FC2ブログ

3/30の「Lady~」

16033101.jpg
これは、制服ですかね?学生なのか、職業ものなのかわかりません。

まあ、いつも通りの立ち位置で、始まります。
ただ、今回はどういうわけか、女性から脱ぎ始めます。
16033102.jpg

下着姿まで脱いでしまうと、エロポーズで男を挑発してきます。
ひとつ気になるのが、ストッキングの伝線。
これは、わざとなんでしょうか?演出??
ちなみに、私は伝線には萌えません。萎える方です。
16033103.jpg

男も脱ぎ始めます。
れいによって、最後の一枚、パンツを脱ぐとプルンっと半勃起のチンポが。
16033104.jpg

そしてシコシコ。見つめる女性。
16033105.jpg

まもなく発射。
今回は、あまり勢いがありません。
全身が映ったカメラでの発射は、ありがたいのですが・・・・。
16033106.jpg

射精後の余韻にひたる男。
それを、椅子に座りなおして見ている女性。
16033107.jpg

カメラワークは、よかったと思います。
女性の見た目の好み、あまり工夫のない設定、早々に下着姿になってしまう女性、見つけてしまった伝線・・・・
独自総合評価は、20点です。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

「露出バカ一代12」着替えに特化した露出もの

「露出バカ一代12」を紹介します。
16033001.jpg
過激野外露出作品として、伝説のシリーズ。
「at nagoya」と競争するように、過激路線を追求したシリーズでした。
おそらく、規制がかかったきっかけの作品シリーズのひとつとおもわれます。

ジャケットからはピンとこないかもしれません。
でも、この作品ならではの、ある特徴があります。
それは、「着替え」。
公共性の高い場所で、一瞬の全裸を含めた着替えを行なう行為です。

当時の野外露出ビデオでは、ときおり見ることができるプレーでした。
脱いでいく緊張感。パンツを脱いだときのドキドキ感。
この作品は、それを特集した作りの作品と言えます。
16033002.jpg

普通の格好をした女の子。
すぐに一枚一枚脱いでいきます。
パンツまで脱いで、全裸になります。
16033003.jpg

全裸になったら、もっと車道側へ行けと指示されます。
そして次の衣装、ブラから手渡されます。
16033004.jpg

パンツよりもブラを先に身につける女の子。
少しでもアソコを露出させようとする、製作者の狙いでしょう。
イイアイデアです。
16033005.jpg

つぎの服を着るまでが、収録されています。
16033006.jpg

大通りを挟んでの、着替えシーン。
カメラとの距離感が、けっこうな冒険をしているのを感じさせます。
16033007.jpg

かならず、パンツを脱いで全裸になります。
16033008.jpg

望遠で撮らなければ、これだけの距離になります。
16033009.jpg

次は、繁華街での着替え露出。
16033010.jpg

もちろん、パンツも脱いで全裸へ
16033011.jpg

後ろの方に、なかなかのギャラリーがいます。
16033012.jpg

今度は、ごく普通の歩道での着替え露出。
16033013.jpg

つづいて、交差点。
おっぱいをみせているのでは、ありません。
脱ぎはじめのシーンです。
16033014.jpg

別カメラによる、別アングルの映像。
カメラを2台使うのも、「at nagoya」に負けていません。
16033015.jpg

全裸になったところで、まるめられたブラジャーを手渡される。
からまったブラジャーに手こずって、いつまでもさらしっぱなしのアソコ。
16033016.jpg

ようやくブラジャーをつけ、スカートをはく女の子。
16033017.jpg

今度は、繁華街での着替え露出。
最後の一枚、パンツを脱ぐシーン。
さすがに、自主規制で背景モザイクをいれてます。
16033018.jpg

あわてて次の衣装を着ようとする女の子。
16033019.jpg

日も暮れて、最後に全裸歩行。
このかっこうで、商店街を歩いていきます。
16033020.jpg

別アングル。
16033021.jpg

最後の方だけに、圧巻の露出です。
16033022.jpg

ここでは、通行人の顔まで映っています。
16033023.jpg

野外露出プレーのひとつ、「着替え」は大好きなもののひとつでした。
それを、場所を変えて、何度も繰り返し撮影された本作は、お気に入りでした。
他に類を見ない作品と言って、いいのではないでしょうか。
当時、過激路線を極めた作品のひとつだとおもいます。

現在、DUGAでも購入できますが、「露出ゲリラ」というタイトルで売られています。
内容は同じだとおもいます。
オススメです。

「女子校生集団逆暴行 最近のお仕置き事情」ルーズソックス女子校生たちとM男

「女子校生集団逆暴行 最近のお仕置き事情」を紹介します。
16032901.jpg

ルーズソックスの女子校生たちに囲まれた男。
女子校生の家に侵入して悪さをしようとしたところを、捕まったようです。
男は、脱がされることに。
16032902.jpg

最後の一枚、パンツを脱ぐのを躊躇していると、早く脱げ!と怒られる。
縮こまったチンポを見て、JKたちはキャー!とかマジー?とかそういうリアクションではありません。
お笑いのボケ・ツッコミみたいに、間髪をいれずに「ちっちゃ!」っとツッコミ。
16032903.jpg

男をテーブルに寝かせると、ルーズソックスの足で顔をグリグリ踏んづけ。
強制匂い嗅ぎにも見えます。
なにげに、カメラがパンチラショットを狙っています。
パンツが見えて、ちょっとうれしい。
S女な雰囲気だけど、白系なんだ・・・・。
16032905.jpg

続いて、足でチンポをグリグリ。
足をけっこう持ち上げるため、自然にパンツが見えちゃってます。
16032906.jpg

あきらかに勃起してきたチンポ。
感触を感じたJKたちは、更に足コキ。
「なんか濡れてんじゃんかよ」って、我慢汁で濡れたソックスを男の口につっこむ。
16032907.jpg

つづいて、オナニーショー。
テーブルをステージに、ベストポジションでオナニーを見学するJKたち。
ルーズソックスの足先まで映っているのがうれしい。
16032908.jpg

角度を変えて、座った体勢でのオナニー。
ルーズソックスの足で、タマタマにツッコミをいれるJKたち。
16032909.jpg

たま~にあるケースですが、こういうときの男が、発射に時間がかかることがあります。
彼もそのようです。
途中まで早くイケと言っていたJKが、最後の最後でちょっと待った!と。
「え?もう少しでイケそうなんですけど」という男に対して、結局寸止めおあずけ。
・・・・う~ん・・・・。これもMプレー?
16032910.jpg

さて、別のメンバーのパターン。
今回は、最初から全員ソックスをはいていません。ちょっと残念。
16032911.jpg

ひとり、全裸になる男。
さっきと同じように、「ちっちゃ!」というお言葉。
短小をバカにされるよろこび、をターゲットにしているようです。
16032912.jpg

シゴキながら、JKひとりひとりの前を巡っていきます。
嫌がるJKに、見てくださいと言ってまわるM男。
16032913.jpg

一番右のJKに「足を舐めながらオナニーしていいですか?」とお願いしてみる男。
断られると「せめて足の裏のニオイだけでも嗅がせてください」と懇願。
一旦断ったJKが「じゃあほら、嗅いでみなよ」と足を男の鼻先に伸ばす。
とびつく男に、鼻が接触したとたん蹴りとばす。
おい!おい!とおもったら、それでも喜んでいる男。
一瞬嗅げたニオイに、さらに興奮してシコる男。
その変態っぷりに、ますます「気持ちワル~」という、どんよりした空気に。
16032914.jpg

この男も、JKたちの前で仰向けに寝て、オナニーショーへ。
興味津々とか、面白がるとかではなくて、終始気持ち悪がっている雰囲気のJKのリアクション。
M男にはたまらない空気でしょう。
16032915.jpg

JKのひとりが、サービスポーズをとってくれてのオナニー。
とうとう発射します。
JKたちのリアクションで発射が分かります。
発射後にチンポに接近していって、アップ画面になります。
そして、精液が映って発射したことが分かります。
16032916.jpg

DVDのパッケージに(5%)税込み9,450円と表記されています。
かなり強気の金額設定です。
そしていまも、DUGAで(8%)税込み9,720円で販売されています。
好きなひとにとっては、こういうシーンが見られるだけでも価値ある存在かもしれません。

「雪乃女王様の思春期崩壊」集団オナニーショー

「雪乃女王様の思春期崩壊」を紹介します。
16032801.jpg

ジャケット表に「集団オナニーショー」と書かれています!
こういうのだよ、見たいの。
期待がふくらみます。

時間をすすめて、集団オナニーショーのコーナーへ。
5人の男子生徒。
ズボンとパンツをおろして、並んでチンポ露出です。
イイねえ・・・・イイんだけど、ちょっとアレがキツくない?
16032802.jpg

ひとりひとりのを見ていく、雪乃女王様。
相手が女王様だけに、M男の心境は、興奮と恐怖でドキドキなんでしょうな。
16032803.jpg

M男の心理としては、どうすれば勃つのかね?
見られただけで勃っちゃうのとは、ちょっと違うようです。
・・・・っていうか、やっぱりキツイですな、アレが。
チンポの状況すら、よくわかりません。
16032804.jpg

女王様の合図で、シコシコ開始。
そう、まだルーズソックスの頃の作品なんですな。
ん?右の方にちょっとだけ別のルーズソックスが映っていますが?
16032805.jpg

じつは女王様のほかに、女の子が二人もいるのです。
つまり、この空間には、男5人と女3人いるのです。
でも、SMってのは縦社会なんですかね?
雪乃女王様作品のせいか、完全に脇役です。
そういえば、ジャケットの表を見ても脇役の二人は後ろ姿です。
16032806.jpg

チンポをのぞき込む女王様。
オナニー鑑賞には、嬉しい動きです。
16032807.jpg

一人目発射!
ありゃ?射精チンポのアップですか・・・・。女王様の顔は見えません。
16032808.jpg

ある男子生徒への制裁。
一見、オカズ用に太もものチラ見せサービスかとおもいきや・・・・
16032809.jpg

ビンタの嵐!けっこうな音が出てるので、本気で痛いはず。
髪を鷲掴みして、引っぱって、またビンタ。
ひざ蹴りも加えて・・・・これじゃあ、イケないのでは?
16032810.jpg

ようやく、後ろでおとなしくしていた脇役二人も前に出てきました。
16032811.jpg

そしてまもなく、男二人がちょっとの差で続けて発射!
やっぱりチンポアップで、女の子の顔は見れません。
どうやら、そういう趣向とちがうようです。
16032812.jpg

次の発射で、ようやく女王様のお顔が見れました。
それと、脇役の子の顔も、半分だけ。
イイ顔してるのに、もったいない。
16032813.jpg

「オナニーショー」は、だいたい予想通り・期待通りのプレー内容でした。
射精時のチンポアップ。
女性3人が同時に映るシーンが、わずか。
なかなかお目にかかれないプレー内容なだけに、ため息が・・・・。

自己作品第5弾チラ見せ

自己作品第5弾の画像を、ほんの少しだけ公開します。
いつ発売かは、まだ確定していないので発表できません。
なので、リリース情報とは言いきれませんけど・・・・すみません。
数週間以内には、DVDを発売できる見通しです。

16032701.jpg

CFNMの構図、着衣の女性と全裸の男性。
全裸でうろつく男たち!


16032702.jpg

その趣向から、その場の空間・男女の対比を大事にした全身撮り(コウスタイル)が満載!
伝えたい!このフルチンワールドを!!


16032703.jpg

今回は、OLさん。
溢れ出る品格。漂う色香。
想像してみてください。
彼女の目の前で、全裸になってセンズリすることを!!


乞うご期待!

3/25の「PURE~」

まずは、ツーショットでテレビを観てます。
半笑いの彼。
16032601.jpg

なぜ半笑いかというと、エロ(ラブ)シーンだからのようです。
となりの彼女の胸元などを見ながら、勃起しちゃってます。
16032602.jpg

と、そこへタイミングよく別の女性陣2人が、背後から現れます。
で、すぐに彼の勃起を発見。
そっとしておく・・・・わけにはいきません。
16032603.jpg

彼女たちがニヤニヤしながら前面にまわる。
と、あわててクッションで勃起をかくす彼。
生チンポじゃなくて、勃起をかくすというのが新鮮でイイですな。
16032604.jpg

正面の彼女にクッションを取り上げられて、両手で勃起をかくす彼。
でも、となりの彼女にも見られて「クスクス」。
はずかしさで、彼の顔が赤いです。
16032605.jpg

こうなると、イタズラしたくなるのが人情です。
やめて!とおもいながら、なにかワクワクしているのがM男心です。
16032606.jpg

ズルンとパンツを脱がすと、半勃起のチンポ登場。
女性陣の視線を集めるチンポ。
16032607.jpg

手コキを始めると、みるみる完全勃起へ。
はずかしさで、彼の亀頭が真っ赤です。
16032608.jpg

3人の女性が、かわるがわる手コキをしていきます。
もちろん、念願の金髪(右)の彼女も。
16032610.jpg

白い指に、赤いマニキュアが映えます。
けっこうしっかり握って、シコシコしてくれます。
16032609.jpg

金髪の彼女の手コキで発射。
イイアングルで撮れています。
女性陣の反応もイイですね。
16032611.jpg

手だけでイカすことができた達成感からでしょうか、ハイタッチする女性2人。
精液まみれの手ですけど。
16032612.jpg

女性が完全着衣のままで、フェラも無しでした。
むずかしい役どころの彼も、高評価です。
私の女性の好みと、もうひとつ何かがほしかったとおもうところを考慮して・・・・
独自総合評価は、70点です。

3/23の「Lady~」

16032501.jpg
う~む・・・・今回も濃いめですな。
S女感ただよう雰囲気は、プラス?

顔がもとから怖いわけではなく、怒っているのです。
男が提出したレポートが、ダメだったようです。
男を呼び出して、説教のようです。
16032502.jpg

で、どういう流れからか、「脱げ」ってなったようです。
一枚一枚脱いでいく男。
パンツまで脱ぐと、すでに半勃起。
今日は調子がイイようです。
16032503.jpg

男はすかさず、パンツを勃起チンポに引っかけてぶらさげるパフォーマンスを披露。
しごく前からのこの技に、女性も表情がゆるんできます。
16032504.jpg

男はパンツを取り払うと、勃起チンポをじっくり披露。
いつも通り、チンポをピクンピクンさせます。
それを見つめる女性。
そして、シコシコ開始。
16032505.jpg

加速していくシコシコ。
やがて男は背伸びをして、射精が近いサインをだす。
すると、なぜかダメだったレポートに、ぶっかけ。
女性は、射精を見たら笑みが。
すっかり怒りがおさまったようです。
16032506.jpg

今回は、精液を出しきってから、このカメラにスイッチ。
もっと早く、切り替えてほしかったなあ。
というか、いつもおもうけど、発射だけカメラの台数分リピートしてくれればいいのに・・・・。
16032507.jpg

第一印象は、美人ともカワイイともいえない、きびしいモデルさんだなあとおもいました。
でも笑顔を見ると、意外とイイ表情でした。
独自総合評価は、70点です。

「昼休みのOLさん生まれて初めてのセンズリ鑑賞」OLに特化したセンズリ鑑賞

「昼休みのOLさん生まれて初めてのセンズリ鑑賞」を紹介します。
16032301.jpg

「OLさん」ということで、事務系の制服を着た比較的若い女性がターゲット。
5人全員、制服・パンスト姿です。
16032302.jpg

昼休みだから制服なのでしょう。イイ設定です。
「生まれて初めてのセンズリ鑑賞」・・・・そこはどうかな?
ほんとうかもしれませんが、OLなんで、うるさく言うつもりはありません。
JKのようなウブで純情なリアクションは求めてなかったので、大丈夫です。
16032303.jpg

でもまあ、イイリアクションしてくれますよ、どの子も。
ただ、「チンポを見られちゃう」というより「見せつける」感じです。
戸惑ったり、ついニヤッとしてチンポを見ちゃう女の子。
その反応を楽しむ男。
完全にM男を期待するひとは、若干違うと感じるかもしれません。
わざわざ立ち上がって、目線の高さにチンポをもっていって見せるあたりが、その象徴です。
16032304.jpg

でも、やっぱり見られたいんですよね。
嫌がる女の子に、「ほら、見たいんだろ!」的な、はっきりS男のものとも違います。
泣いたり、逃げたりする子に、チンポを見るのを強要するのと違います。
一番は、「興味をもって見てもらいたい!」的な作りです。
ま、私のストライクゾーンには十分、はいっていますな。
16032305.jpg

ここまでの数枚の画像でも分かるとおもいますが、けっこう、角度を変えて撮影してます。
角度を変えると、またちょっと違ったイイ部分がでることがあるので、これはグッドですね。
16032306.jpg

たぶん、カメラは一台だとおもわれます。
その一台で、いろいろなアングルから撮っているので、工夫と苦労がうかがわれます。
16032307.jpg

やっぱり、発射時の女性の顔を重視したんでしょうな。
よくある距離感でのフィニッシュ。
この発射は、男の興奮とはうらはらに、ちょっと分りづらかった。
16032308.jpg

別の子。
16032309.jpg

やっぱり撮り方(アングル)を、よく考えています。
「オレだったらこう撮る」というこだわりが、伝わってくるようです。
16032310.jpg

おっぱい露出しちゃいました。
フェラシーンがあったりしますが、フィニッシュは自分でしごいて発射です。
16032311.jpg

超ミニスカの子。
反応がイイです。
16032312.jpg

女の子の目線の高さにチンポをもっていくスタイルが、この作者のこだわりのようですな。
ええ、私もキライじゃないです。
見られちゃうのも、見せつけちゃうのも好きなんで。
16032313.jpg

方向と角度を変えてきました。
イイですね。
パンツもより露わになっています。
16032314.jpg

近くで見させて、発射。
この発射は分かりやすい!
16032315.jpg

別の子。
これもまた、ユニークなポーズでセンズリ鑑賞です。
もちろん、作者が考えているのでしょうが、よく考えますな。
ちょっと不自然ですが、悪くない絵です。
16032316.jpg

イロっぽい顔、制服、そして脚。
この子も、超ミニです。
16032317.jpg

いかに超ミニか。
ふつうに座っているだけで、パツパツで、パンツ丸見え。
意図的でも、うれしいです。
16032318.jpg

こういう撮り方もあるんですな。
女の子のパンツと足先、そしてもちろん顔が見えています。
それでいて、発射の瞬間も分かりやすい。
16032319.jpg

どの子も、男女一対一。
男は全て同じ人物で、半裸(全裸ではない)。
全体的に、華やかさや派手さがないです。
でも、「こういうのを作ってみたかった」というこだわりが感じられました。
そのこだわりが、全てではないけど好感をもてるところが、私にはありました。

「SOD特派員がイク!!うぶな女子校生に秘技伝授?!手コキ指南付き射精課外授業」妄想膨らむタイトル

「SOD特派員がイク!!うぶな女子校生に秘技伝授?!手コキ指南付き射精課外授業」を紹介します。
16032201.jpg

以前、ここで紹介した作品に、「射精論」というタイトルがありました。
でも、これもすごいでしょう、「射精課外授業」。
こんなすばらしいタイトルを、よく考えるものです。
即、「買い」でしたよ、私。

十分な人数の女子校生たちと、女教師・・・・そしてもうひとりは、「SOD特派員」。
保健の先生では、ありません!
こんな色(エロ)っぽい女性、保健の先生という設定より、特派員という設定が自然でイイですね。
16032202.jpg

さすがは特派員、やることが丁寧です。
全裸の男を用意したら、まずチンポの皮をむいて亀頭を露出してみせます。
目のやり場に困りながらも、見てしまうJKの視線がイイです。
16032203.jpg

白衣を脱いでシコシコする特派員。
なんとなくソワソワして、落ち着かないJKたち。
16032204.jpg

乗りだして射精を見届けるJKたち。
教科書の絵とか文章を見るより、間近で直接そういう現象を見るのが一番です。
それぞれ、いろんなリアクションです。
16032205.jpg

JKたちが見ることができるチンポは、ひとつだけではありません。
チンポはいろんなチンポがあるのです。
というわけで、さらに別の男の包茎や短小などのチンポ、勃起チンポも見て学習です。
16032206.jpg

男たちは、チンポだけ露出しているのではなくて、全裸になっているあたりがツボをおさえています。
16032207.jpg

ただ、彼らのチンポは、手コキで「実践!射精させる方法」用です。
こんどは実際にチンポを握って、手コキで射精させてみます。
手応えを感じている、JK。
16032208.jpg

どうやら男をイカせることができて、楽しくなってきたようです。
みんなの顔に、笑みがこぼれます。
そりゃあ、楽しいでしょうな。こんな課外授業、女子だけありだったらズルすぎます。
16032209.jpg

このあとは、しだいにJKも脱いじゃいます。
そして「セックスを見て学ぼう」へと移っていきます。
というわけで、ここでは割愛させてもらいます。

最近では、こういった企画ものが影をひそめてしまったとおもうのは、私だけ?

「少年看守レディのお仕事」並んでセンズリのシーン

「少年看守レディのお仕事」を紹介します。
16032101.jpg

このタイトルの中で、一部貴重なシーンがあるのでピックアップしました。
そのシーンとは「管理としての性欲処理」というエピソード。
16032102.jpg

三人の看守レディの鑑賞・・・・いや監視のもと、5人の少年が並んでセンズリをします。
このスケール(人数)で、全身が映ったセンズリシーンは、なかなか無い絵です。
おまけに、一人の看守レディが歩みよって見にきます。
16032103.jpg

問題は、この厳格なイメージ作りです。
興味津々でも、恥じらいを感じてもいけない役柄のようです。
これをどう受け止めるか、ユーザーしだいでしょうな。
16032104.jpg

でも、この視線は、やっぱりなにかCFNM的な興奮をおぼえます。
16032105.jpg

5人のうち、2人がセンズリで自分で射精します。
もちろん、看守レディに見られながら。
16032106.jpg

残りの3人は、看守レディによる手コキで発射になります。
立ったまま、着衣の女性による手コキシーンです。
16032107.jpg

なぜか、ヘンテコな角度で撮影。
たま~に、こういう理解にくるしむ角度で撮るAV、ありますよね。
16032108.jpg

もちろん、フェラなどしません。
まあ、全編のうちの序の口的な部分なので、こんなシーンが作られたのでしょう。
でも、このコーナーが一番お気に入りです。

「the cfnm site」更新期間が短かった海外有料サイト

「the cfnm site」を紹介します。
16032011.jpg

じつはこのサイトを取り上げるかどうか、迷いました。
というのは、更新していた期間が短く、今は更新が止まったままです。
しかも最終更新日が、2007年8月です。

16032002.jpg

海外有料サイトのレビューサイトからも、すでにリストから削除されるほど相手にされなくなっています。
それでもサイトは残っていて、今も入会は可能な感じですね。

16032003_20160320035555b88.jpg

当時は、週一回の更新。
また新しいCFNMサイトができたと、期待して入会したものです。

16032004_20160320035556898.jpg

サイトの雰囲気も明るい感じで、だいたい女性は複数の出演でした。
「PURE~」のような作りで、シチュエーションものがあまりない感じですかね。

16032005_20160320035558966.jpg

最後まで女性が脱ぐことはありません。
発射は、ほとんどが手コキでした。
なかには、あまり乗り気になれない男もいたのでしょう。
勃ちが悪い男もいました。

16032006.jpg

チンポの長さを測ったりとか、ちょっとしたツボをおさえた演出がありました。
でもM男のイメージはあまり強くない感じ。
また、フェチ要素はありませんでした。

16032007.jpg

女性の衣装は、ラフなものが多いです。
CFNMなだけに、女性の衣装にも気をつかってほしいと、私はおもいますな。

16032008.jpg

肝心の発射シーンは、れいにもれず、女性の顔を含めたチンポのアップシーンがほとんど。
これはしかたないですかね。
女性のルックスのレベルは、ふつうレベルの前後といったところでしょうか。
素人っぽいとおもえば、イイことかもしれません。
CFNMにはむいているともいえますが、好みが合わない子が含まれる可能性が高いともいえます。

16032009.jpg

当時からもう、9年・・・・。早いなあ。
あのころは、こんな風に、CFNMサイトももっと元気だった思い出があります。

いまさらこのサイトを取り上げたのは、決してオススメだからではありません。
こういうサイトも存在してますよ、という紹介です。

サイト入り口を見ると、エピソード数は28。
入会金は$29.97のようです。
更新してないくせに、ひとつきごとに自動課金されるので、すぐに退会手続きをするのを忘れないようにしなくてはいけません。

ああ・・・・つづいてほしかったなあ、このサイトも。

3/18の「PURE~」

たぶん、風呂あがりなのでしょう。
男が雑誌を持って、バスローブ姿で女性陣がいる部屋にあわられます。
16031901.jpg

男はソファーに腰掛けると、リラックスして雑誌をひらきます。
と、同時に、足もひらきます。
すると、正面にいる女性陣にチンポが見えちゃってます。
16031902.jpg

やってくれますな、チンチラです。
16031903.jpg

女性三人ともニヤニヤ。
男に見えてることを言うと、あわてて隠します。
でも女性は、「ちょっと、こっちきて出してみな」的な手の動きをします。
男が立ちあがってチンポを見せると・・・・半勃起。
16031904.jpg

すかさず、女性陣はかわるがわる手で触っていきます。
ますます大きくなっていくチンポ。
さりげなくバスローブを脱いじゃう男。
16031905.jpg

床に寝かせての手コキへ。
時々、女性陣のパンチラショットが入ります。
16031906.jpg

左の白い子の高速手コキで発射。
意外と少量のスペルマに、一瞬見逃してしまいます。
16031907.jpg

少量の発射に不満なのか、手コキをやめてくれません。
射精後のシゴキ責めです。
悶える男。
でも、潮吹きはありません。
やっぱりそこは、日本と違いますな。
16031908.jpg

チンチラと半勃起は、イイですね。
フェラが無く、完全着衣のまま手コキ発射もイイです。
あとは女性陣のルックスと衣装、男の発射の勢いを考慮すると・・・・
独自総合評価は、50点です。

3/16の「Lady~」

今回もコスプレですかね?少々変わった衣装で登場した男。
16031801.jpg

アルコールを片手に、ゆったり座って男のようすをたのしむ女性たち。
音楽にのりながら、脱いでいく男。
なるほど、どうやら男性ストリッパーきどりのようです。
男性の上着の背には「FIRE」の文字が・・・・。
もしかして、消防系のコスプレですか?
ヘルメットでチンポを隠しながら、パンツも脱ぎ捨てます。
16031802.jpg

ヘルメットをどけて、いよいよチンポ公開。
・・・・アレ?いつもの半勃起がありません。
気のせいか、女性も冷ややかな反応です。
そのかわり、縦に横にチンポを振ってパンパンすごい音です。
ブンブン振り回したりで、ちょっとだけ女性陣にウケます。
16031803.jpg

イマイチ勃ちがよくないチンポ。
そのためか、女性陣が脱ぎはじめます。
そして下着姿に。
これは、男のためになるのか?
16031804.jpg

一度、画面から消えていた男が、勃起しながら再登場。
シコシコタイム開始です。
16031805.jpg

発射時は、アップでした。
意外と、静かで冷ややかな女性陣のリアクション。
ちょっとだけ、M男向けのリアクション・・・・かな。
16031806.jpg

ストッキング着用は、ありがたいですね。
女性モデルも、悪くないとおもいます。
男性ストリッパーを狙ったアイデアは、ちょっとすべった感じでした。
チンポ露出時の半勃起がなかったり、射精時の勢い・量がイマイチ元気がない感じでした。

独自総合評価は、50点です。

「童貞クン初めての手コキ体験」手コキ作品ですけどCFNMの話題として

「童貞クン初めての手コキ体験」を紹介します。
16031601.jpg

「初めての手コキ体験」とは、またスゴイタイトルですよね。
手コキが初めてって・・・・。
「どぉ?初めて女の子にチ○ポ触られる感触は(ハート)」と。
21~33才の真性(?)童貞8人とのことですが、いくらなんでも手コキが初めてって・・・・。
いや、あおりとしてはキライじゃないですけどね。

教室を舞台に、私服のままの女優たちが素人童貞を手コキします。
16031602.jpg

女優とはいえ、女の子10人の前で全裸になって手コキされるって・・・・。
こりゃ、たまらんでしょう。
勃起をじっくり観察されるうえ、もちろん発射までもっていかれます。
16031603.jpg

この男の発射がすごかった!
まさしく、ドピュッ!ドピュッ!という感じで、水鉄砲状態。
女の子の肘をのせた机の方まで放出。
勢いと量は、見ているこっちも気持ちがイイ。
16031604.jpg

次は、部屋でふたりっきりになっての手コキ。
性行為をするわけではありません。
女の子は、自分の服をめくっておっぱいを見せますが、手コキだけです。
男は、なぜか全裸です。
チンポだけ出すのではなく、全裸であるところがポイントですな。
16031605.jpg

カメラ二台を使って、ツーアングルの編集。
イクときの、男の全身の痙攣が生々しいです。
全身のアングルでも、発射がよく分かります。
やっぱり勢いがイイです。
16031606.jpg

次は鉄棒に、男が拘束されていじられるシーン。
ゾウさんパンツで、勃起がハッキリわかるようにして拘束。
キスとかされて、勃ちっぱなしのチンポ。
16031607.jpg

この子がまた、ヤラシイ。
男に密着するように近づき、キスする。
密着するから、勃起チンポが女の子に触れる。
チンポの先が触れているのは、女の子の股間・・・・。
女の子も、分かっていてチンポを挑発しています。
16031608.jpg

16031609.jpg

そして、みんなの見ている前で手コキの洗礼。
射精を、我慢できるはずがありません。
16031610.jpg

発射は、やっぱり勢いと量がちがいます。
「ドロドロ」「ボタボタ」より、ふつうに、この方が面白いですな。
女の子のリアクションも、イイものとなります。
16031611.jpg

2作目もリリースされましたが、まるで別物のような作りでした。
私には合いませんでした。

「放送できないバラエティ番組 VOL.2 マンデーオーティス!」変わったネタをひとつ

「放送できないバラエティ番組 VOL.2 マンデーオーティス!」を紹介します。
16031501.jpg

むかしは、バラエティー番組でちょっとしたエロシーンを見ることができました。
女性のおっぱい・・・・もちろん乳首もふくめてね。
男性のフルチンシーンとか。

今ではむしろ厳しくなり、女性の乳首はもちろん、パンチラさえ修正が入って、それが見られない始末。
まさか(収録の)パンツまで見られなくなるとはねえ・・・・。

で、「もっともっと」という妄想を映像化したのが当作品。
女性の下着は当たり前に映り、チンポはモザイク。
さすがはAVです。

で、ここで取り上げたいのは「ザーメンジャンプ」なるコーナー。
16031502.jpg

「ザーメンを遠くまで飛ばせ!」のサブタイトルのもと、出演女性たちがザーメンの飛距離の競争をします。
まず、着衣の女性が全裸の男性の乳首舐めやフェラなどをします。
勃起してきたら、飛距離を測れるマットの上で手コキ発射させます。
16031504.jpg

飛距離が長いほど勝ちとなります。
バラエティ番組のいちコーナーらしく、非情にばかばかしい遊びです。
でも、なんとなくM男の心をくすぐる気がするのです。

16031503.jpg

この、男の射精を、ゲームというか遊びというか、それに使われている屈辱感。
遊び道具でしかない、チンポとその射精。

16031505.jpg

射精時に、女性陣がサッと見にきて、射精の飛距離を見届けます。
この射精を軽く扱われている切なさが、なんともいえない、M心をくすぐるものがあります。

16031506.jpg

でも、撮影時の当の男性にしてみれば、むなしいだけで、それほどの興奮はしなかったでしょうな。
現に、「飛び」はそれほどでもない人ばかりです。
そっち系の男性をチョイスすべきでした。

16031507.jpg

撮り方も、女性が捉えきれていないとか、射精時にチンポアップとか、画面が斜めになったりとか、不満がありました。
珍しいゲーム企画で、内容がありそうで無かったものであり、おっ!とおもうところがあっただけにちょっともったいない感じです。

まあ、5コーナーあるうちの、いちコーナーでしかないですけどね。
ユニークさで印象に残った作品です。

タイトルの続編は続きましたが、「ザーメンジャンプ」はこれっきりでした。
そもそもの狙いは、女性の下着や裸が見られるバラエティ番組のようです。

「ウブな女子校生のセンズリ鑑賞 VOL.02」衝撃作の第二弾

「ウブな女子校生のセンズリ鑑賞 VOL.02」を紹介します。
16031401.jpg

当時、待ちに待ったシリーズ第二弾!
売り場で発見するやいなや、ダッシュでそれを取る。
よし!もらった!!
もはや、パッケージなどほとんど吟味していない。
この手に確保できて、買って帰れることだけで昨晩からの「買えないかもしれない」という不安が解消される。
ようやく、新作が見られる!と。

16031402.jpg

久々にワクワクしながら再生していくと・・・・。
なんか、ちょっとアレでした。
今回も結構な人数が収録されています。
この子がちょっとアレでも、次があるさ、と大船に乗った気でいます。
でも、じゃあ次に期待!今回もアレだから次こそ!
って、気づいたら「パス」が意外に多い・・・・。

そんな中でも、目を止めたのがこの子。
なかなかかわいらしく、JKっぽくも見えます。
16031403.jpg

発射の瞬間!
男の水鉄砲のような射精のせいもありますが、驚きの表情。
うっすら笑みを浮かべつつ、サプライズの大目玉がイイですね。
16031404.jpg

この子は、JKに見えるかどうかは置いといて・・・・・。
このスケベそうな動きがイイです。
16031405.jpg

とにかく至近距離で見入っています。
正直言って、「ウブ」とはちがう気がします。イヤじゃないけど。
16031406.jpg

亀頭をプニプニ揉んでいます。
二本指で亀頭だけ揉む、というのがいやらしいですな。
ますます「ウブ」とはちがうエロさを感じます。イヤじゃないけど。
16031407.jpg

発射の瞬間。
ここまでできすぎたポーズは、絶対演出でしょう。
あまりにも理想通りの絵であり、リアクションです。
ええ・・・・そう、イヤじゃないですけどね。
16031408.jpg

すべての子を紹介しませんが、全体的にパワーダウンしてしまった印象でした。
女の子のクオリティー。至近距離ばかりの撮り方。
私の期待とは、逆の方向に向かっていたのでした。

この二作目を踏まえて、改善されて第三弾が出るものと期待していました。
でも、このタイトルで第三弾はありませんでした。
その後も、他のメーカーからJKのセンズリ鑑賞ものは、もちろんリリースされました。
のちのち、そこに甘んじることになります。
映画でもそうですが、どうして続編はコケることが多いんですかね?
やっぱり期待が、膨らみ過ぎなのでしょうか?
(いや、AVの続編(シリーズ化)は成功が多い・・・・か!?)

「ウブな女子校生のセンズリ鑑賞」衝撃だったJKのセンズリ鑑賞

「ウブな女子校生のセンズリ鑑賞」を紹介します。
16031301.jpg

このタイトルが発売される前に、「ウブな女のセンズリ鑑賞」が発売されていました。
二つのちがいは、「JKの制服を着ている」か「私服を着ている」。
「ウブな女のセンズリ鑑賞」を店頭で発見したときは、パッケージもよく見ないで、タイトルだけですぐに買いました。
ようやく、センズリを見られるだけの作品ができたのか、と。
時代はあらゆるジャンルが乱立しているときで、ただ本番だけではない、フェチ・マニアックの作品が続々リリースされました。
VHSで30分のAVだった時代には、「女性の裸が無い」「チンポを見せるだけ」という作品は、作られないとおもっていました。
だからこそ、センズリ鑑賞の作品が出たときは衝撃を受けました。
いや私だけでなく、全国レベルで衝撃を受けたのでしょう。ジャンルとして形をなしていきました。

16031302.jpg

その上、こんどはJK編ときたから、さらなる衝撃。
リリース情報を知った(当時は雑誌などに、インディーズビデオのリリース情報が載っていました)時、とにかく早く手にいれたいと待ちわびたものです。
ジャケットの写真を見ただけでも、制服とルーズソックスが踊り、私の心も踊る。予想通り・期待通りのJKたちのリアクションの写真の数々。

16031312.jpg

「ウブな」といっている以上、通常、若い娘のイメージでしょう。
ならば、JKの要望が強くて当然だと、私はおもいます。
いや、まっさきにおもいつくターゲットと言っても過言ではないでしょう。
チンポを見せて驚かせたいターゲットといえば、なるべく若い子ではないでしょうか?
そして露出狂のターゲットといえば、まず制服を着た女の子たち・・・・。
人妻やおばさんではないと、おもうんですがね。
最近では、なぜか「若い子」より「おばんさん(人妻・熟女)」ばかりです。

16031313.jpg

思春期にオナニーを覚える。
自分で自分のものを慰めて、果てる。
エロい妄想で果てたとき、恥ずかしさと、なぜか罪悪感が襲ってくる。
こんな姿、決して他人に見せられない!見られたら死んじゃう!
そのくらい、恥ずべき行為だと、当時はおもう。

16031314.jpg

女の子の前で、チンポを出すのはもちろん、オナニーを見せるなんて到底考えられません。
ましてや、双方で裸になってとか、了解済みのセックスをするとかではありません。
ただ、自分で性器を刺激して果てる姿を、制服を着たままの女の子の目の前で見せるという羞恥の極み。
勃起や射精を見たことない子だったりしたら・・・・と想像すると、とたんに変な興奮を覚えました。

16031306.jpg
この作品がリリースされた頃は、女の子が脱がないのが主流でした。
ひと通り出しつくして、ここ数年で「興奮した女の子が脱ぎだしちゃう」という段階に入ってしまったのですかね。
私にしてみれば、つまらなくなってしまいました。

基本的に、女の子は安心して楽しく鑑賞できるように配慮されています。
男は女の子の目の前でチンポを露出して、しごいて見せます。
しごき方を見せて、勃起したチンポをじっくり見せます。
更にしごいて、絶頂が近づくと、女の子にかからないように方向を避けつつ、でもちゃんと見えるように射精を見せます。
でもこの子は、めずらしくスカートにぶっかけられました。
チンポに夢中な女の子は、ぶっかけられてもただチンポを見つめているのでした。
16031307.jpg

10名の女の子たち。
そして色々な制服。
当時流行っていた、ルーズソックスも見られます。
まあもちろん、当時からアップ画面中心なので、ルーズソックスを堪能するのは難しいですけど。
16031308.jpg

ありそうでなかなか無いシーン。
男がチンポの裏側を見せて、裏スジを指でコチョコチョしています。
そんなオナニーの仕方を、じっと見ている女の子。
16031309.jpg

みんな、発射時はイイリアクションをしてくれます。
欲をいえば、やっぱり自撮りはやめてほしいですな。
近すぎるし、うまく撮れないし。
16031310.jpg

発射後もしばらく撮り続けるのが、イイですね。
おさまっていくチンポも、鑑賞すべきところです。
16031311.jpg

ルーズソックスが映ったままの、めずらしいパターン。
16031303.jpg

発射時も、このアングル。全てがこういう撮り方だったら、この後のセンズリ鑑賞ものの歴史は変わっていたかもしれない。
16031304.jpg

発射後も観察がつづく。
顔をチンポに近づけ、亀頭に残った精液を、指ですくってみる女の子。
ソフトなタッチが、素人っぽさをかもしだす。
16031305.jpg

こういう時代がきたか!と、今後を期待させる作品でした。

3/11の「PURE~」

16031201.jpg
女の子たちがコスプレをしてるから、男も日本のJKのコスプレ!
・・・・ってわけじゃないよね。
そう、スコットランド衣装のようですな。

スコットランド衣装は、男なのにスカートということで有名。
こんなことは子供の頃から知っていたけど、下着はどうなってんの?というのはそういえばナゾです。
むかしはノーパンで、今は下着を穿いているのが一般的らしいです。
でもこのシーンではもちろん、女の子たちの期待はふくらみます。
男がめくって見せると・・・・予定通りです。
16031202.jpg

半勃ちパイパンチンポを三人でナデナデしてます。
顔を出さずに皮被りパイパンチンポ・・・・またあなたですか。
16031203.jpg

男が移動しながら、三人にフェラをさせていきます。
ビンビンです。
16031204.jpg

発射は手コキ。もう一人の子が手で受け止めています。
いいアングルです。
16031205.jpg

今回はめずらしく、ヒキの絵が先でアップが後でした。
このパターンはイイかも。
16031206.jpg

発射後、精液を吟味している間もチンポ露出したまま。
男がスカートというめずらしい衣装。
それを有効活用して、スカートをめくって露出というスタイルを貫きました。
16031207.jpg

今回はなかなか楽しめました。
独自総合評価は、70点です。

「PURE~」の過去作品独自傑作選2

学園シチュエーションもの。
保健体育の授業なのでしょうか。
教室に全裸の男を用意して女の子の席へ、チンポを握って引っぱっていきます。
16031101.jpg

生徒は3人。
各席まで先生が男を引っぱっていって、すぐ近くでチンポを見て触って学習するようにします。
まず生徒が、竿を触ってみる。
先生が皮をむいて、亀頭を見せてあげる。
玉袋を触らせてあげる。
16031102.jpg

3人の生徒、それぞれに同じことをしてまわります。
16031103.jpg

この頃は残念ながら、カメラ1台での撮影でした。
16031104.jpg

ひと通りまわると、男を壁に立たせます。
生徒をその周りに集めると、先生が手コキを始めます。
こんどは、勃起と射精の学習なのでしょう。
勃起していく様子を、みんなで観察。
勃起が完成したら、勃起チンポの長さを測りましょう。
生徒が、定規をつかって測ります。
楽しくなったこの生徒は、その定規で亀頭をペンペンとたたきます。
16031105.jpg

生徒たちが、手コキをしてみます。
うまくいけば、射精まで導けるはず・・・・
はい、手だけで男をいかせることができました!
16031106.jpg
「男をいかせる」「射精とはどんな現象か」を見て触って学習できました。

3/9の「Lady~」

さて、今回の女性は・・・・
16031001.jpg
!・・・・・

展開は、王道。
服を着た男が登場し、早々に服を脱いでいきます。
パンツを脱ぐときはもったいぶって・・・・ブルン!!のシーンです。
しごかずして、いきなりこの勃起を見せるあたりはさすがです。
16031002.jpg

70%勃起を100%勃起にもっていきます。
もちろん、自分でしごいて。
十分勃起したら、手を放して勃起チンポ全体を見せつけます。
いつもおもうのですが、いくら勃起しても皮は被ったままです。
女性が手コキをしてもフェラをしても、被ったままです。
皮がむけそうになるときもあるのですが、やっぱり完全にはむきません。
なぜでしょう?亀頭露出も醍醐味のひとつだとおもうのですがね。
むけないのかな?そういえば痛々しそうにも見えます。
16031003.jpg

今回も、亀頭が完全に露出することなく、自力発射。
いつも通りの、日本のセンズリ鑑賞ものに近い内容でした。
16031004.jpg

発射中にもう一台のカメラに切り替わるタイミングが、今回はちょっと遅めでした。
16031005.jpg

大概のひとがそうでしょうが、私も美人とか、かわいい子がイイです。
その他に、なるべく若い子がイイ。スレンダーがイイ。
洋服のセンス(というか「好み」とでもいいますか)が自分の苦手なものだと、著しくテンションが下がります。
着衣に萌えるだけに、服の好みの比重が大きいわけですな。

じゃあ、そろそろ締めますか。
今回の独自総合評価は、20点でした。

「NIP~」の新作

「NIP~」の新作がリリースされました。
16030901.jpg

髪を束ねているところなんか、かわいらしいですね。
モデルの質は、なかなかではないでしょうか。
16030902.jpg

だいたいどのモデルもそうですが、ひとの多いところ、少しひとが少な目なところと両方撮影します。
16030903.jpg

今回は、久々に普通の繁華街のようなところが舞台となりました。
日常的な人混みのなかで、ひとり、全裸が映えます。
16030904.jpg

異様な光景に、驚きの視線をそそぐギャラリー。
このギャラリーは、わりと見ている方です。
いつも不思議におもうのですが、ギャラリーは意外と大騒ぎをしません。
国民性の違いでしょうか。
まあ、全裸でいるだけで、破廉恥な行為をしているわけではないですからね・・・・オナニーとか。
日本なら、繁華街に全裸でいるだけで、120%破廉恥で逮捕でしょうけど。
16030905.jpg

3/4の「PURE~」

さて、今回の女性は・・・・
16030501.jpg
真ん中の子が娘で・・・・え~と、両脇はご両親でしょうか・・・・?

冗談はさておき、別の部屋にいくと男がベッドに横になってエロ本を見ていました。
おまけにパジャマの下だけ脱いでいるのを発見されたとなれば・・・・もう何をやろうとしていたかは明らかです。
16030502.jpg

毛布をどけてみると、予定通りフルチンです。
指でもてあそばれています。
16030504.jpg

すぐに手コキ、そしてフェラです。
この、安っぽいAVにありそうな展開とテンポはなんか新鮮味に欠けますな。
そのまま本番になって、30~60分くらいSEXシーンだったら、普通のAVとあまりかわらないような・・・・。
16030505.jpg

そこはまあ一応、脱がずに手コキ発射でおさまりました。
脱がないといっても、ランジェリーですけど。
16030506.jpg

毎週欠かさず新作を作り続けるのはたいへんでしょう。
企画を練る。
題名も考える。
キャスティングと手配。
撮影。
編集。
分かってはいるけど、ふつうに採点するなら・・・・
独自総合評価は、10点でした。

「この包茎野郎が!!よくお前それで生きてられんな!! 04」9人の女性に囲まれる全裸男

「この包茎野郎が!!よくお前それで生きてられんな!! 04」を紹介します。
ジャケットに「CFNM」とは書いてません。
でも完全に「着衣の女性と全裸の男」作品です。
16030301.jpg

ひとつのタイトルで4つのエピソードの構想を練るとします。
合計9人の女性を用意できたとしたら、通常、一つのエピソードに1~4人ずつ配分するとおもいます。
ところがこの作品は、9人の女性全員が4つのエピソードに出演し、男性が各エピソードにひとりずつ餌食となる構成となっています。
そのぶん、他にない迫力あるCFNMの舞台となりました。
まずは「童貞包茎」編。
9人の女性の視線が、包茎チンポに集中。
包茎チンポの醍醐味、まずは皮を剥いて見せます。
16030311.jpg

つづいて、自分でシコシコ開始。
ただでさえCFNM作品はそれほど多いものではないですが、こうして至近距離で360度囲まれている絵はめずらしいです。
16030312.jpg

やがて、一部の女の子が手コキしてくれます。
そして、手コキ発射!
けっこうな勢いで射精して、女性陣もビックリ。
16030313.jpg

つづいて、「オヤジ包茎」編。
一見すると、こわもてのオヤジ。演出なのか、本物なのか、さりげなく入れ墨まではいってます。
でも包茎を、ばかにされちゃう。
ベッドをステージに、9人の女性陣に囲まれてさらしものに。
すばらしい絵です。
16030302.jpg

包茎チンポといえば、皮を剥いて亀頭を披露するワザがあります。
あと、皮を引っ張って見せるワザもあります。
どちらも、女性にウケます。
16030303.jpg

さすがに9人もいると、カメラにおさまりきれないシーンが多々あります。
ほんと、ぜいたくです。
あ、でも個々の女性をあまりじっくり見ない方がいいかもしれません。
そこはボヤっと、とにかく、大勢の着衣の女性に囲まれて見られちゃってるという迫力を味わっておきましょう。
16030304.jpg

「オヤジ」もチンポの皮を剥いて、亀頭露出。
しっかり覗きにくる女の子の動きがイイですな。
16030305.jpg

ベッドに横になって、オナニー披露。
パノラマの女性陣は、大迫力。
ばかにされている感も、でています。
16030306.jpg

女性が完全着衣のまま、手コキ。
みんなに見られながら、チューブ手コキ発射。
16030307.jpg

「インテリ包茎」編。
こちらも、ベッドをステージに包茎チンポのヌードショー。
どのエピソードも同じ9名の女性ですが、迫力ある絵を見ると、こういう構成もアリだなとおもう。
16030308.jpg

撮影場所が、どれもふつうのホテルっぽい部屋です。
でも、一応エピソードで部屋を変えています。
あと、かならず9人をカメラにおさめよう、という撮り方ではないです。
むしろ、9人全員が映るのは短い時間です。
もったいない気もしますが、ずっと同じアングルよりはイイという見方もあるのかもしれません。
さて、彼もパンツを降ろして包茎チンポをさらします。
そして、皮をむいて亀頭を見せます。
16030309.jpg

ベッドに横になって、公開オナニーショー。
フル勃起すると、なかなか立派な大きさに。
「インテリ包茎」は、自分でしごいて発射!
キター!センズリ発射!!
イイね。いや、イイのはフィニッシュの方法だけではありません。
射精の勢いがスゴイ!
精液が自分の首元まで、ぶっ飛んでました。
16030310.jpg


「この包茎野郎が!!よくお前それで生きてられんな!! 」シリーズは、4作リリースされました。
すべてがこのような作りではありません。
「大勢の女性に囲まれる」という作りは、4作目にしてようやく辿りついたのでした。
まことに残念ながら、5作目はありませんでした。

包茎をばかにされるのがメインテーマです。
しかしながら、大迫力のCFNM作品でもあります。

2005年の作品で、現在DVDの入手は困難です。
ネット動画配信でも、「DMM」「DUGA」「ソクミル」どこも4作目は、ありません。
そんな中、「EIC-AV」で動画配信していました!
興味がわいた方は、こちらから見てみてください。


トップ画面検索機能で、「 この包茎野郎が 」で検索すると、シリーズ4作品ともヒットします。



3/2の「Lady~」

今回の女性は・・・・ちょっと私には濃い口のテイストですな。
しかも・・・・これはなんという履物ですかな?
16030201.jpg

さすがはホームグランドでの露出。
チンポ露出から(いや、その前から)、しっかり勃起。
16030202.jpg

女性が、チンポを撮ろうとスマホをとりだすと・・・・
男は恥ずかしそうに、一瞬チンポを手で覆うような動きをします。
でも、男はうれしそうです。
女性がそれを制すると、男は手をどけてフル勃起チンポを露出。
スマホのカメラを向けられたチンポは、激しく上下にピクついています。
16030203.jpg

フル勃起でこの上向きは・・・・チンポだけ見ると20代の角度ではないでしょうか?
16030204.jpg

男がシコシコ始めると・・・・あらら、やっぱり脱いじゃったのね。
といっても、今回の衣装は、最初からセクシーすぎですけどね。
パンツと謎の履物だけの格好になって、センズリ鑑賞。
16030205.jpg

ちゃんとセンズリ発射です。
ここが「Lady~」のイイところです。
射精中の後半は、ひいたカメラからに切り替わります。
16030206.jpg

今回はちょっと、モデルの好みと衣装の好み、脱いでしまう展開から・・・・
独自総合評価は、30点とします。

「女子校生・放課後痴女サークル 淫靡Days」固定カメラの多いデジタルアーク

「女子校生・放課後痴女サークル 淫靡Days」を紹介します。
16030101.jpg

デジタルアーク作品です。
似たようなタイトルがいくつかあるようですね。内容も、イイ意味で似ていたりします。
やっぱりミニスカルーズソックスです。
女の子のスカート巾着というイジメがありましたが、これは男版でしょうか?
16030102.jpg

4人のミニスカルーズソックスの女子校生にイタズラされちゃいます。
制服がバラバラなのは、いろいろ楽しめていいのではないでしょうか?
デジタルアークらしく、固定カメラ・2アングルです。
やっぱり固定カメラは賛否両論でしょうが、ことCFNMに関してはこれにより全身が映りがちなので、個人的にはグッドです。
16030103.jpg

途中、フェラをしちゃいますが、最後は手コキ発射。女性は脱ぎません。
16030104.jpg

次は舞台を移して、別の男が餌食に。
この「舞台」はよく使われるので、自社内の部屋・・・・ではないですかね。
16030105.jpg

やっぱり手コキで強制発射。
16030106.jpg

次。
よく、男(男優)に対して、つっこみが激しいレビューを見ます。
「キモすぎ」「顔見せるな」「喘ぎが萎える」とか。
私はよっぽどでないかぎり普通に映っているほうがイイし、気にしません。
男の見た目など3の次で、それより勃ちとか射精の勢いとかの方が、大事でしょう。
いや、ホモ的発想ではないって。
で、このイケメンも別に問題ナシ。
16030107.jpg

二人の女子校生に見守られながら、強制オナニー&手コキ。
イイ具合に、ルーズソックスとミニスカが映っています。
16030108.jpg

床に寝転がして、手コキで強制射精。
噴射してます。
16030109.jpg

次は足コキ。もちろん、ルーズソックス足コキです。
海外の手コキもので、「携帯を見ながら手コキ」とか「タバコを吸いながら手コキ」という趣向があります。
これは「おやつを食べながら足コキ」です。
16030110.jpg

けっこう、ねっとりと足コキしてくれます。
見下した感が、そそる人もいるでしょう。
16030111.jpg

足コキで発射。
16030112.jpg

全体を通して、やっぱりなんとなく暗く感じます。
たぶん、露出の問題だとおもうのですが・・・・。
いや、その露出じゃなくて、光の強弱の露出ね。