg

男性ふたりとも、センズリ発射。
展開としては、とてもイイとおもいます。
16022806.jpg

つぎのシーンも、強制オナニー。
立ってしごいている、男目線のカメラです。
先ほどのシーンとは、変化をつけた撮り方をしたのでしょう。
でも、そうすると・・・・。
16022807.jpg

こうなる。
16022808.jpg
射精と女性の顔が、うまくおさまりません。雰囲気は伝わってきますけどね。

知的な雰囲気の女医。
複数のナースと微妙に種類の違うナース服、そして白ストッキング。
リアリティよりも、「小ばかにされる」という妄想を映像化。
内容は、なかなかイイのではないでしょうか?
ただ、やっぱりカメラが近いですな・・・・。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

2/26の「PURE~」

16022701.jpg

今回の女性はふたり。
男は・・・・あれ?また「Lady~」の露出狂じゃね?
顔が映らないし。
男が脱いでみると・・・・。

16022702.jpg

やっぱりそうじゃん。
れいの皮被りチンポ。
また「PURE~」に出演ですか。
っていうか、いまさらだけど・・・・女性のルックス、キツイね。

16022703.jpg

コスチュームはがんばっているけど、この女性にしてどうしてスクールの設定なのでしょう?

16022704.jpg

「PURE~」なので、すかさずフェラがはじまります。
このアングルは、男目線ですな。

16022705.jpg

手コキよりもフェラを重視してます。
女性陣は、「本気で」とばかりに帽子をぬいでフェラを続行します。
もちろん、帽子をぬぐのは全然OK、減点になりません。

16022706.jpg

最後は手コキ・顔射。
発射時は顔射のアップ。

いやはや、減点項目ばかりがめだってしまいました。
いまのところ、採点は100点満点を10点単位で判定していこうとおもっています。
で、今回の独自総合評価は10点と・・・・させてくだせー。

「男だけ全裸(CFNM)で、センズリ・手コキ・足コキ発射 JK編」動画配信開始情報

「男だけ全裸(CFNM)で、センズリ・手コキ・足コキ発射 JK編」動画配信開始の情報。

16021101_2016021123283238d.jpg

映像制作会社のスタッフたちだけ

16021109.jpg

全裸で

16021111.jpg

センズリ

16021121.jpg

手コキ

16021126.jpg

足コキ発射!!

16021130.jpg

JK編

16021102_201602112328330cb.jpg


「DUGA」様の動画配信が開始となりました。
こちらからどうぞ。

サンプル動画再生中でも、画面をクリックするとDUGAに行きます。

商品の詳しい紹介は、こちら からどうぞ。

2/24の「Lady~」

16022501.jpg

今回は、女性がふたり。
知的なイメージ作りのためか、メガネをかけ・・・・させられています。
とくに左の女性は、なんか不自然です。いや、べつにいいんですけどね。

16022502.jpg

いつも通り、着衣で男が現れます。
すぐに服を脱いでいきます。
パンツを脱ぐ瞬間・・・・日本のセンズリ鑑賞モノと同じですな。
半勃起のチンポを、ゆっくりためて・・・・プルンと露出。

16022503.jpg

左の女性の視線がアツい!
ものすごく見てます。何度も見ます。
パンツを脱いだ瞬間の、男のチンポの動きが、なかなかよかったりします。
ピクついてるのはもちろん、ときにはしごかずにみるみる勃起するときもあります(今回はそうならないけど)。
俳優が、泣かなくちゃいけないシーンで涙を見せるのと同じくらいの技術でしょ。

16022504.jpg

ときにはこんなショットも、挿入してきます。
足フェチユーザーのための、ワンショットですな。
っていうか、ストッキングになんか線があるなあとおもっていたら、伝線かい!!
これは、わざと?

16022505.jpg

男がみずからシコシコしてフル勃起へ。
フル勃起したところで、握っていた手を放す。
完成した勃起チンポを、じっくり見せてあげる。
そして、左右に振ってみせる。
いかにも求愛の行動のようだが、そうではない。

16022506.jpg

ひきつづき自分でシコシコして、自力射精。
右の女性の左膝のやや右にブレて見える白いのが、第一波の精液。
第二波、第三波とつづくけど、かなりドロっとしている。
自分の手についたドロっとした精液を、チンポにこすりつけるというなぞの行動でおわります。

今回は、最後まで女性が完全着衣。
いつも通りの自力発射。
発射シーンでは、女性の全身が映っている。
独自総合評価は90点とします。

「恥ずかしい体勢で手コキされちゃったM男」CFNM作品と銘打つ

「恥ずかしい体勢で手コキされちゃったM男」を紹介します。

16022301.jpg

OFFICE K'Sが「CFNM×手コキ」を謳った作品。
5つのエピソードで構成されています。

16022304.jpg

ギリギリですが、全身が映っていてイイ絵です。

16022305.jpg

興味深くチンポを観察。
その表情もイイけど、ちらっとパンチラにも視線がいっちゃいますな。

16022306.jpg

キッチンの上で大股開きが、恥ずかしい体勢。
そこへ片足を肩にのせての、手コキ発射。少々ユニークな体勢ですな。

16022302.jpg

女医の前で、全裸オナニー。
たとえチンポの診察をおこなうとしても、全裸になるひつようはないだろう。
しかも、女医の目の前でオナニーって・・・・イイネ。

16022303.jpg

これがまた、イイ表情するね。
何も置いてない机からして、完全にただのチンポ観察じゃん。

16022307.jpg

さらに、立たせて勃たせる。
この全裸と着衣の対比が、たまりませんな。
ふつうに思い描ける絵のようだけど、こういう絵を撮れるかどうかに差がでるとおもうわ。

16022308.jpg

これも、まるっきりセンズリ鑑賞をするための位置関係です。
ツボをおさえてます。

16022309.jpg

このエピソードは、自力で発射。

16022310.jpg

Sっ気がただよう女性。
男はもちろん、全裸です。そしてセンズリから。

16022311.jpg

「恥ずかしい体勢」に突入。
でも、女性もそれなりに恥ずかしい体勢だとおもうが。

16022312.jpg

なんだかんだ、サービス満点な体勢で手コキ発射。
でもあまりにもアクロバティックな体勢は、私は気が散っちゃうかも。
いや、AVでこうして観てる分にはイイんですけどね。

16022313.jpg

女子校生が二人!イイネ!
女子校生だからといって、舞台が学校というのは安直だ。
たまにはこういうのも、受け入れてみましょう。

16022314.jpg

やっぱり撮り方が、がんばって引いている方だとおもう。

16022315.jpg

携帯で撮影しちゃうという、王道のアクション。


どうでしたか?
これらの写真だけでも、CFNMのエロ本が完成しそうでしょ?

CFNMを謳わずに埋もれているデジタルアークのCFNM

16022201.jpg

デジタルアークというメーカーをご存知でしょうか?
作風は、S女M男系。ダンスなどもあり、それだけではないですけどね。
ボディコンとか、OLとか、女子校生ものが多いです。

16022202.jpg

OLと女子校生というのが、私のツボだったりします。
でも、それだけでは他のメーカーがいくらでもあります。

16022204.jpg

まず一線を画しているのが、ルーズソックスもの。
女子校生といえばルーズソックスといわんばかりに、こだわっています。
ミニスカ&ルーズでS。自然、コギャルになりやすいですな。

16022205.jpg

ミニスカから見えるパンツも、ギャル風なのがちっと残念です。

16022206.jpg

あと、このメーカーに注目する理由は、さりげなくCFNMの設定があること。
そんな表記はいっさいないのですが、CFNMファンとしては見逃せないエピソードがあったりします。
センズリ、手コキ、足コキなんてのもあります。

16022207.jpg

さらなる理由として、複数のカメラを使う場合があるという点。
そして、固定カメラで引きの絵があったりする点。
ルーズソックスにこだわっているだけに、映るように意識しているのかもしれません。

16022208.jpg

ただ、CFNMを狙っているとか、それをメインにしている、という作りではありません。
そういうエピソードが、いちタイトル中に少しだけ紛れている場合がほとんどです。
そこが、つらいところです。
パッケージを見て、「お、このシーン良さそう!」とおもっても、わずかな時間だったりします。

16022209.jpg

それでも、数あるタイトルを見渡すと、けっこうそそるシーンがあるわけです。
CFNMファンでも、見逃しているシーンがきっとあるのではないでしょうか?

16022210.jpg

このメーカーの特徴として、全体的に暗い印象というのがあります。
というのも、「パッと明るい照明のもとで撮っている」というのは、あまりありません。
なぜか、暗い所で撮る傾向があります。
これも、個人的につらいですね。

16022211.jpg

強く勧められるタイトルを思い浮かべるのが、むずかしいです。
でも、こんなのがあるの知ってた?というシーンがあったりするので、また機会がありましたら紹介したいとおもいます。

「PURE~」過去作品独自傑作選1

「PURE~」の過去作品から、独自傑作選を紹介します。

16022101.jpg

とある公園のベンチ。
男がベンチにすわって、新聞を読んでいます。
でもこのベンチ、とてもそうとは見えない汚なさなのに「WET PAINT」という紙が貼ってあります。
「ペンキ塗りたて」らしいです。
その注意書きが、ベンチの裏側に貼ってあります。

16022102.jpg

5人もの女性の集団が、男のそばを通りかかった瞬間。
男が勢いよく立ちあがると、ズボンがベンチにくっついていて脱げてしまいます。
というか、結果的に下半身裸になってしまいます。

パンツも脱げた?いや、もともと穿いてなかったのか?
いやいやいや、そもそもこんな設定、マンガやコントの世界でしょう。
おもしろいわー。

16022103.jpg

当慌てたフリをする男。
このコントのようなハプニングに、女性陣がおもしろがって立ち止まります。
そして見ています。

16022104.jpg

男は、逃げないし新聞で下半身を隠すなんてこともしません。
新聞をベンチにおくと、両手でチンポを隠す露出狂スタイルに入ります。
チンポを完全に隠さないのがポイントです。

というか、ようやく分かってきました。
「WET PAINT」の不自然な注意書き。
絶妙なタイミングでのスタンドアップ。
ペンキがズボンについてしまうというわけではなく、いきなり下半身裸になってしまう出来すぎたハプニング。
すべてこの露出狂男が考えた、あさはかな作戦だったわけだな。
この男が考えた、合法的露出というわけだ。

16022105.jpg

両手でチンポを隠すスタイルは、「見ないで」という素振りで「見てほしい」というサイン。
女性陣も心得たものです。
男を囲み、両手を払いのけて、チンポ観察です。

16022106.jpg

で、こうなる。いつのまにか下半身だけでなく、全裸になってます。
ただのチンポ観察だけじゃなくて、手コキが始まってます。

16022107.jpg

手コキだけでいかされちゃった男。
それを見ていた女性陣、笑っています。

CFNMが好きではない男性は、これは一体なんなんだ?とおもうのかもしれませんな。

2/19の「PURE~」

16022001.jpg

今回はいつものPUREらしく、女の子3人です。

16022002.jpg

まもなく男は、全部脱がされます。
テーブルが無ければ、女性陣の全身が見られるんですけどね・・・・。

16022003.jpg

左の子と真ん中の子が、かわるがわる手でチンポをイジイジしていきます。
すぐに勃起して、イイ反応です。

16022004.jpg

真ん中の子の、フェラ口激と激しい手コキで発射!
女性3人とも、イイリアクションしてます。

16022005.jpg

射精後、パンツを穿こうとしていますが勃起がおさまっていません。
でも、青い服の女の子は手きびしい!
ささっと立ち去れと言わんばかりに、脱ぎ捨てられていた男の服を放り投げて退場をうながします。
ひとによっては、コトが済んだあとのこういう冷たい態度もうれしいものなのかもしれませんな。

フェラがあったものの、着衣の女性と全裸の男性を貫き、手コキ発射。
テーブルが邪魔でしたが、女性も男性もキャスティングはイイ感じでした。
独自総合評価は、70点です。

「ぶっかけ市営バス ~女子校生編~」男の露出とぶっかけ発射

「ぶっかけ市営バス ~女子校生編~」を紹介します。

16021901.jpg

場所はバスの中。逃げられない状況です。
そこで男が女子校生に近づき、まずチンポを出す。
自分でシコシコして勃起させていく。

16021902.jpg

男は気づかれないように、というより、見せるために堂々としごきます。
当然、女子校生はまもなく気づきます。

16021903.jpg

チンポを二度見したあと、さらに何度もチラチラ見ています。

16021904.jpg

女子校生はその場から移動しようとしますが、男がそれを許しません。
そして手コキを強要します。
怖がっている(ことになっている)女子校生は、緊張した表情でチンポをしごきます。

16021905.jpg

手コキで射精が近くなると、男は自分でしごいて制服(主にスカート)にぶっかけます。

16021906.jpg

この子は通路側の座席に座っていて、通路の男の露出に遭遇します。

16021907.jpg

やっぱり最初は、ちらっと見てびっくりするようなリアクションをとります。
ここのリアクションがキモかもしれませんな。

16021908.jpg

最初のうちは、チラ見程度でなるべくチンポを見ないようにしてます。
でも、逃げられないし見せつけてくるし。
男はますますしごくし、ますます勃起するし。
で、開き直ってその様子をじっくり見ちゃってます。
いっそ、見届ける感じです。
このチンポ、最後はどうなるの?

16021909.jpg

快感がピークに達して、精液が出てきました。
射精です。
自分でチンポしごいてイっちゃいました。

16021910.jpg

この、ドキュメンタリータッチでの撮影が新鮮ですね。
盗撮とはちょっと違います。

16021911.jpg

こういう作りは、なかなか新鮮でちょっとイイナとおもいました。
女の子が手コキをしてしまうところがちょっとできすぎですが、あくまでもソフトな内容にとどめています。
ただ、バスの中での撮影は、撮影用の光の確保とか大変でしょうね。
逆光やガラスの反射に、泣かされます。

16021912.jpg

全部で8人の被害者が収録されていて、あいかわらずこのメーカーはボリューム感があります。
「ぶっかけ」の作品と分かっていても、発射時にチンポアップ優先で女の子の顔が映ってない・・・・がとっても残念。
制服にぶっかけているシーンが重要で、そのときの女の子の表情は二の次・・・・なものなんですかね。

「女子校生編」とのことで、別のバージョンや女子校生編第2弾などを期待しましたが、次はありませんでした。


2/17の「Lady~」

16021801.jpg

キター!!
久々にチャーミングーッ!!
年齢不詳だけど、イイネイイネ~。

16021802.jpg

アレ?脱いじゃうの?
よく分からないけど、お互いに脱いじゃいました。
パンツは穿いているものの、ブラまであっさり取っちゃいました。
しかも、女性がリードする感じで。

16021803.jpg

本格的にしごく前からビンビン。
これで皮被りじゃなければいいのにね。
でも勃ちがイイのは、評価しましょう。

16021804.jpg

女性は、カメラで撮影を始めました。
どうやら、「私も脱ぐから、あなたも脱いで見せて」的なお話のようです。

カメラを向けている最中、チンポがビクン、ビクン、と動いているのがウマい。
ツボをおさえていますな。

16021805.jpg

アラ?パンツも脱いじゃうのね・・・・。
かろうじて、ガーターストッキングだけでも残してあるのが救いか・・・・。

男の射精をあおっているみたいだけど、エッチポーズがなぜか控えめです。
この横向きのポーズは、挑発になるのだろうか?

16021806.jpg

いつも通り、自力発射。
最近の傾向通り、チンポと顔のアップで発射。

16021807.jpg

だけど、発射後すぐに、もう一台のカメラにも切り替わります。
ギリギリのタイミングで、引いた絵も楽しめます。

下着まで脱いでしまうのが大変残念です。
でも、モデルとストッキングの好みを加味したい。
というわけで、独自総合評価は70点です。


「NIP」過去作品独自傑作選1

最新作品ではなく、過去作品で是非とも紹介したいものを挙げてみます。

16021601.jpg

かなり前の作品です。
この頃はまだ、旧サイトのやり方を引きずっている感じで、撮影場所が屋内もありました。
エスカレーターに全裸で乗っている絵というのも、イイものです。
しかもちゃんと、見ている人がいる中での撮影です。

16021602.jpg

エスカレーターで上がりきったフロアーを、ゆっくり歩いていきます。
通行人もけっこういます。

16021604.jpg

やがて建物から出て、屋外に移ります。
建物を出た通りも、けっこうな人通りです。

16021605.jpg

歩いているうちに、青空市場みたいなところに着きます。
そこをねり歩きます。
とにかく人が多いところを選んだかのようです。
ちなみに、ブーツにいれた花は、意味がありません。
おもしろくもないし、興奮もしません。
冗談というか、気まぐれでいれてみたみたいです。

16021606.jpg

さらにまた、屋内に舞台を移します。
露出というと「野外」であってほしいものです。
でも、このように、公然性が高いところであれば別です。
舞台に変化がついて、内容に深みが増します。

この当時のように、最新作にもデパートなどの屋内撮影をまぜてほしいと、切におもいます。

「露出 at nagoya 三井えり」過激路線バリバリ時の作品

「露出 at nagoya 三井えり」を紹介します。

16021501.jpg

当時、過激そうなジャケットをひっさげて、多くの露出作品がありました。
シリーズ化されたものも、少なくないです。
それほど、野外露出モノはブームとなりました。

でも、そのほとんどは、ジャケット撮影用の露出というのがほとんど。
ひどいのは、ジャケット写真のシーンが、結局無かったなんていう作品もありました。

この「露出 at nagoya」シリーズは頭一つ以上出た、革命的なものでした。
当時のほとんどの作品は、「もっとやれよ!」「なんでここで終わりなんだ!」「人が来たら逃げるって・・・・」というストレスが募るものばかりでした。
そんな中、むしろ「そこまでやるか」と感心させられる、おもいきったチャレンジ精神は称賛に価しました。

16021502.jpg

当時、ジャケットに何度もだまされた私の、ひとつの教訓は「羽織るものを持っているジャケット写真の作品はダメ」というのがありました。
でも、この作品はさすがは「露出 at nagoya」シリーズ。
ビビリまくって、すぐに羽織ってしまうというくだらない作品とは違いました。

16021503.jpg

まあ、それでも、そのキワドイシーンの撮影時間は、どうしても1分前後ですね。
1分なら、まあがんばっている方だとおもいます。

16021504.jpg

通行人のおばあちゃんが、びっくりして振り返って見ているシーン。
カメラを2台使い、前と後ろ双方から撮影しています。
これほどのリスクを負っているのだから、そうして当然だとおもいます。
また、映像として、両方活かせます。

16021505.jpg

場所を変えて、商店街。
全裸ではありませんが、胸まで出して闊歩します。
青服のカメラを持ったひとが、前方から撮るカメラマン。

16021506.jpg

このシリーズのすばらしいところのもうひとつが、背景モザイクが無いこと。
商店街の看板はおろか、通行人にさえモザイクがありません。
もちろん、今ではもう、こんなリリースはできません。

16021507.jpg

交差点での露出。
やっぱり1分程度ですが、他の露出作品に比べれば、そこそこの時間に感じます。

16021508.jpg

アングルが変わると、2倍楽しめます。

16021509.jpg

さらに場所を変えて露出。
ボリューム感を感じます。

16021510.jpg

歩行者のメインの流れからは、ちょっとはずれた位置ですが、それでもよく脱いでいるといえます。

16021511.jpg

地下街。変化があっていいですな。

16021512.jpg

再び、ひと通りの多い歩道。
後ろから来た若者たちが、寄ってきます。

16021513.jpg

同じ場所で別アングル。
やっぱりあると嬉しい別アングル。

良い意味で、革命を起こしたシリーズです。
痒いところに手がとどいた。言いたいことをやってくれた。
これからも頑張って作ってほしいと、心から応援したくなるシリーズでした。

一方で、悪い意味で過激さに拍車をかけることにもつながります。
まもなく、素人には分からない規制とやらがかかり、背景モザイクが入ったり、公然性の喪失へと向かっていきます。

見終えたとき、不満がないわけではないです。
欲をいえばきりがありません。
でもこの作品は、傑作に違いないとおもいます。


「NIP」新作情報

「NIP」の新作がでました。

16021401.jpg

やっぱり、これだけの人数をつくっていると、モデルのタイプもいろいろですな。
じっさい、ユーザーの好みもいろいろでしょうからね。

16021402.jpg

私も、内容はいっしょでモデルのタイプがちがう、というやり方はありだとおもいます。
とくにAVの場合、それが成り立つものです。

16021403.jpg

今回も、内容的には特に目をひく特徴はなさそうですね。いつも通りのようです。
小麦色の肌で、ややぽっちゃりの女性が好きなひとをターゲットにした作品となります。
・・・・なんとなく、若さを感じないのは気のせいだろうか?

2/12の「PURE~」

16021301.jpg

役員と秘書・・・・ですかね。
めずらしく、一対一です。
というか、男は「Lady~」の男優じゃね?

16021302.jpg

男はさっさと服を脱ぎだし、全裸に。
顔が映らない男、男だけ脱衣、センズリ・・・・この展開はまさしく「Lady~」じゃん。

16021303.jpg

二台目のカメラは、彼が撮ることに。

16021304.jpg

いつもの「PURE~」の制作メンバーは、お休みですか?
まあ、たまにはこういうのもいいけどね。
ただねえ・・・・最初からおもっていたけど、濃いねー、この人。

16021305.jpg

アラ、サイトが違うから、パクッといっちゃうのね。
まるっきりいっしょじゃないってことですな。

16021306.jpg

フィニッシュは口内発射じゃくて、一応自分でしごいて顔射。
慣れない展開のせいか、モデルのせいか、スケジュール的な連射のせいか、スペルマが少なめ。

なにもかもストライクゾーンを外した今回の独自総合評価は、フォアボールで20点。

「男だけ全裸(CFNM)で、センズリ・手コキ・足コキ発射 JK編」自己作品第4弾

「男だけ全裸(CFNM)で、センズリ・手コキ・足コキ発射 JK編」自己作品第4弾の紹介。

16021101_2016021123283238d.jpg

「カメラを2台使わないと完成しません」ユーザーである露出マニア(cfnmコウ)が、自らお金を出し、企画から撮影・編集指示までおこなって、「脱がない女子に脱ぎたがる男子」をこだわりぬいて映像にした、マスターズレーベル作品。「露出プレーの雰囲気は全身と背景が映ってこそ伝わる」という主張から、カメラを1台は全身用、もう1台はアップ撮影用として2台使用した。全裸男3人をまのあたりにした女の子が動揺する様子は、顔の表情だけでなく、手足のソワソワした動きにもあらわれるという。常に全身を撮ることは絶対外せないし、既存作品に無い撮り方だから自分でやるしかないと思ったらしい。もちろん、通常時のチン○、ムクムクと膨張していくチン○、先っぽに汁が溜まり脈打つ完全勃起チン○を、何度も見てしまう女の子の好奇な視線は大事。白く細い指で、大きさ・硬さが変化していくチン○をいじくるところのアップも大事。女の子を撮れば、セーラー服と髪の香りが伝わってきそうなアップとか、脚を実際に舐めているかのような、白い太ももにうっすら存在する毛穴が、画面で確認できるほどの接写も大事。射精シーンなどで、アングルが変わるとまた違って見える点も大事。そこで2台目のカメラが、絶対不可欠だという。さらにもう一つ強くこだわったのが、「露出プレーは着衣のままの女子が相手でないと駄目」という点。女の子がどこかの段階で裸になると、男の露出プレーの醍醐味である変態性が崩壊してしまうという。そこで、全裸男とのツーショットイメージ撮影はもちろん、センズリ鑑賞や手コキ・足コキも、女の子だけ一枚も脱がずに日常のままを維持。女の子が普段の格好のままで自分だけ全裸だと、羞恥と日常の中の犯罪的露出行為に、裸同士とは次元の違う興奮を覚えると訴える。「チン○を露出したとき、勃起したとき、射精したときの女の子の視線や反応を見るのがたまらなく好きだとか、女の子のいるところでフルチンになる妄想が常にあるとか、あるいは今までの男の露出作品では撮り方に不満があったとか、そういう人が待っていた作品だと思います」とメッセージ。

舞台は、映像制作会社。
そこにやってきた女の子。もちろん、本人はヌード撮影のつもりはないし、そんな話は聞いていない。
「脱がない」と聞いているので、イメージビデオみたいなものなのでしょう。

16021103_20160211232835dfd.jpg

あやしげな社員と対面。
話し方はやさしいけど、まだ安心できない。
緊張と不安をかくせない女の子。

その社員(ディレクター。以下、D)は、CFNMの撮影だという。
とうぜん、女の子は・・・・???意味不明です。
いや、それでいい。わざと、意味不明だと分かって言ってみたのさ。
とりあえず他のスタッフを呼んで紹介し、それから詳しく説明することに。

16021104_20160211232836bfc.jpg

で、あらわれたスタッフとやらは全員タオル一枚の姿。
Dもちゃっかり、タオル一枚になってる。
女の子はちょっとおどろくも、立ち上がって挨拶して握手。

「CFNM」と、これからの撮影の説明は、文章で説明。
説明文を読んでもらう。
そのあいだに、Dが「カメラテストする」とかいいながら、女の子を撮っちゃう。

16021102_201602112328330cb.jpg

アップ撮り。
アップにたえられるカワイさ。

16021107.jpg

白くキレイな手。
ほくろさえも、カワイイ。
だめだ、全部惚れた。

16021106.jpg

あたまのてっぺんから、足先までじっくりと。

16021108.jpg

説明文を読み終えて、顔をあげる女の子。
それにしても、こんなタオルじゃチンポ見えてるだろ。

でも、女の子はだんだん分かってきた、今日のテーマが。
つまり、自分が脱がないのは本当。
脱ぐのは、このひとたちなのね・・・・。

16021109.jpg

「安心してください!穿いてませんよ!」
とばかりに、タオルをめくってみせる男性陣。
趣旨がわかった女の子は、パンツを穿いてなくても安心してます。
というか、楽しくなってきたようです。

16021110.jpg

「もうタオルいいだろ」ってことで、3人とも全裸に。
まじまじと見渡す女の子。
見ていいんだったら、遠慮なくいっぱい見ちゃおう。
「男だけ全裸」の完成である。
ここから、スタジオに移動して本格的な撮影をする。
もちろん、最後まで男だけ全裸のままです。

16021111.jpg

まずは「着衣の女の子と全裸の男、ツーショットイメージ撮影」から。
手をつないで、いい感じ。
ふつうのイメージ撮影と違うのは、男だけ全裸ということだけである。
ちなみに、撮影者(さっきのスタッフ)も全裸のまま。
つまり、全裸の男たちに囲まれて、撮影がすすんでいるわけですな。

16021112.jpg

ソファーに腰かけて、腕組み。
こんなふうに、この子とずっとすごしてみたいですな。

16021113.jpg

ベッドに移動。
性行為をするわけではないです。
仲良さそうに、手をつないでいるだけです。
こうして、まったりすごしたい。

一方のハンディカメラマンは、舐めるように超アップ撮り。
JKの脚に、こんなに近づいて見ることは、相手の了解なしには無理!

16021114.jpg

白く透きとおるようなキレイな脚に、うっすらと毛穴が・・・・。
当たり前なのに、「やっぱり毛穴があるんだ」・・・・なんておもう。

16021115.jpg

つぎは、「3人の勃起を見よう!」ってことで、女の子の前に3人が並びます。
まずは男の体を触ってみよう。
最初は乳首。
奥の彼から手前の彼まで、順番に。

一番目の彼、乳首は固くなるかな?
乳首はわかりませんが、少しずつ、チンポが反応してきてます。
・・・・っていうか、まだ触られてない二番目(真ん中)の彼、すでに勃起してます。
触る前から興奮しているのが、チンポ見るとばれちゃいますな。

16021116.jpg

三人とも乳首タッチを終えると、こんどはチンポ揉み揉み。
玉袋と竿をじっくり、たっぷり触っていきます。
玉の数を確認してるみたい。
そしてやわらかさを楽しんでいます。
竿は、まず皮をむくところから・・・・出てきた亀頭を指でツンツンしてみたり。

16021117.jpg

一通り触りおえたら、ここからが男たちの見せどころ。
しごき方、そして勃起チンポを見せよう。

16021118.jpg

フル勃起が完成。
そしたら、奥の彼のチンポからじっくり観察して触ってみよう。
硬さをたしかめようと、ギュッと握ると・・・・先っぽからなんかあふれ出ちゃうよ。

三人のものが比較できるのがイイでしょう。
こういう性教育があれば、わかりやすいのに。

16021119.jpg

勃起の観察がおわったら、こんどは射精のお勉強です。
まずはセンズリ射精を観察しましょう。

センズリには、オカズがいります。
今回のオカズは、女の子の香り。
好きなように匂いを嗅いで、思う存分しごいています。

16021120.jpg

射精を見せるんだから、これぐらいのサービスはしてくれないと。
いや、すごいサービスしてます。

16021121.jpg

気分が高まってきたら、いよいよ射精がちかい。
対面シコシコ。
顔もチンポも見放題です。

16021122.jpg

これぞ露出狂スタイル!
対面で立ったまま、ドピュッドピュッと発射。
最大化して痙攣しているチンポと、そこから放物線を描いて飛び散る精液を見て、おもわず「ヤダ~」的な笑みが。
余韻が残っているチンポと、放出された精液。
女の子、楽しそう。

16021123.jpg

つづいて、「手コキ発射を見よう!」。
女の子が手を使って、チンポをイカしてみる体験学習です。
ギュッと握ってシコシコ開始。

16021124.jpg

Dの指示で、指コキへ。
イイところを指コキします。
そう、そこ。

16021125.jpg

ソファーに座っての手コキ。
しきりに裏スジを責めます。

16021126.jpg

そして指一本の指コキで発射。
指一本で、イカすことができた。
よくできました!よくできました!
性感帯と、射精時のビクンビクンする動きをインプット。
手にくっつく精液。その質感と匂い。
見て触って学習するのが一番です。

16021127.jpg

最後はフェチの学習です。
「足コキ発射を見よう!」
まずは、脚を舐めまわしたり、頬ずりしたり。
そして足の匂いを嗅ぎながら、センズリ。

16021128.jpg

勃起してきたら、足コキしてみましょう。
「足でやって気持ちいいの?・・・・むずかしいです」
大丈夫、足フェチ男はそれでもビンビンです。

16021129.jpg

がんばって両足を使っています。
両足のぬくもりを感じて、男は気持ちよさそう。
いや、ぬくもりを感じているのは女の子の方か?

16021130.jpg

ときにはスリスリ。ときにはグリグリ。
ますます硬くなり、ビクンと反応するチンポは、足にも伝わっているはず。
そう、フェチ行為は、挿入しなくてもこんなにもビンビンになるのです。

むずかしいといいながらも、しっかり裏スジ集中攻撃。
たまらず、フィニッシュ。
足でやっても射精することを、実体験できました。

あ、これは性教育ビデオではありません。
CFNMビデオです。

「チンポを露出したとき、勃起したとき、射精したときの女の子の視線や反応を見るのがたまらなく好き」

「女の子のいるところでフルチンになる妄想が、常にある」

「今までの男の露出作品では、撮り方に不満があった」

「脱ぐのが好きなのは、見せてあげる為」

そういう同志たち、ぜひ観てみて下さい。




さて、現在のこの作品の購入方法は以下のいずれかです。

DVDの店頭購入なら
「ラムタラ」
公式HPはこちら
お近くの店舗でどうぞ。
店舗では、商品番号の「AVC-04」と書いたメモを店員さんに渡すと、すぐに探してくれるはずです。

以下の店舗でもどうぞ。
「スターブック 日本橋店」
「横浜書店 仲町台店」
「横浜書店 八日市場店」
「サイビジョン 北店」
「SLUM 池袋店」



DVDのネット通信販売での購入ならこちら。
「EIC-AV」
こちら からどうぞ。

ネット動画配信での購入ならこちら。
「JADE」

トップ画面検索機能で「男だけ全裸」で検索すると、すぐに見つけられます。


「ソクミル」
こちら からどうぞ。
トップ画面検索機能で「男だけ全裸センズリ」で検索すると、すぐに見つけられます。


「DUGA」
サンプル動画再生中でも、画面をクリックすればDUGAに行けます。


「Gcolle」
その1/6
男だけ全裸で、センズリ手コキ足コキ発射!その1/6

その2/6イメージ撮影編
男だけ全裸で、センズリ手コキ足コキ発射!その2/6イメージ撮影編

その3/6チ○ポ見比べ編
男だけ全裸で、センズリ手コキ足コキ発射!その3/6チ○ポ見比べ編

その4/6センズリ発射編
男だけ全裸で、センズリ手コキ足コキ発射!その4/6センズリ発射編

その5/6手コキ発射編
男だけ全裸で、センズリ手コキ足コキ発射!その5/6手コキ発射編

その6/6足コキ発射編
男だけ全裸で、センズリ手コキ足コキ発射!その6/6足コキ発射編


サンプル動画(ロング)

2/10の「Lady~」

16021102.jpg

どういう設定でどういう関係なのか、わかりません。
テーブルの上にはエロ本がちらかっています。

いつも通り、男は着衣のまま登場します。
すぐに女性に、なにやら言われて、服を次々とぬいでいきます。

パンツ姿になると、パンツには濡れたシミがあります。
それを見た女性の反応が、なかなかよかったです。

16021101.jpg

パンツを脱ぐと、しきりにチンポにかぶせたりします。
しごきはじめる前から、勃起してます。

16021103.jpg

ときどきピクンと動くチンポにむかって、なにか言ってます。

16021104.jpg

チンポをしごいて、センズリをはじめます。
女性は、チンポの様子を見るより、男の顔ばかりを見て、なにかをマシンガントークしてます。
ここにきて、ようやくのみこめてきました。
どうやら、言葉責めのようですな。

16021105.jpg

今回も発射の瞬間は、女性の顔とチンポのアップ。
せっかく2台のカメラで撮っているのだから、両方の映像をいかせばいいのに。

発射時の女性の顔は、日本風だと「おえ~。キモ~」ってな感じですかね。

個人的には、苦手なリアクションです。
ビックリされたり、笑われたり、恥ずかしがられるパターンがイイですな。

というわけで、今回の独自総合評価は30点でした。

「nude in public tv」・・・・衝撃を受けた海外野外露出サイト

「nude in public tv」を紹介します。

16021004.jpg

日本の野外露出ビデオが全盛期の頃・・・・、とうとうこのサイトに出会えたのでした。
日本のAVで、何度も何度も何度もジャケットにだまされて金をつぎこんだ「野外露出」。
世界に目をむけ、このサイトを知ったとき、私はとうとう海外有料サイトに足をつっこんだのでした。

16021011.jpg

初めての海外有料サイト、さすがにさんざん悩みましたよ。
まず仕組みが分からない。
入会画面が分からない。
退会するにはどうしたらいいのか、分からない。
カード番号と氏名を入力して、ほんとうに大丈夫なのか?

さすがはエロパワー。なんとかなるもんですな。
エロさえあればなんでもできる!
無事入会できて、数ある動画ファイルが見放題になったときのうれしさ!
なつかしいですな。

16021001.jpg

全裸の女性が、街中をねり歩く。
しかも、基本的にモデルの全身はもちろん、まわりのギャラリーもたくさん写しながら。

16021002.jpg

こちらはデパートみたいなところ。
上りエスカレーターに乗ったガキンチョが、目をうばわれて逆歩行して降りてきた。
そりゃあ、そうでしょうな。私だって同じうごきをしたでしょう。
そう、そして私がするであろう行動と同じことをします。彼はしばらくついてきます。

16021003.jpg

歩きながら建物をでると、そのまま大勢の通行人がいる中を、ひたすら歩きつづけます。
このサイトの初期の作品では、子供の顔にはモザイクがかけられていました。
でもすぐに、「そんなのカンケーねえ」になりました。

16021004.jpg

数えきれない人混みのなかを、全裸で歩いています。
しかも、ほとんどの女性がパイパンです。
エッチポーズやエッチアクションをしないですが、パイパンというのは「見せている感」が強くてイイですな。

16021007.jpg

このときは、さすがにふりかえる人が多いです。
でもなぜか、おおさわぎにはなりません。
日本だったら瞬時に通報されて、逮捕されて、全国レベルの大ニュースになっちゃうでしょう。

16021008.jpg

上の画像と同じ女性の画像。
後ろ姿もイイものです。

16021009.jpg

ハンパない放置の距離。
こんなことできる女性、日本にはいないのではないでしょうか?

16021010.jpg

ひとり、全裸で放置される心境とは、どんなものだろう?
なんか、うらやましいですな。
こんなふうに街中を全裸で歩くって、どんな気分だろうか?

16021012.jpg

別の女性編。
むこうの、人が多い方へむかって歩いています。
ひと気の少ないところから、ひと気の多いところへむかって歩いていく、ドキドキ感がたまりません。

16021013.jpg

シャレのつもりでしょうか?洋服店の洋服を、選ぶフリをして眺めたりします。

もうお気づきでしょう。
NIPにそっくりです。内容・作りが、ほぼ同じです。
このサイトは2009年頃に更新がとまり、その数年前からNIPが始まりました。
おそらく、NIPの前身だとおもいます(独断ですけど)。

このサイトは、更新がとまっていますが、入会はまだできるかんじです。
ただ、画質がやっぱり見劣りします。NIPは圧倒的高画質だから、なおさらです。
このサイトの作品が、NIPよりイイネとおもう点。
それは、人混みの繁華街の作品があることですかね。
NIPは、観光名所みたいなところが多い気がします。
それだけに、日常的と芸術的という差が感じられます。

この制作チームが、エロ行為をさせない点は当時から今に至るまでかわりません。
男のモデルも、ひとりも見たことがありません。
だからこそ、「通報」→「逮捕」→「全国ニュース」にならないのかもしれませんな。

「露出 at nagoya ゆり 古賀さち」伝説の露出作品シリーズ

「露出 at nagoya ゆり 古賀さち」を紹介します。

16020801.jpg

野外露出マニアのあいだでは、あまりにも有名なシリーズ。
野外露出作品の規制がかかる直前までがんばり続けたシリーズ。
そのひとつを紹介します。

16020802.jpg

当時、最初のリリースはVHSでした。
DVDでの再発売で、2人分のカップリングとなりました。

16020803.jpg

「ゆり編」は、まだ過激作品になる過渡期でした。
ギャラリーが、まだあまり映らない作品。
ただ、セーラー服にルーズソックスでの露出が、他に無いイイところでしたな。

16020804.jpg

いっぽうの、「古賀さち編」は一変。内容がすごくなります。
この一見なんなのか分かりづらい絵。
じつは・・・・。

16020805.jpg

こんなポーズ。
胸を出して、開脚オマン○露出。
通行人がその前を、通っていきます。

16020806.jpg

こんどは、場所を変えて交差点。
この場所で、一旦全裸になる着替えをします。
なんでこんなところで着替えかって?もちろん、露出のため。

16020807.jpg

一旦全裸になるところがポイント。
このドキドキ感がたまらない。野外露出ならではのスリルです。

16020808.jpg

この作品(シリーズ)のすばらしいところは、カメラを2台使うところ。
別アングルでの撮影もアリ。

16020809.jpg

また場所を変えて、ジャケット用露出撮影。
けっして長い時間ではないですが、まあまあスリルが味わえる時間ではあります。

16020810.jpg

もちろん、2アングル。

16020811.jpg

カメラからかなりの距離をとった、横断歩道の全裸歩行。
ここまで距離をとっての撮影は、かなりがんばっています。
ムチャしてます。すごく冒険しています。

16020812.jpg

もう一台のカメラは、顔の表情がわかるほどの大きさで撮影。
大通りの横断歩道を歩いて渡る一部始終を撮っているので、なかなかの時間です。
他の歩行者がほとんどいませんが、車からの視線は相当なものでしょう(想像)。

VHSの頃の作品なので、高画質は望めません。
でも、いまもネット配信で見ることができる貴重な作品。
野外露出作品の、傑作のひとつでしょう。

「おしおき 強制オナニーと手コキで2回連続イかされ潮まで吹かされちゃう僕」2連射プラスαの内容

「おしおき 強制オナニーと手コキで2回連続イかされ潮まで吹かされちゃう僕」を紹介します。

160207.jpg

ジャケットからの想像とおりです。
女性は完全着衣です。

16020702.jpg

6つのエピソードで構成されています。
「バイト仲間」
「家庭教師」
「クラスメイト」
「ナース」
「お姉ちゃん」
「女上司」

16020707.jpg

どの話も、「強制オナニー発射」「手コキ発射」「亀頭責め潮吹き」という連続攻撃の内容です。
「おしおき」というタイトルだけに、男にとっては快楽どころか苦痛な展開・・・・。
いや、10代20代の血の気というか痴の気がおおい男にとっては、快楽でしかないかもしれない。
これを「おしおき」とおもうのは、30代以上の発想??

16020708.jpg

「強制オナニー」は、基本的には自力発射です。
でも、中には発射時だけ手コキの場合もあります。

女性の見た目の良さは、かならずしも高レベルではないかもしれません。
でも、萎えるほどでもない。
となると、重要なのは衣装であり、ルーズソックスである。

16020703.jpg

家庭教師編。
一見すると、ストッキングをはいていることを期待してしまいます。
でも、よく考えたら家庭教師ですから・・・・ザンネーン!

16020704.jpg

しゃがんで、じっくり観察プラスパンチラ。
強制オナニーで、目の前のデスクみたいなところに放出。

16020705.jpg

2連射目は、パンチラでの手コキ発射。
2連射目でも、精液の量はしっかりしています。

16020706.jpg

そして、すぐに亀頭責めして潮吹き。これがキツイか?快楽か?
まあ、やっぱり射精がおわったら、そっとしておいてほしいですな、私は。

16020709.jpg

「女上司編」
男がどのポーズでオナニーするのか、毎回同じにならないように工夫されています。

16020710.jpg

見下すような表情がウマいです。
そして、ちゃんと観察しています。
カメラのアングルも変えています。

16020711.jpg

男の股の間にはいって、手コキ。
男の羞恥と、パンチラの一石二鳥の技です。
さりげなく靴をぬいでいます。靴はぬいでよし!

この作品の特徴として、男の顔を映さないというのもあります。
「男の顔をうつすな!」というユーザーもいるようですね。
私はどうでもいいですけどね。というか、隠されると気になるタチなので隠さない方がいいかな。

シリーズ化はされませんでした。
売り上げがきびしかったのか、内容がきびしかったのか、両方なのか、分かりません。



2/5の「PURE~」

16020606_201602060456434d1.jpg

女性たちの前にあらわれた、男性2人。
はおっていたものを脱ぐと、すでに2人ともビンビン。
そりゃあ女性陣もおどろきます。
そして楽しそう。

16020607.jpg

女性陣が「魅力的か?」「好みか?」という問題が、ないわけではない。
でもストッキングという衣装が見逃せません。

16020608.jpg

開始早々1分過ぎには、下着姿&フェラ。
下着姿は、左の彼のオカズという設定。
下着を見せるのはいいとおもうけど、服を脱いで下着姿になっちゃダメですな。

16020609.jpg

左の彼は自力発射。ピュッピュッと、イイ勢いで放出。

16020610.jpg

右の彼は、フェラのあと、ものすごいピストン手コキで発射。
5人のリアクションがイイです。

結果的に、左の彼がセンズリ発射。
右の彼が手コキ発射。
下着姿にさえならなければ、けっこうイイ内容でした。
発射のとき、チンポアップにならなかったのが高評価です。
独自評価は80点。

2/3の「Lady~」

16020403.jpg

インタビューでしょうか?
女性と話しているうちに、まもなく男は全裸になります。
いつも通りの、無毛皮被りチンポです。

16020404.jpg

一瞬ですが、アングルを工夫しています。
だいたい2、3種類の角度からスイッチして仕上げています。

16020401.jpg

すっかり勃起すると、左右にフリフリして見せます。

16020402.jpg

いつも通り、自力発射。
今回のその瞬間は、顔とチンポのアップでした。

モデルの評価がむずかしい。
独自総合評価は60点でした。




「せんずり見学レディのお仕事」実にオナクラチック

「せんずり見学レディのお仕事」を紹介します。

16020201.jpg

「オナニークラブ」とか「オナクラ」とかという言葉がいっさいありませんが、「オナクラ」そのものに近いプレーです。
「オナクラ」が先だったのか、この作品が先だったのか、内容はすごくそのものです。

AV作品では、いまに至るも純粋な「オナクラ」モノは、ほとんどありません。
オナクラで禁断のプレーを楽しんじゃう!みたいな、結局SEXまでもってっちゃうのが多いですね。
そういう意味では、この作品は希少価値のあるもののひとつです。

16020202.jpg

「電マ&オナホールサービス」
「言葉責めサービス」
「コスプレ見学」
「スポットライト見学」
「ちんちん凝視サービス」
「集団オナニー見学」
「出張見学サービス」
と盛りだくさんの構成。6人の女の子が登場します。

16020203.jpg

この子は言葉責めサービスの子。
現行のオナクラでのサービスにもある、箸などでチンポをつまむプレー。
私的には、つままれてもねえ・・・・。

16020204.jpg

自力発射。
やっぱりプロの仕事はこうなりますな、顔アップ。

16020205.jpg

出張見学サービス編。
仕事をしているフリの男は、すでに下半身だけ裸。

16020206.jpg

書類をみせるも、チンポ越し。
もちろん、書類を見せているんじゃない、チンポである。

16020208.jpg

ここは手コキ発射。やっぱり顔とチンポのアップ。

16020209.jpg

射精後の余韻シーン。この大きさで発射を見たかった。

16020210.jpg

集団オナニー見学編。2人でも集団です。
いや、皮肉を言っているのではないです。2人でもOKです。
男のチンポのビクンビクンがすごいです。動きまくっています。

16020211.jpg

素足じゃなくて、ストッキングをはいているところがご丁寧。
そそられる足だなとおもっていたら・・・・。

16020212.jpg

やってくれたよ、足コキ。うれしい誤算です。ジャケットにないシーンです。
千作に一作あるかないかですな、ジャケットからの期待を、越えた内容ってのは。

16020213.jpg

2人協力プレーで、チンポの裏をスリスリしています。

16020214.jpg

ここは、足コキ発射でもいいかなとおもいますが、2人協力手コキ発射でした。


オナクラ(せんずり見学レディ)のコンセプトを大事に、女性着衣・ソフトサービスをまもりぬいた珍しい作品。
このころ、SODでは「○○レディのお仕事」シリーズとして幅広くリリース。
そのひとつとして、この作品が出ました。
他の「お仕事」で第二弾以降もリリースされたものがあったので、「せんずり見学レディ」もおおいに期待したのですが、次はありませんでした。
AVとなると、やはり過激な路線じゃないとダメなんですかね?