FC2ブログ

露出のカテゴリ記事一覧

CFNMと露出とCMNF

CFNMとは、「Clothed Female, Naked Male」の頭文字をあつめたもので、和訳すると「着衣の女性と裸の男性」となりフルチン(フリチン)露出狂が好きなシチュエーションです。CMNFとは、「Clothed Male, Naked Female」の頭文字をあつめたもので、和訳すると「着衣の男性と裸の女性」となり露出症女性が好きなシチュエーションです。

カテゴリ:露出

  • 2019/07/06海外野外露出

    全裸野外露出歩行NIPAの7/5リリース最新作は「Alex」です。初登場の撮影になるモデルさんです。ちょっとポッチャリというか・・・・私の苦手なスタイルで「土偶型」と命名してます。舞台は、悪くないですね・・・・市街地で人も多いです。ボインボインの胸・・・・プリンプリンのお尻。好きな人には、たまらない体形ですかな?(ルックスは濃い目の「ザ・外人」だな)←私の心の中のセリフ今回の作品の特徴の一つとして、座りポ...

    記事を読む

  • 2019/06/29海外野外露出

    超過激野外露出「Public Disgrace」作品の紹介です。今回のモデルさんは、こちら。ルックス・スタイルとも、私好みです。こんな人が「~Disgrace」に出演するなんて・・・・どんなプレーに挑むのか!?プレー前のインタビューを終え、いざ外へ!何だ!?この衣装は??これも、SM衣装なんですかね・・・・彼女の美しさを殺してしまっているような・・・・でも、おっぱい丸出しなのを見逃してはいけません。下半身も、パンツのみ...

    記事を読む

  • 2019/06/14海外野外露出

    全裸野外露出歩行NIPAの6/14リリース最新作は「Miky」です。初登場の撮影になるモデルさんです。自撮り棒を使って、野外露出自撮りです。NIPAでは、最近よく見かけるプレーですね。「全裸野外露出しているのを自撮りしている」のを見るわけですか。他の人も、自撮りしてます。全裸で階段をのぼり・・・・人通りの多い道へ向かっていきます。その道を、全裸歩行・・・・ドキドキの瞬間です。通行人が、何か言ってくることも...

    記事を読む

  • 2019/06/02海外野外露出

    全裸野外露出歩行NIPAの6/1リリース最新作は「Nikki」です。初登場の撮影になるモデルさんです。なんか、画面全体が暗いですな。こちらも・・・・完全に逆光です。今度は、色が変。鮮やかさが無く、古臭く見えます。なんか、色味が妙です。ついでに言うと、モデルさんの髪型・・・・前髪も妙です。撮影機材(カメラ)によるものですかね・・・・なんか色合いが変です。そのせいか、なんかさびしい印象を受けます。私は「秋」が...

    記事を読む

  • 2019/05/03日本の野外露出

    「全裸です。」を紹介します。※ジャケット画像は、VHSで発売された「全裸です。」と「調教です。」をカップリングにしてDVDで発売されたものです。野外露出ビデオ全盛期を知る世代には、忘れられない名作です。日本の野外露出ビデオが規制され過激度の曲がり角を作るきっかけとなった作品のひとつ・・・・だと言えるとおもいます。超過激野外露出ビデオ、私のベスト2であると考えるシリーズ「露出 at nagoya」と「露出バカ...

    記事を読む

全裸野外露出歩行NIPAの7/5リリース作品は「Alex」

全裸野外露出歩行NIPAの7/5リリース最新作は「Alex」です。
初登場の撮影になるモデルさんです。
19070607.jpg

ちょっとポッチャリというか・・・・私の苦手なスタイルで「土偶型」と命名してます。
19070608.jpg

舞台は、悪くないですね・・・・市街地で人も多いです。
19070609.jpg

ボインボインの胸・・・・
19070610.jpg

プリンプリンのお尻。
19070611.jpg

好きな人には、たまらない体形ですかな?
19070604.jpg

(ルックスは濃い目の「ザ・外人」だな)←私の心の中のセリフ
19070605.jpg

19070606.jpg

今回の作品の特徴の一つとして、座りポーズがあるようです。
19070602.jpg

でも、ちょっと上品で物足りないポーズですな。
19070603.jpg

総じて、私としては「う~ん・・・・」な感じです。
19070601.jpg


【関連記事】
・全裸野外露出歩行NIPAの6/14リリース作品は「Miky」
・全裸野外露出歩行NIPAの6/1リリース作品は「Nikki」
・全裸野外露出歩行「NIPA」過去傑作選「agnes」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

カテゴリ

奇妙なボトムレス野外露出プレーと野外放置プレー

超過激野外露出「Public Disgrace」作品の紹介です。
今回のモデルさんは、こちら。
190629 (1)
ルックス・スタイルとも、私好みです。
こんな人が「~Disgrace」に出演するなんて・・・・どんなプレーに挑むのか!?
プレー前のインタビューを終え、いざ外へ!


何だ!?この衣装は??
190629 (2)

これも、SM衣装なんですかね・・・・彼女の美しさを殺してしまっているような・・・・
でも、おっぱい丸出しなのを見逃してはいけません。
190629 (3)

下半身も、パンツのみ・・・・かなり恥ずかしい格好といえばそうですね。
190629 (4)

調教師の指示で、その場で左回転して周りにおっぱいを見せます。
190629 (5)

次に調教師は、彼女のパンツをズリ降ろしてお尻を露出して歩行させます。
190629 (6)

まもなく、立ち止まらせるとお待ちかねのパンツも・・・・
190629 (7)

脱がせたパンツを、彼女の頭にかぶせます。これまた変態チックで恥ずかしいですが・・・・個人的には微妙なプレーです。
190629 (8)

オマ○コ露出・下半身丸出しで歩いていきます。
190629 (9)

ギャラリーで男の集団を発見をした調教師は・・・・
190629 (10)

奴らの前に彼女を連れていき、彼女を一回転させて見せつけます。
190629 (11)

そして、得意げにその場を離れます。
190629 (12)

それにしても、この衣装・・・・
190629 (13)

エロい以前に、奇抜さが目立ちます。
190629 (14)

人々がティータイムを楽しんでいるそばで、彼女を木に縛ります。
190629 (15)

後ろ手に縛られ、オマ○コを隠せない状況でプチ放置プレーです。
190629 (16)

別カメラで見ると、こんな感じ。
実は、けっこうなギャラリーがいるのです。
190629 (17)

木にあった葉っぱで、彼女の体をくすぐっていく調教師。
190629 (18)

こうして見ると、ボトムレスとも言えます。
下半身丸出しで、放置プレーです。
190629 (19)

引いて見ると、異様な光景です。
野外露出ならではの、夢の光景。
190629 (20)

しばらくしたら、縛りをほどいて再び歩きだします。
ギャラリーには、意外に女性が多いですね。うらやましいとおもって見ている変態もいるかも。
190629 (21)

調教らしく、アゴ先部分をつかんで引っぱっていく調教師。
190629 (22)

ちょっと歩いたところで・・・・
まさかの、パンツ穿き直し!?
190629 (23)

パンツを穿いて、おっぱい露出歩行に逆戻り・・・・
なぜかレベルダウンするプレーに・・・・。
190629 (24)

シーン変わって、場所・衣装・調教師を変えての再プレー。
190629 (25)

衣装は、やっぱりこちらの方がイイですね。
190629 (26)

人通りが多い所で、おっぱい露出!
190629 (27)

さらにスカートもめくって、パンツ露出!・・・・やっぱり青いパンツか。
190629 (28)

この後、どうなってしまうのか!?とおもったら・・・・
190629 (29)

パンツ露出歩行まででした。
190629 (30)
パンツ露出歩行でもイイから、せめてかわいらしい色のパンツにしてほしかったですな。


「~Disgrace」にしては、ソフトな露出プレーと感じるかもしれませんね。
でも、オマ○コは露出しているし、ギャラリーもしっかりいるし、撮影法も悪くありません。
日本の野外露出ビデオに比べれば、全然レベルが高いと言えるのではないでしょうか?


ところで「~Disgrace」ですが、更新が止まっているようですね。
今年1月21日の更新が最後となっています。
まだまだやってほしいこと、やってほしいプレー、見たいプレーが山ほどあるのに・・・・
このサイトもまた、終わってしまうのでしょうか。

「センズリ鑑賞」もそうでしたが、「もっとこういうのが見たい!」と妄想を膨らませて待ち続けているのに・・・・
制作側はネタ切れのように終了を迎えてしまう。
作れる資金もノウハウも機材もありながら、撤退してしまう。
そうなると、私たちは成仏できない地縛霊のように、無いものを探し求めて待ち続けるのです。


【関連記事】
・全裸野外露出歩行も良いけど、全裸野外放置プレーも良い
・野外露出M女プレー、路上ストリップで全裸へ
・半裸で人混みの中、野外露出歩行させる!
カテゴリ
タグ

全裸野外露出歩行NIPAの6/14リリース作品は「Miky」

全裸野外露出歩行NIPAの6/14リリース最新作は「Miky」です。
初登場の撮影になるモデルさんです。
19061401.jpg

自撮り棒を使って、野外露出自撮りです。
190614 (1)

NIPAでは、最近よく見かけるプレーですね。
「全裸野外露出しているのを自撮りしている」のを見るわけですか。
190614 (2)

他の人も、自撮りしてます。
190614 (3)

全裸で階段をのぼり・・・・
190614 (4)

人通りの多い道へ向かっていきます。
190614 (5)

その道を、全裸歩行・・・・ドキドキの瞬間です。
190614 (6)

通行人が、何か言ってくることもあります。
190614 (7)

こころよく、いっしょに記念撮影!
190614 (8)

野外露出自撮りプレーは、個人的にはそれほどおもしろいとはおもいませんね。
19061402.jpg

今回のモデルさんは、スタイル・ルックスともに好きなタイプです。
ついでに、髪型も好きです。
19061403.jpg

ちょっとたくましさがありますが、スレンダー体形。
19061404.jpg

モデルのようにカッコイイ体形で、垂れてないおっぱいもグッド。
19061405.jpg

ルックスも、モデルっぽいです。
「カワイイ」というより「カッコイイ」「キレイ」という感じ。
19061406.jpg

サンプル画像を見ると、人が多い所での露出は控え目なのかな?という印象が残りました。


【関連記事】
・全裸野外露出歩行NIPAの6/1リリース作品は「Nikki」
・全裸野外露出歩行NIPAの3/8リリース作品は「Lucy Shine」
・「NIPA」過去傑作選「adela」
カテゴリ

全裸野外露出歩行NIPAの6/1リリース作品は「Nikki」

全裸野外露出歩行NIPAの6/1リリース最新作は「Nikki」です。
初登場の撮影になるモデルさんです。
190602 (1)

なんか、画面全体が暗いですな。
190602 (2)

こちらも・・・・完全に逆光です。
190602 (3)

今度は、色が変。鮮やかさが無く、古臭く見えます。
190602 (4)

なんか、色味が妙です。
ついでに言うと、モデルさんの髪型・・・・前髪も妙です。
190602 (5)

撮影機材(カメラ)によるものですかね・・・・なんか色合いが変です。
そのせいか、なんかさびしい印象を受けます。
私は「秋」が好きではありません。活動的だった「夏」が終わり、厚着をして寒さと戦うことになる「冬」に日々移行する季節だからです。
冬に向かう憂鬱な気分・・・・そんな気分になる映像です・・・・個人的に。
190602 (6)

サンプル動画に採用するシーンがこの程度だと、期待値は下がりますな。
ちなみに、画像(ギャラリー)はキレイに仕上げてあるようです。(上と比べると、エラい差です)
19060201.jpg

なんとなく「秋のさびしさ」は拭いきれませんが、色が鮮やかになっています。
19060202.jpg

よく見ると、モデルのスタイルも悪くありません。
おっぱいに、若さを感じます。
19060203.jpg

葉っぱが紅葉だったら、完全に秋です。
19060204.jpg

黄昏ているように見えます。
19060205.jpg

服を脱ぐ・着るシーンがあるようですね。
19060206.jpg

ルックスは、少々クセがありますね。
「ハズレ(ブス)」ではありませんが、人を選びそう。好きな人には、どうしようもなくハマる気がします。
19060211.jpg


【関連記事】
・全裸野外露出歩行NIPAの4/26リリース作品は「Miez」
・全裸野外露出歩行NIPAの4/5リリース作品は「Barbara」
・全裸野外露出歩行「NIPA」過去傑作選「agnes」
カテゴリ

そして伝説へ・・・・となった日本の超過激野外露出ビデオ「全裸です。」

「全裸です。」を紹介します。
19050301.jpg
※ジャケット画像は、VHSで発売された「全裸です。」と「調教です。」をカップリングにしてDVDで発売されたものです。


野外露出ビデオ全盛期を知る世代には、忘れられない名作です。
日本の野外露出ビデオが規制され過激度の曲がり角を作るきっかけとなった作品のひとつ・・・・だと言えるとおもいます。

超過激野外露出ビデオ、私のベスト2であると考えるシリーズ「露出 at nagoya」「露出バカ一代(露出ゲリラ)」は、今もDUGAなどで買うことができます。しかし当作品は、どこを探しても販売されていないタイトル・・・・そう、伝説と化した作品なのです。

190503 (10)

内容は、「露出 at nagoya」にかなり近い露出プレー&撮影手法(手ブレを極力おさえたカメラワーク&カメラ2台使用)でした。リリースの時系列でも、「露出 at nagoya」の過激度が増して勢いがついた後のタイミングでした(VHS)。

野外露出ビデオ全盛時代は、次々作品がリリースされました。でも、リリースされた数は多かったものの、こちらが期待するような・・・・待っているような野外露出プレーや映像は、なかなか見れないのでした。
過激だったのは、「タイトル」や「ジャケット写真」ばかり。「限界露出」だの「完全露出」だのと、過激なタイトルほどスカされた思い出があります。ジャケットの写真では期待通りの絵を見せておきながら、本編ではその時(ジャケット写真用の撮影シーン)の瞬間映像が数秒だけというのがほとんどでした。

今振り返ると、シンプルなタイトルの方が良かったのかも・・・・「露出 at nagoya」、そして「全裸です。」。


当作品がすごかったところは多々あるのですが・・・・
その一つが、全裸での野外露出歩行シーンの長さ。
全裸で公共の路上をしっかり歩くのを、2台のカメラで撮影していました。
もっと通行人がいてほしかったとおもいましたが、全裸歩行の時間は明らかに、それまでの他の作品より長めでした。
190503 (1)

当時は、コンビニ露出が流行りました。
撮影スタジオのコンビニではなく、実在営業中のコンビニで、ガチ撮影していましたね。
190503 (2)

当作品は、背景や人物にモザイクをかける以前のタイミングでリリースされました。
全裸で買い物するシーンでは、若い男女の店員2人がレジ対応をしますが、顔モザイク無しです!
190503 (3)

当作品がすごかったところ・・・・
路上オナニーをしたところ!!
190503 (4)

多くの人が行き交う公共の路上で、バイブを使って全裸オナニー!
190503 (5)
正直、このオナニーで本人が「感じている」「興奮している」というわけではないとおもいます。緊張のあまり、それどころではなかったでしょう。時間も、それほど長く撮っていられません。
でも肝心なのは、人が行き交う公共の場所で、全裸でバイブオナニーをして見せるという点です。
これは間違いなく、一つ突き抜けた露出プレーでした。
これも2アングルで見せてくれるあたりが、さすがです。

当作品がすごかったところ・・・・
商店街ヌード撮影&全裸露出歩行!
190503 (6)

全裸ヌード撮影シーンは、立ち止まっているので手ブレがほとんどありません。
全裸で立ちつくす彼女を、たくさんの通行人が見ていきます。
これも2アングル。
190503 (7)

全裸ヌード撮影が終わったら、そこから商店街を全裸歩行です。
数十メートルの距離ですが・・・・「露出 at nagoya 篠原夕貴」の、オープンカフェから全裸歩行したシーンをおもい出させる衝撃映像です!!
190503 (8)

この商店街全裸歩行シーンも、前からと後ろからの2アングルを観賞できます。
190503 (9)

当作品がすごかったところ・・・・
最後に、必要最小限のモザイクであったことも付け加えておきます。


過激度の低い露出プレーや、セックスシーンもありましたが・・・・全てを観終えた感想は、「よくぞここまでやってくれた」でした。
超入手困難な上に、「野外露出ビデオ 全裸です。」でグーグル検索してもヒットしないほど古(いにしえ)の物・・・・超伝説的となったのでしたが・・・・
なんと、FC2コンテンツマーケットでアップロードされているのを発見しました。

FC2コンテンツマーケットで販売されている作品は、正直グレーな部分があったりします。個人撮影などの作品はオリジナルの可能性が高いですが、既存のAV作品だと版権の問題をクリアしているのか?と。
そういう意味で、当ブログで紹介するのをけっこう迷いました。
あれこれ考えましたが、「VHS時代の相当古い作品だし」「超伝説的な作品を、知らなかった人たちに共有する最後のチャンスかもしれない」という気持ちが最後まで残りました。


当作品の一部(投稿者の都合により90分作品の内、後半47分)を、FC2で購入することができます。
・当記事における画像は、その商品紹介ページのサンプル画像を引用しました。本編では「顔ぼかし」はありません。
・販売ファイルは、「全裸です。」全編ではなく後半47分となっています。前半は、過激度の低い露出プレーなので無くてもいいかも!?サンプル動画の冒頭シーンが、そのまま本編のスタートシーンとなっています。
・販売ファイルは、画像サイズ640×480。ファイルサイズ654MB。現在DUGAで購入できる「露出 at nagoya」などと同程度のクオリティーの画質であり、あくまでもVHS時代の作品と理解した上で懐かしく鑑賞するレベルです。

下の画像リンクで商品ページに行けます。



【関連記事】
・「露出 at nagoya ゆり 古賀さち」伝説の露出作品シリーズ
・伝説的野外露出作品「露出 at nagoya 堀江あすか 篠原夕貴」
・まだ過激さが残っていたシリーズ終盤作品「露出 at nagoya 蘭望実」

タグ
Copyright © CFNMと露出とCMNF All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます