「露出 at nagoya 蘭望実」を紹介します。
16111100.jpg
野外露出作品で有名な「露出 at nagoya」シリーズ。
野外露出というジャンルは、どうしても「過激さ」が重要な要素とならざるをえません。
過激度が増していくとエスカレートしていき、ちょっとすごかったものがもっとすごいものに、たちまちのみこまれてしまいます。
まるで、パチンコなどのギャンブルかのようです。
そこで、パチンコ業界と同じように!?過激さだけに頼らない方法を考える時期をむかえていました。
そんな折、まだ過激さをかろうじて残していた作品です。

あるカフェ。その屋外テーブル。
ノーパンのミニスカートからオマ○コをチラ見せ。
16111101.jpg

ズームアップすると、女性用品の紐が見えます。
16111102.jpg

上半身も、おっぱい露出。
16111103.jpg

女性二人組の通行人と、目が合います。
ドキッとする瞬間。
16111104.jpg

さあ、場所を変えて本格的に露出プレー。
スカートをめくっての、着衣露出。
16111105.jpg

今となっては(その当時でも)、通行人の顔や背景にモザイクが無いのがすごい。
16111106.jpg

その場でオマ○コ露出ポーズ。
見ている通行人。
16111107.jpg

場所を変えて、当時流行っていた横断歩道全裸歩行。
服を脱いで・・・・
16111108.jpg

全裸!
足早で、焦りが伝わってきます。
16111109.jpg

こういうふうに、ひいた撮り方をしていたのがこのシリーズのすばらしいところ。
16111110.jpg

ズームをいかしたり。
16111111.jpg

当時は、野外露出なのにモデルの女の子の顔アップばかりという、なぞの撮り方の作品が実に多かった。
16111112.jpg

決して時間は長くないですが、やっぱりすごい絵です。
16111113.jpg

場所を変えて、衣装も変えました。
大通りの歩道。
16111114.jpg

その場で、スルスルと下から服をまくると、オマ○コもおっぱいも露出。
16111115.jpg

そのまま、ポーズ。
16111116.jpg

角度を変えて撮る。
後ろでは、通行人が・・・・。
16111117.jpg

さらに場所を変えて、今度は路上着替えプレー。
ヒョウ柄の服から、スケスケコスプレ衣装へ。
16111118.jpg

全裸になったら・・・・まず上から着る。
16111119.jpg

下半身だけ露出状態。
16111120.jpg

下半身丸出しのまま、スカートの前後を確かめています。
焦りながらのこの時間がたまりません。
16111121.jpg

じっさいに着てみると、スッケスケ!
最後はさすがに、コートを羽織ります。
16111122.jpg

場所を移して、放○プレー。
しかも立ったまま。
16111123.jpg

出しきっても、まだそのままのポーズ。
16111124.jpg

じっくり、スカートをめくっての下半身丸出し状態。
残念ながら通行人は通りませんが、何台もの車が通っていきます。
16111125.jpg

羽織っていたコートを脱ぎます。
16111126.jpg

そしてスカートに手をかけると、脱いでいきます。
16111127.jpg

この「服を脱いでいく」というのも大事なシーンだと、私は考えます。
16111128.jpg

上も脱いで、全裸に!
16111129.jpg

車の運転手に見せるように、その場でクルリと一回転。
運転手は、さぞかしビックリしたでしょう。
16111130.jpg

当作品は、DUGAで購入できます。
また、同シリーズの別作品とカップリングした廉価版も発売しています。
16111131.jpg
カップリングでしかも安価となれば、こちらのが断然お得です。
カップリング版はこちらから。


また、単品はこちらから。(一応)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

タグ