「露出 at nagoya 三井えり」を紹介します。

16021501.jpg

当時、過激そうなジャケットをひっさげて、多くの露出作品がありました。
シリーズ化されたものも、少なくないです。
それほど、野外露出モノはブームとなりました。

でも、そのほとんどは、ジャケット撮影用の露出というのがほとんど。
ひどいのは、ジャケット写真のシーンが、結局無かったなんていう作品もありました。

この「露出 at nagoya」シリーズは頭一つ以上出た、革命的なものでした。
当時のほとんどの作品は、「もっとやれよ!」「なんでここで終わりなんだ!」「人が来たら逃げるって・・・・」というストレスが募るものばかりでした。
そんな中、むしろ「そこまでやるか」と感心させられる、おもいきったチャレンジ精神は称賛に価しました。

16021502.jpg

当時、ジャケットに何度もだまされた私の、ひとつの教訓は「羽織るものを持っているジャケット写真の作品はダメ」というのがありました。
でも、この作品はさすがは「露出 at nagoya」シリーズ。
ビビリまくって、すぐに羽織ってしまうというくだらない作品とは違いました。

16021503.jpg

まあ、それでも、そのキワドイシーンの撮影時間は、どうしても1分前後ですね。
1分なら、まあがんばっている方だとおもいます。

16021504.jpg

通行人のおばあちゃんが、びっくりして振り返って見ているシーン。
カメラを2台使い、前と後ろ双方から撮影しています。
これほどのリスクを負っているのだから、そうして当然だとおもいます。
また、映像として、両方活かせます。

16021505.jpg

場所を変えて、商店街。
全裸ではありませんが、胸まで出して闊歩します。
青服のカメラを持ったひとが、前方から撮るカメラマン。

16021506.jpg

このシリーズのすばらしいところのもうひとつが、背景モザイクが無いこと。
商店街の看板はおろか、通行人にさえモザイクがありません。
もちろん、今ではもう、こんなリリースはできません。

16021507.jpg

交差点での露出。
やっぱり1分程度ですが、他の露出作品に比べれば、そこそこの時間に感じます。

16021508.jpg

アングルが変わると、2倍楽しめます。

16021509.jpg

さらに場所を変えて露出。
ボリューム感を感じます。

16021510.jpg

歩行者のメインの流れからは、ちょっとはずれた位置ですが、それでもよく脱いでいるといえます。

16021511.jpg

地下街。変化があっていいですな。

16021512.jpg

再び、ひと通りの多い歩道。
後ろから来た若者たちが、寄ってきます。

16021513.jpg

同じ場所で別アングル。
やっぱりあると嬉しい別アングル。

良い意味で、革命を起こしたシリーズです。
痒いところに手がとどいた。言いたいことをやってくれた。
これからも頑張って作ってほしいと、心から応援したくなるシリーズでした。

一方で、悪い意味で過激さに拍車をかけることにもつながります。
まもなく、素人には分からない規制とやらがかかり、背景モザイクが入ったり、公然性の喪失へと向かっていきます。

見終えたとき、不満がないわけではないです。
欲をいえばきりがありません。
でもこの作品は、傑作に違いないとおもいます。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

タグ